2017年10月20日 (金)

お金を稼ぐ

一円を稼ぐのは

とても大変なことよ

働くということは

大変なことなんだからと

母がよく言っていたので

お金を稼ぐには

苦労と忍耐が必要だと思っていた

母に言われたくない気がするけれども…

わたしはいつのまにか

楽にお金を稼ぐことは

悪いことのように考えていて

自分に与えられた報酬を

自分がもらっていいのでしょうか

努力をしているのでしょうか

と考える自信のなさもあった

もっともっと

頑張らなくてはいけないと

いつも悩んでいた

頑張らなければ

お金は稼げないと思っていた

自分が得意なことで

楽に仕事をして

楽にお金を稼いで

当然のように報酬をもらうことは

悪いことではないのに

本当は

楽にお金を稼いでもよい

罪悪感など感じる必要もないのにね

働いている人に

必要以上に敬服する必要もない

自分に対する報酬をお金を

努力が足りないのではないかと

思う必要もない

だけれど

パンを食べるには

パン食べるだけのお金が必要

働いているひとへの

感謝の気持ちは忘れないでいたい

2017年10月19日 (木)

にひっと孤独と

わたしは青空の彼の写真を見て

にひっと 元気をもらう

一瞬で にひっとしてしまう

彼の写真は

わたしの背中をおしてくれている

先日

一瞬彼の気配を感じた

気のせいかしら

さっきそこから…

まさかね

もしかしたら

彼は何度か

近くにいたのかもしれない

彼は

わたしを見つけて

まずいと思った?かもしれないけれど

いつもわたしは

ぼんやりしているから

彼を見つけられない

なんだかとても近い気がしたのに

以前電車でも

同じことがあった

ふがふが?

警察犬なみの嗅覚?

などと考えながら

お茶をのんでいたら

ふいに孤独に襲われた

それにしても

大切な家族を失うかもしれない

怖さは

体を寒くさせる

ひとりで悩んでいれば

なおさら心も寒い

パン屋の店員さんから

おつりをもらう時

わたしの手が

とても冷たいと気がついた

食品レジは機械で会計されるから

気がつかなかったけれども

ただの冷えかしら

手が冷たい***

過去の作品です
モデル…2作ともにわたしの画像
くま…手作り
よろしければまたご笑覧ください
2作品続けてどうぞ

デジブック『 約束のメロディ 』
http://www.digibook.net/d/c984e7d7809e02e168ed3d30fa52478d/?m

デジブック『 風の向かう場所 』
http://www.digibook.net/d/b5c48ddba09b0860e6a025b252580799/?m

BGM ワルツ第7番嬰ハ短調


2017年10月18日 (水)

つらいのは?

つらいのは

最短距離だからなのかしらと

思う日がある

急な坂道を一気にかけ上がると

転び

ずるずると落ちる

だけれど段差が小さな階段を

一段一段と登れば

確実に登ることができる

目標も見えてくる

たまには

後戻りして

もう一度登ることもあるけれど

時間をかけて

もう一度登ればいい

後戻りしたから

一段も登れていないと

心配する必要もない

振り返れば

そこには

登ってきた小さな階段が

たくさん見える

いままでやってきたことは

なくなったわけではない

なくなったように見えても

それは一時的に

できなくなっただけで

また落ち着いたら

できるようになる

何も無駄になってはいなかったと

気づく

だから時間をかけて

回り道をしてもいい

回り道が近道

ということもあるのだから

うんなれしんなれ

わたしの気持ちが安定していることが

息子にとっては一番なのに

太極拳がいいかもと

足をあげて気づく

息子が不安になるようなことは

やめておこう

何かをしてあげようとしすぎると

安定した日常ではなくなり

相手を

きつい状態にする

安心できるように

わたしがのんびりしないとね

ついつい

何かよい方法はないかしらと

一生懸命になりすぎる

お茶でものんでまったりしよう

姉が思い出したのだけれど

祖母が

おまじないをしていたそうで

お腹の具合が悪い時

うんなれしんなれと言いながら

お腹に手をあてて

マッサージするという方法

これなら

負担にならないから

いいかも

おねぇちゃん おばあちゃん ありがとうね

言葉の意味は…

うんはうん○のうんで…それから


恋とコンプレックス

疲れて口から何か

出てきそう

なんでしょうエイリアン?ぷふ

なので

恋のおはなしでも書いてみます

人を好きになるとき

自分のコンプレックスが原因で

好きになることがあるんですって

その場合

ひどく好きなかんじがしたり

ひどく執着したり

するみたい

だけれどそれは

本当に好きとは違い

本当に好きなひとは

コンプレックスと関係ないひと

みたいね

だからわたしは

青空の彼が

自分のコンプレックスと関係があるかしらと

考えてみた

例えば

自分の頭の悪さがコンプレックスだから

彼の頭の良さや

内面ではない肩書きに

執着している

とか

自分が貧乏なのがコンプレックスだから

彼のお金に執着している

とか

そもそも

わたしは頭が悪いとか

貧乏というコンプレックスを

感じていない

物質世界より精神世界を

大事に考えすぎている

この考えすぎているは問題よね

ならば足が短いのがコンプレックスだから

長い足に執着している

とか

鼻が低いから

高い鼻に執着している

とか

別にそんなこと

どうでもいい

そもそもわたしのコンプレックスは

いっぱいあるけれども

彼とは関係はなさそう

でもよくよく考えてみると

多少はあるのかもしれない

自分にない素敵なところが

彼にはある

とかならね

アメリカだと思えばいいんじゃない?

ちょっと考えてみた

アメリカは

医療費が高いから

病気になれば薬局に行く

という

ならばわたしも

アメリカだと思い

薬局に行けばよいのでは?と

それで薬局に行って

これだわという

息子の胃腸薬を買ってきた

のみあわせだけ

調べていただいた

下剤は

お腹の状態がわからないので

使わないことにした

柿を買う?

わたしが子供の頃には

柿が

お庭や畑

道沿いにたくさんあって

熟柿になり

落ちていた

たまにおやつに食べていた

今も柿の木は

残っている

まさかわたしが

スーパーで干し柿を探すことになるとは

思いもしなかった

しかも干し柿が売り切れで

どうしても手に入らない

田舎で過ごすと

子供のお肌がきれいになるのは

空気と水

食べ物のおかげね

人工的な栄養バーや

サプリで

きれいに暮らすのもいいけれども

おやつに柿は

高いでしょう 贅沢ね

などと思っているひとたちを横目に

スーパーにならぶ

つやつやのきれいな柿を眺めながら

わたしは柿を買うことに

とても違和感を感じる

干し柿なんて

捨てるほどにある田舎の風景を

思い出し

もう

どこに売っているの?と

げんなりした

もし息子の体のなかに異常があれば

さつまいもやゴボウは

悪化させてしまうでしょうから

なんとしても

すぐに干し柿が欲しい

おーい干し柿やーい

あっ 経口補水液

これも買っておきましょう

ガゼイシロタはどうなの?と

乳酸菌コーナーで止まる

2017年10月17日 (火)

心配が続く

息子が25日も便秘で

お薬もない

前回は血便だった

食べていないからといっても

あまりに長い

水分も足りない

便秘で亡くなることがあるらしいので

とりあえず

ワカメや干し柿を

買ってこよう

食べてくれるといいけれど

2017年10月16日 (月)

おんぶを考える

息子の

メンタルの病院での検査まで

まだ時間があるので

なんとか水分をとドクターに言われて

なんとかならないかしらと

考えているわたし

息子が喘息で通院中の

近所の総合病院は

小児科にも心療内科にも

診察券があるのに

病院の事情とかやらで

点滴もできない

災害グッズを探していて

ふと思う

いざ災害となれば

息子をおんぶして走ればいいだろうと

思っていたけれど

大人用のおんぶ紐や

リヤカーも

用意しておいた方がいいのかもしれないわ

わたしは夢をみた①

怖い夢をみた

目が覚めてからも怖くて

しばらく体をかたくさせていた

実はわたしは

防災グッズを用意していない

夢のなかのわたしは

リンゴの絵を描いていた

大きな地震のようなものがきて

建物が崩壊する

たくさんのひとが亡くなっていた

運よく外に出られて

公園に避難したわたしは

池で地割れが起こっていることに気づく

海の水位はちゃぷちゃぷりと

高くなりつつある

引き返せない

急いで山に避難しようとする

その前にマンションにもどり

冷蔵庫を見ると

野菜しか入っていない

水のストックもない

窓から外を見ると

駐車場のアスファルトが

大きくひび割れて

車では避難できないと

わかった

違う窓から外を見ると

緑の木々が

何もなかったように

輝いていた

やはり

病院のある山に

徒歩で避難するしかないと

夢のなかで考えた

«わたしは夢をみた②

無料ブログはココログ

momo

  • momo