2018年12月10日 (月)

大切な時間を大切なひとのために

わたしも親になって

自分の両親や

義理の両親について

たびたび

考えることがあった

なぜあのようなひどいことが

できたのか

なぜあのように優しく受け入れて

くれたのかと

わたしがひっかかっている出来事があった

年齢と

子供が同じ年齢になると

その時々にまた

新たに不快に思うことも

今だから理解できるということもある

それは

悲しみやくやしさになったり

感謝の気持ちになったりする

義理の両親は

いつも優しくて真面目なひと

なのだけれど

一部書いたようにひどいこともあり

よくしてもらえたこともあり

だった

ここで大事なのは

自分も含め

親も人間で

生まれた時から親で生まれた

わけではない

子供と一緒に

親になっていったはず

わたしも含め

完璧な親など存在しないと

知ること

許すことだと思う

けれど

子供の頃や若い頃は

反発したり

完璧な親を求めて

もがいたりする

親だって人間だから

間違えることもあるのに

許せない

生活のなかで

誰かに嫌なことをされたり

問題が起きると

どんな風に育ったのだろう

原因があるのだろう

誰のせいだろう

病気だろうと

どんどんと犯人探しをすることになる

犯人探しは意味がないと

言われても

初めはついつい

やってしまうもの

その結果

何か犯人らしきものがわかったとしても

結局はわたしが

自分が

悪くないと思いたいだけのひと

になってしまう

それに

大人になっているひとは

これから変わらないから

犯人がわかったとしても

解決にはつながらない

良いも悪いも受け入れて

みていけばいいと思う

憎しみからは何も生まれない

というのは事実

今わたしになにができるか

これからどうできるか

工夫できるかの方が

よほど大事で

憎しみは捨てて

嫌なものからは離れて

誰かを許して

大事なものを見つめて

感謝して

巻き込まれず

軽やかに生きていきましょ

大切な時間は

大切なひとのために

使う方がいいもの


2018年12月 8日 (土)

私立と国立の違い

うちは

息子がふたりとも私立

なのだけれど

吐き出して少しすっきりしたところで

私立と公立 国立の

わたしなりの

感じ方を書いてみたいの

受験は本当に大変で

本人の苦しみや頑張りは

かわってあげることはできないから

母としては

おいしいごはんと

包み込むような愛情が不可欠

情報集めと

健康管理だけを

坦々とやるしかなかった

喉元過ぎれば…

なのだけれど

わたしの印象としては

私立は

お手洗いがきれい

それだけではないけれどもね アハ

先生方も勉強熱心で

公立に比べると

会社員 営業のような

雰囲気があり

手厚さというのか

面倒見の良さがあると思う

公立の自主性と比べると

さらに学力をあげようとする勢いには

圧倒される

T大に入らないやつはクズだ

SKにところてん式に行くのは

許されないと

長男の全体会で言われた日は

笑ってしまった

かたや次男は

卒業まで何年かかっても

大丈夫ですよ

一緒にやっていきましょうと

言われていて

先生と信頼関係を築けている

見習うことも多い

大学もまた

私立の方が

お手洗いがきれい アハ

建物のきれいさが違う

大学説明会でも

私立は

すぐに案内してくれる

国立は

案内がいない

大学によるけれども

教育環境も

お友達も違う

それぞれ個性もある

私立は学費が高いだけ

なにかと立派で

目を見張るものがある

お友達も

国立や公立は

社会の縮図

といったかんじで

それはそれでまた

社会勉強にもなるのだけれども

私立は

おだやかなお子さんが多い

お金持ちすぎて感覚が違う

なんてこともある

お友達とのお付き合いが大変かな

というわたしも

大学は田舎の私立

お手洗いがきれいだった

お手洗いばっかり アハ

けれどここは侮れない

マンションも大学も

お掃除のひとを雇えるか

雇えないかで

大きく違う

雇えないと

魔のPTAがあり

やたらに親が学校で活動しなくてはいけない

役員決めの

ののしりあいは

迫力がありすぎる

ひとって

丸い地球の

一瞬のまばたきのなかで

おかしなことをしていて

なんだか滑稽で

どこかむなしい

まとめてみる

次男がおなかにいた時

パートナーに

後ろから蹴られたはなしは

以前に書いたけれど

長男は

道路で突然に背中を蹴られて

ひどく転び

それを見た次男が吐いた

ということもあった

ここまで長々と書いてみて

わたしは考える

パートナーが

ひととしてクズであることは

間違いないけれど

次男が拒食で痩せ細り

立てなくなった時

手をかさずうすら笑うという最低の

KYでもある

姑に似たところもあり

世話

ケア

ができない

長男に

殴る蹴るの虐待をしてきた

暴言 暴力があり

嘘をつくことがあり

DVでもあり

次男にネグレクトでもある

相談すると

うるさいおれが決める

などと怒る

ほうれんそうができない

お願いすると

断る

話しかけると

責められていると恐れて

怒る

心配すると

命令されていると

怒る

というような

家事も料理もできない

いつも怒っていて

いやみしか言わない夫

ということになるね

激痛に動けなくなった日

わたしが股関節痛で

歩けず

這うようにしても

激痛に見舞われていた時

3歳の長男が

お手洗いに

連れていってくれようと

よいしょ よいしょと言いながら

手をかしてくれていて

ママ大丈夫?

痛い?と

とても心配していた

仕事から

パートナーが帰って来たので

長男が走っていき

ハパ

ママが大変

おトイレに連れていってあげてと

言った

わたしは部屋の途中で倒れて

痛みに耐えていたのだけれど

パートナーは長男に

うるさい

と怒鳴り

長男をつきとばすようにしてから

舌打ちした

わたしが

足が痛くて立てなくて…と

説明すると

無視して横を通りすぎた

最近になっての

わたしの喘息や入院の時は

もっとひどかったけれどね

こうして

わたしと長男の心は

たくさんの積み重なりで

壊れていった

高熱でふらふらになる

次男が1歳の時に

入院先の院内感染で

インフルエンザになり

わたしも同じ

インフルエンザになった

驚いた母が姑に

急いで行ってやってくださいと

話したので

姑が

すぐに来てくれた

かなり急いで

来てくれたのがわかった

けれど

ずっとリビングに座って

置物のように動かない姑

外は暗くなり

電気もつけない

次男もわたしも

ひどい熱で

小さな次男が心配で

まだ母乳だったのだけれど

あまり出ない

母乳だから薬が飲めない

つらくてつらくて

でも耐えた

とりこまれない洗濯物が

暗闇でゆれている

ごはんもない

何か飲みたい

母が宅急便で届けてくれた

おかずを

冷凍庫に入れていたので

それを姑にお願いすると

チンして

自分だけ食べていた

熱でふらふらしながら

食卓テーブルまで行くと

わたしのお茶だけがぽつんと

置いてあり

横に白い丸いごはんが置いてあった

母のおかずもごはんも

もうなかった

おいしかったわと

嬉しそうに姑に言われた

ふらふらなわたしが

お茶を派手にこぼしたのだけれど

姑に

奇妙な表情で無視され

自分でタオルを取りに行き

ふらふらしながらふいた

母は

この様子をわたしから聞いて

いったい姑は

何しにきたのかと

怒りながら

嫁いびりだ

お母さんもされたわ

知っておきなさいと

言った

だけれど

わたしは嫁いびりではなく

違うもののように思えた

嫁いびりなら

そこには

息子への愛情や

わたしへの嫉妬があると思うから

それに

義理両親の家にお邪魔したら

いっさい

そのようなことはなく

とても優しい

さらに

子供とパートナーは殿様のように

扱われているから

洗濯物とわたしが倒れる

わたしが39度5分ほどの熱で

赤ちゃんの次男と

寝ていた時もあった

その時は

パートナーが頼んで

義理の両親が来てくれたのだけれど

姑に

さっ

家のことをやってくださいと

言われた

?と思いながら

熱のまま

家事をやらされた

後で

パートナーが

家のことができないから来てと

言ったからだと

勘違いの理由を

話していたのだけれど

理解に苦しむ

子供をみていてくださいと

姑にお願いすれば

ただじっと見ているだけで

watchじゃなくてcareだと

つっこみたくなるほど

義理の両親が帰る時

玄関を閉めた瞬間に

洗濯物が

どさりと崩れ落ちて

今度は長男に食べさせるものもなく

わたしはうなだれた

手伝いに来てもらわなくていいから

もういいからと

思った

寒くなったあの時

その頃

次男は離乳食を食べていたので

何時になったら

食べさせてくださいと

次男の座る前のテーブルに

離乳食を並べて

姑にお願いしておいた

夕方病院から帰ってみると

離乳食はそのままで

次男がかわいそうなことに

なっていた

姑が

ももさん

次男ちゃんがね

まんま まんまと言うのよ

何回も何回も

まんま まんまて

と嬉しそうに笑っている

わたしは

悲しくて仕方がなかった

さらに

夕食用にと

作っておいた食事を

ふたりで食べてしまっていて

わたしと

ついでにパートナーの

食事がなく

コーポは

スーパーが近くになかったので

疲れきったところに

おなかがすいたまま

次男とぽつりと部屋に残され

じゃ

帰るねと言われ

ふたりは帰っていった

なぜかその時

寒気がしたのを覚えている

それからというもの

我が家の一大事には

義理の両親に頼らず

わたしだけで頑張ったり

遠方から急いで両親が来てくれたり

姉が来てくれたり

するようになった

それでも

以前に書いたように

次男の入院時に

泣きながらおにぎりを食べた事件や

わたしの入院時に

姉にお世話になったカレー事件などなど

事件というほどではないけれども

さまざまなことがあった

百姓の嫁か

そんな長男の入院で

義理の両親はうちに泊まって

くれていたので

長男の病棟へ行き

世話をしている間

次男をお願いしていた

昼になると急いで帰り

わたしは何も食べないで

まず次男に

慌てて

母乳をあげていたら

姑は

テレビを見たり

お茶をのんだり

何か食べたりしていた

慌てているわたしとは対照的に

のんびりとしていることが

奇妙だった

母乳が終わったら

寂しい思いをしている次男と

関わりながら

ご飯を食べて

少し休憩しよう

疲れたぁ おなかぺこぺこなどと

考えていたら

母乳が終わった瞬間に

はい

行ってくださいと

姑が言い

次男を取り上げた

わたしはまだ

何も食べていないのに

喉もからからで

追い出されるように

病院に行かされた

母に

このはなしをすると

百姓の嫁かと

つっこまれ

ちょっと笑ってしまったのだけれど

病院が田畑のように思えた


長男が入院した時

長男が幼稚園の時

肺炎で入院したことが

あるのだけれど

その時

まだ次男は赤ちゃんで

ミルクは使っていなくて

母乳100%だった

かかりつけの病院から

入院する大きな病院に

わたしと子供ふたり 姑と車で移動中

運転しながらわたしが

病院で説明を聞いたり

入院の準備などをするだろう

感染を理由に

次男は病棟に入れない

総合病院に

次男を連れていくのは

大きな病気の感染リスクもある

たまたま当時

入院する病院から歩いてすぐの

コーポに住んでいたから

これからコーポに送るから

そこで

舅と一緒に

次男を見ていてもらえませんか?

ということを説明

姑にお願いしたら

すぐに断られた

驚いたけれど

どうしようもなく

そのまま病院に行く

やはり

次男は病棟に入れないと言われる

まだ免疫力のない次男に

もしものことがあったらと

とても心配だったのだけれど

わたしと肺炎の長男は

病棟に入り

病院のソファーで

姑と次男に

待っていてもらうしかなかった

時間が経過して

わたしの胸がはってくる

姑が受け付けに声をかけないから

大丈夫なのかしらと思いながら

長男から離れられず

説明を聞いたり

面倒を見たりしていて

しばらくして病棟から出てみたら

次男がおなかをすかせて泣き叫んで

悲惨な状況になっていた

わたしは本当に

がっかりとした

パートナーについて書いてみる

パートナーについて

あまり

DVや虐待以外は

書いたことがなかったから

表面的なことなどを

書いてみることにした

パートナーは

国立大卒の会社員で

結婚してから

若くして出世したひと

学歴や家柄について

何も言わないひと

義理の両親も同じで

学歴や家柄について

何も言わない

自慢もしない

ひとの悪口も言わない

ちらほら書いてきた

わたしの親族のように

パートナーの親族には

ハイスペックなひとも

特別見た目で美しい

またはイケメンなひとも

神童や天才と呼ばれたひとも

とびぬけ高学歴なひともいない

普通よりは優秀なのかなと

思うけれど

普通の家庭

働き者で真面目なひとばかり

という印象

パートナーは優秀なひとか

というと

世間一般では

優秀なひとなのかな

でも年収はさほど高くもない

いやわたしが

高くもないと思うだけかしらとも思う

わたしの父に

養ってもらってきたから

余計に

«私利私欲とほどほど

無料ブログはココログ

momo

  • momo