どんな気持ちでやるかとまだ間に合うということ

なにをやるか

より

どんな気持ちでやるか

の方が大事だと思う

自分が今後

どうありたいか

という希望を

しっかり

自分の心のなかで

話すことができるようになれば

あとは

そこに向けて

とりあえず何か

サボりながらでも

できることをして

動いていくだけでいい

または

何かをやめる

自分に必要のないものは

手放していけばいい

やたら我慢して

みなさんとね

当たり障りなく生きるより

目の前の

例えば

ひとりのひと

家族や子供の問題に

ぶつかって

しっかりと向き合う方が

学ぶことが

おおいにありそう

だから

というわけではないけれど

わたしは

ぶつかっていく道を

選ぶ

とはいえ

押してダメなら引いてみる

時には逃げる

挫ける

泣く

助けて欲しいともがく

そして休むけれどね

例えば

うまくいかないこと

悪いことがあって

ひとりのひと

家族や子供と向き合った時

そこで何か

新しい気づきがあれば

うわ 最悪だわと

思うだけで終わらずに

これはチャンスねと思うようにしている

気づきは変化に繋がる

変化は不安で

苦しいことでもあるけれど

気づいたら

自分は正せるから

気づきはラッキーともいえるの

変えなくてはいけないことに

気づいたなら

自分を変えて

正してみることができるでしょう

もう間に合わない

なんてことはない

どん底まで行けば

あとは這い上がるだけじゃない?

そこに

大切なひとがいて

大切なひとが

呼吸をしているかぎり

まだ間に合う

何かできることをしてみる

何かをやめてみる

必要のないものは手放す

相手ではなく

自分が変わることを

してみたら

素敵な未来が待っているかも

しれないよ




強い願いに苦しむ時 許すこと

恋愛 夫婦 家族の問題で

相手が

自分の思いどおりになることなんて

そもそも

あまりないこと

だと思うけれど

強い願いを持ったり

思いどおりにして欲しい

なぜしてくれないの?

と思うことは

生きていればあるよね

もし

思いどおりにならなくても

思いどおりにならない

自分を許す

思いどおりにならないことを

愛する

ということができたなら

心穏やかな毎日に

なりそうで

思いどおりにならない相手を

許す

ということをしてみても

どこか無理があったり

あきらめ

みたいな気持ちで

許すのなら

それはちょっと

許すとは違うのかもしれない

相手を

許してしまえば

自分が解放されるわけだから

できれば

自分のためにも

相手を許したい

そんな時

自分の学びになった

このことがあったからこそ

大切な気づきがあった

今の幸せ

これからの幸せがあったと

学びという

解釈をすることで

感謝の気持ちも生まれてきて

心穏やかになれる

そもそも

強い願いは

叶わないから

強い願いになるわけで

叶わないという願いも

一緒に願ってしまっている

だから

強い思いや

叶わない辛さ

そんな気持ちを手放すことで

いろいろな難しさから

解放されると思う

まずは

相手に思いどおりにしてもらえない

自分を許す

ということが

大事なのではないかな


エプロンに軍手

わたしは

エプロンに軍手だったものの

コロナでなかに入れず

入り口まで

義理の両親と荷物が運ばれてくると

知る

Kさんに

施設のひとが

撮影した写真を

見せてもらったのだけれど

痩せているでしょうと

言われて見てみると

そこには

義理の両親ふたりが

笑顔で写っていて

痩せてはいるけれど

次男の方が痩せているので

驚くほどではなかった

ふたりが降りてきた

施設というのは

老人をここまで清潔で

小綺麗にしてくださるのね

三食のお食事の管理が

病気にあわせてしっかりしていて

食べられている

ということもあり

義理の父は

車椅子でもお肌がつやつやして

以前実家にいた時より

健康そうに見えた

みとりが近い義理の母は

歩いていた

失礼なはなしだけれど

ふたりとも

においがしなかった

病院で亡くなったわたしの祖父母をおもうと

長く母が

自宅で介護していたので

雲泥の差で

ここまでしていただけるのかと

驚いた

わたしの親族は

天国のような有料老人ホームに

入っていて

トラブル続きだったようだけれど

ふたりがお世話になっている

小さなホームは

気さくな雰囲気で

まだ

お元気そうだったので

安心した

ふたりを車に乗せて

義理の両親は

手をふりながら

今のホームとお別れした

わたしは

施設のひとたちに

お礼を言ったけれど

旦那はご挨拶も

していなかった

入り口に運ばれてきた荷物も

また

放り投げるように

後部座席に入れていたので 

母が乗れないので

やり直した

車では

旦那から

義理の母への気遣いはなく

旦那は

乗り降りの手伝いもしなかった

さらに旦那が

乱暴に運転していたので

体調の悪い母が転がったりしないか

わたしは心配だった








少しは愚痴ってもらえたらと思ったものの

待ち時間の間

Kさんが

ひとりで頑張ってこられたのだから

話だけでも

聞けないかしらと思い

お詫びを言ったあと

いろいろ話してみた

やはり

末期の痛みについて

一番悩まれているようで

わたしが

本人が

痛いのは辛いでしょうし

見ている方も

痛がるのは辛いでしょう

できれば

痛みだけは緩和したいですよね…と

話したら

Kさんはそのあたり

みとりのホームに相談したらしく

痛がるひとはいませんよと

あっさり言われたとか

今のホームは

敷地内に病院があるのだけれど

お引っ越し先の

みとりのホームは

麻薬が使えないそうで

麻薬の使えるホームは予約しておいたと

話されていた

Kさんは

今まで

とても細々とした 

ご苦労をされてきたと察するけれど

重要な決め事や

判断

義理の両親ふたり分の悩みの相談が

いっさい旦那と

できなかったみたい

やはりわたしと同じなんだなと

悲しくもなった

Kさんは

最初は

ひとことしか

返信しない旦那に

腹を立てていたものの

そのうち

自分ですべて決断できるのだから

旦那に

ごちゃごちゃ言われて悩むより

楽かな

ひとりでやればいいさ

という気持ちになり

すべてひとりで抱えてやることに

なったと

話していた

わたしと似ている…

だから逆に

よかったですよと

言ってくださった

できたひとだわ

次に

義理の母が

わからなくなっていること

について

話してみた

わたしも祖母が

同じ病気だったので

辛さや大変さがよくわかる

するとKさんは

一回だけ思い出してくれたので

その一回で

十分ですと

笑顔で話していた

できたひとだわ

Kさんのパートナーは

とても優しく協力的なかたなので

Kさんも

動きやすいのだと思う





状況がわかった

旦那に義理の両親のことや

Kさんのことを聞いても

知らねー!

何も言ってこないから

何もないんじゃない!としか

言わないで

キレていたものだから

わたしは

何も知らなかったのだけれど

Kさんと話したら

想像どおり

ひとりで

大変な決断や思いをして

頑張ってこられていたと

わかった

そりゃそうよね

今日はふたりで

今のホームから

みとりのホームに

お引っ越しになる

Kさんの車に

車椅子の義理の父

旦那の車に

義理の母が

乗ることになっていた

荷物は

大きなバッグが何個もあって

義理の父の荷物が

Kさんの車いっぱいに入り

義理の母の荷物が

旦那の車にいっぱいに

入り

出発するように考えられていた

ここにきてわたしは

やっと状況を把握できた







2020年9月28日 (月)

何かに怯えていた

ホームに到着して

Kさんを待っている間

座ってじっとしていたら

雨が降ってきて

呼吸がととのってきた

旦那は不機嫌をアピールしたまま

だったので

しばらくぼんやりしながら

わたしは何かに怯えていた

よくよく

何に怯えているのか

自分のことを考えてみると

義理の両親が

入院した時

以前記事に書いたけれど

旦那に怒鳴られて

旦那もわたしも

病院やホームに来られなかったものだから

そのことに対して

わたしだけ

罪悪感があり

義理の両親やKさんに

責められるのではないか

悪く思われるのではないか と

怯えている

ドラマの見すぎかもしれないけれど

いまさら

何しに来たんだ

手伝いもしないで

などときついことを言われたら

どうしよう

などと想像していた

まぁ

そんなひとたちではないから

結婚したのだけれども

わたしが

息子がふたりとも大変で…

わたしの体調が悪くて…

コロナで…

なかなかこられなくてすみませんと

話したとして

さすがにこれは

言い訳ばかりになり

感じが悪い

旦那が

わたしがかけつけようとすると

命令するなとキレて…

わたしが

義理の両親を心配すると

ばかにされたとキレて…

などと話したら

旦那の悪口になる

こんな大変な時に

嫁のわたしが

言い訳したり

悪口を言ったりしては

よくないよね 

時と場合により

言い訳でも悪口でも

真実を細かく話すことで

理解してもらえる

ことはあるけれど

相手が求めている様子なら

話せばいいわけで

今回は

ただ本心の

お手伝いできなくてごめんなさいと

なかなかこられなくて

ごめんなさい

だけ 

伝えたいと

思った

いろいろ考えていたら

ドキドキしてきて

こんな時だから

みなさんに

わたしが

きついことを言われても

仕方がないのだわと

思った

実際は

Kさんに

今まで何もお手伝いできなくて

ごめんなさい

ひとりでされて

大変でしたよね

本当にすみませんと

話したら

いえいえ

来ていただいてありがとうございますと

言われたり

義理の父にも

なかなかこられなくてすみませんと

言ったら

忙しいところ本当にありがとうねと

言われたりと

責められることは

一度もなかったのだけれども

***続きます***




2020年9月27日 (日)

義理実家で喘息

義理実家に立ち寄ると

お引っ越しの荷物が

置いてあった

旦那のきょうだい

今後Kさんと書きます

テレビ他

新品のものばかりで

見事にきれいに用意して

置いてくださっていたので

いつもながら感心した

実家は

誰も住んでいないので

がらんとしていて寂しい雰囲気

笑顔の義理両親も 

迎えてはくれない

なかに入ると

美しく整理整頓され

何から何まで

きっちりと掃除されていた

旦那以外は

潔癖なほど

家事をされるから

完璧な状態

お庭の心配もしていたのだけれど

植物は生き生きしていて

可憐なお花も咲いていた

何かお手伝いをと

思って入ってみたけれど

出番がなくて

きれいにされているねと

ひとりごとを言うくらいしか

やることもなかった

一応長男の嫁であるわたし…

雨戸が閉まっていたからか

ちょっと

カビのような匂いがして

きれいにお掃除はしてあるものの

換気できていないので

多少ほこりっぽさを感じた瞬間

わたしは

発作を起こした

慌てて外に出たものの

遅かった

車のなかで発作止めを使ったけれど

うがいができないと

気づく

うがいをしないと

いろいろ面倒なことになる

お手洗いは

水道が止められているかもしれないから

コンビニで

おかりしてきたのだけれど

水道が止まっているか

しばらく出していなかったら

うがいはできないな

仕方なく

コーヒーでうがいして飲み込んだ

お水を持ってくればよかった

わたしがもん絶している間

旦那はいなくて

すぐそこの部屋で

いつもながらわたしを無視して

スマホをつついていた

それから

大きな荷物を

旦那が

放り投げるように

車の後部座席に入れたので

道路に落ちてしまい

後に

義理の母が乗る場所も

確保されていなかった

わたしがトランクに

お母さんが乗れないよと

荷物を入れ直したら

旦那がぶつぶつ言いながら睨んできた

そんな

旦那の態度にげんなりした後

気持ちを切り替えたものの

わたしの体力がもつのか不安になった

***続きます***







2020年9月26日 (土)

いつもながらの最悪の出だし

ホームのお引っ越しについて

何も情報がないまま

ホームまで距離もあるので

わたしが

長時間留守をすることになり

長男の食事の用意と

お手紙

次男の食事の用意と

お手紙

台風の準備

お手洗いの水漏れの

受ける容器の交換

ホームに持って行く毛布を洗って

ゲロ袋と準備

エプロンにみなさんの軍手

手土産

などなど

朝から

バタバタ バタバタ用意していると

何もしていない旦那が

枕を捨てろの次に

毛布を洗ってよ!とキレながら 

自分の毛布をわたしに

突き出してきた

へっ 今?

なぜこんな時にいつも…と

わたしは驚きながら

これから

何して 何して

それから何何して 何して

特に次男のことを

やってから

出なくてはいくない

だから今毛布を洗って乾燥する

時間はない

それに

この前その毛布

洗ったばかりだよ

他の布団も洗うから

順番があると

答えたら

旦那が

順番てなんだよ

寒くて眠れない!とキレたので

ベッドに置いてある

冬用布団を触りながら

これが冬用布団で

洗ったばかりだから

出してかけたら

気になるなら

コロコロしてと

言ったら

旦那が

目の前にあるのに

どれだかわからない!と

言い出す

あきれたわたしは

今出かける直前で

忙しいから

自分のことは自分でして

と言って立ち去った

なぜ

わざわざこんな時にばかり

体調が悪くて

ぜーぜー咳をしながら

動いているわたしに

文句を言ってくるのか

次男が死にかけた時も

洗面所の棚を修理しろと

キレたり

わたしが忙しい時に

廊下を片付けろ

だとか

自分がどれくらい不快か

ということばかり

誰かや物のせいにしながら

キレながら

アピールしてくる

それに

旦那は手伝わない

自分でやればいいことも

暇すぎてもやらない

いつも

究極の自己中で

優先順位がわかなないひと

ともいえる

場の空気が読めないというのか

幼い子供のよう

腹立たしく思いながら

旦那の食事を用意していたら

旦那はすねて

ホームに行ってやんないからな

食事も食べてやんないからなと

わたしを無視している

わたしは

旦那が行かなくても

食べなくてもいいけれどね…

自分しか見えていない旦那を

気にしている暇もないので

準備を続けた

そこから

ホームまで 

旦那は

毛布を洗ってもらえなかったからと

すねたり 

知らねとキレたり

無視したりを

繰り返していた

子供たちが大変ななか

わたしの親ではなく

旦那の親のことで

わたしが出かけるというのに

なぜ旦那に

キレられたり

無視されたりしなければならないのか

直前に

旦那のどうでもよい

毛布を洗わなくてはいけないのか

乾燥まで5時間はかかる

それに

近所で火事があったばかりで

次男のことを考えると

乾燥機や食洗機などの

電化製品は

留守中に動かせない

旦那から

自分の親のことで申し訳ない

ありがとうと

言われてもおかしくないのに

やたら

キレてくる

無視をしてくる意味がわからない

旦那は

立場がわかっていないのか

わたしにやたら

機嫌の悪さを

アピールしてきた

今回も

最悪の出だしとなった

***続きます***







そういうものだよね

何かしてもらえる

いいことを言ってくれる

じゃなく

そばにいてくれる

だけでいい

大切なひと

愛するひととは

そういうものだよね

秋の喘息 うつうつ

秋の喘息は

わたしを襲ってくる

抵抗できない

コントロールの難しさ

気圧や気温の変化

台風

ほこりやダニ

ついでに

ホルモンバランスに

自律神経

運動ともいえない運動

きっかけはいろいろだけれど

気がついたら息苦しい

お薬で生かされていると

思うこのごろ

でもお薬が多くて

おなかいっぱいになってきた

ラムネじゃないんだから 

それにしても

体の60%は

水分でできている

というのだから

雨が降りそうな時

台風が近づいた時

体に影響があるのは

不思議でもないのかな…

体調不良のまま

気晴らしにスマホを見ていると

うつ診断というものが

ニュースにあがってきていた

チェックしてみたら

あなたはうつです

近所の病院は…

という結果になった

とはいえ

以前からこのようなチェック

うつですと

よく出ていた

内科に置いてあったチェックシートでも

出ていたから

内科で出された

安定剤を

しばらく服薬したこともあった

そもそも

こんな環境で暮らしていて

健康です

という結果になる方が

おかしい

ならばこの結果は

ある意味

おかしくない

ということになるわけで 

誰しも

ストレスのなか

生きているわけだから

ストレスをバワーに変える

ストレスの原因から回避する

という方法もあるわけ

なのだけれど

解決方法がないのなら

病院で治療するしかないとなる

でも

お薬でセロトニンを

調整したり

頭をぼんやりさせたりしても

目の前で起きていることは

同じで

戦えなくなるだけ

たいしたことないな

悩むことでもないなと

ぼんやりしている場合ではない

(これはわたしの場合ね)

頭をクリアにして

回避するための行動を

考えていかなければ

本当には

救われない気がしている

愛情があれば

問題を乗り越えられるのかは

今のところわからないけれど

欲や怒りを捨てて

愛情があれば

なんだかんだ乗り越えて

平和で自由な家庭で

おや?

家庭はこんなに安らぎの場だったの?

いられるのではないかと

想像するの

持病がなくて

経済力があるひとなら

できるかぎり

ストレスから回避したらいいと思う

持病があり

経済力のないわたしは 

弱いな

いまさらだけれど



«容態が悪くなる

無料ブログはココログ

momo

  • momo