« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月に作成された記事

2013年10月31日 (木)

嫌いではなく嫉妬です

今度は恋愛がらみでお話ししています


あなたの愛・・・

自分が持っていると日々感じられているもの

これから手に入ると感じられるものに

対して

嫉妬という感情になることはありませんよね


しかし嫉妬を感じ始めると

あまり心地よいものではないので 

何であんなに自分にとってマイナスになることを

してしまったのだろう・・・

という妙な行動をしてしまいます


男性から嫉妬されることは

嫌いではないですが不思議がいっぱいです

嫉妬着火

Collage310_2

嫉妬すると

攻撃的になったり

否定的になったり

相手を遠ざけようとする訳です

遠ざけたり

前回の記事のように嫌ってみようとしても

どこかが違う


欲しいものは

手に入れたいものは

実はそこにあるんですよね


でも自分の心はというと

あいつのせいで傷ついた感じ

拒絶された雰囲気

負けてしまった感じ


手に入れたい

自分にはない感じがする

価値がない自分

ダメな奴だ

魅力が無いんだ

自己嫌悪

惨めさ

うらやましさ

怒りや恨み

そんなものがぐじゃぐじゃしているそうです


ちょっと怖いですね


そして

自分の価値をすっかり見失ってしまい

価値がない自分に対しては

相手はこんな行動をとるだろうという

困った思い込みも始まります

  

何かを望んでいるから

好きだから

嫉妬しているのだと思いますけれどね


だから一度

嫉妬の中身を覗いてみると

案外単純なことだったりするのかもしれません


嫉妬は隠しておきたいもの

でもそんなに悪いものでもなさそうな予感です

 

2013年10月30日 (水)

嫌いと 嫌われる

恋愛感情がない場合で お話ししています

世の中には

好きな人ばかりではなく嫌いな人もいるわけです


それは自然なことで

自分が嫌いになることも

自分が嫌われることもありますよね


でもいざ

とげとげしい態度であったり

嫌なことを言われたりして

目の前に嫌いな人が出現すると

不快な気持ちになって


この人とはうまく距離をおいてみようか

話さないようにしてみようかと

考えます


それがうまくいかないとなると

嫌いなのになぜあの時自分は

笑ってしまったの?

なんとか回避できないものか・・・


どんどん苦しくなってきて

できることなら相手がどこかへ

すっきり吹き飛んで欲しいと

思うことさえあります


いえ自分が逃げ出したい


好きな人のことばかり考えてしまうことは

恋愛ではよくあることですが

嫌いな人に執着して

嫌いな人のことばかりも考えてしまうのですね

不思議です


そうなると

どっちがとげとげしくて

どっちが嫌な人なのかわからなくなります


自分がとげとげしく

嫌な人になる前に

嫌いな人とどう向き合うのか知りたくなりました


そもそも

自分はあの人が嫌いだ!ふざけるんじゃない!

ということをこっそり

他人を傷つけるようなことはできませんから

こっそりですよ

自分で認めることができれば

その人のことはもうどうでもよくなり

興味はなくなるはずです


なのに

怒りや憎しみを

遠ざけようとするとなぜか

どんどん増えていくような気がします


どうしてなの?

世の中の人はだいたい

人を傷つけないように気を遣い

自分が嫌われることを怖れていますよね


ひどく怖れているかたは

ご機嫌うかがいしながら生きていることに

疲れています


誰かを嫌うことは悪いこと

自分が他人から嫌われるなんてあってはいけない

そんな

誰かの理想通り正しくあろうとする心が

存在すると

妙な方向へ進んでしまうようです


誰かを嫌いになった時は

嫌うということは主観ですから

相手が絶対悪いわけではありません

なのに嫌いになった相手を

とことん悪者にしなければ

気がすまなくなります


さらに嫌われてしまったときは

受け入れられずに苦しんでしまい

相手をひどく憎んでしまう結果になります


自分の美しく正しくありたい心が

怒りや憎しみを生んでいるのですね


嫌いになった相手への興味を失い

人から嫌われたとしても

あるあるで受け入れられると

いいのかもしれません


負けたくない気持ちは

褒められたい気持ちと認められたい気持ち

自信がある人は

自分のいいところも悪いところも認めている人と

言いますから

悪い自分も認めてあげたいものです


恋愛感情がある場合はまた

違うのでしょうけれど

2013年10月25日 (金)

懐かしい気持ち

けんかした後

しばらくは受け付けなくて

眉をひそめていたけれど

急に懐かしい気がしたCollage327懐かしいという表現が

この気持ちに似合っているのかどうか

誰かと比べようもなくて

わからないのだけれど


贈り物を失ったようなわたしの胸が

懐かしそうにつぶやいた


ものもらいだからって

半分目を閉じていたでしょ

2013年10月22日 (火)

もう慣れたんだからさ

ジブリ美術館は平日も予約で埋まり

まっくろくろすけの家も今日はお休み

仲直りのくすぐったいお月さまが現れたのは

ここ数年で一回だけ


仲直りなんて

難しいことではないのにね


喘息のお薬を

吸入を

最大量で治療してきたけれど

台風には負けるし

悲しく淋しい気持ちにも

やっぱり負ける


最近手がうまく動かなくなって

お薬の影響だとわかったけれど

お薬をやめることはできない

飲み忘れたら

毎日の吸入を忘れたら

呼吸ができなくなる

そんなことはわかっているだったら


だったら

ものもらいも治って

自由に出歩けるようになったら

手がうまく動かなくても

息苦しくても

咳が止まらなくても

美しいものを見て

音楽を楽しんでCollage304

おしゃべりするくらいならできるんじゃない?


人を頼らずに

生きていけたらいいのにね

手の震えには

もう慣れたんだからさ

2013年10月21日 (月)

ピアノが怖くて

本当に怖かったのは

ピアノではなかったのかもしれないけれど


あなたなんて

わたしが教えるレベルの生徒ではないのよ

そんなことを言われた経験からなのか

青空の彼のために弾いていたから

彼がいなくなってただ

単純に弾けなくなったのか

そんな幼稚なことだったのかさえ

よくわからない


怖くなったきっかけは

よくわからない


ただの面倒くさがりなのかもしれない

大学から届く冊子は

なんだかかっこいいオケで

表紙が飾られているけれど

ソファーの上に放ってほこりをかぶっていた


そういえば最近

音楽が楽しいと思えなくて

泣いた日もあった

そのくせ相変わらず

待合室のスピーカーから聴こえる演奏に

涙を流していた


ピアノが好きで笑った日もあった

レフレの思い出し笑いをして

目が覚めた日もあったわ


何か言いたいことが

伝えたいことが

素敵な贈り物を

失ったようなわたしの胸に

たくさんつまっていて

飾り立てて言うつもりはないのだけれど

Collage305

自由になろうとしている

2013年10月17日 (木)

1000日ラブレター

大切な時間を

Pop&もものためにいただきまして

心より感謝しています

長いラブレターを書いてきました・・・

青空の彼の前で

幸せそうだったわたしが懐かしく思えます


片想いは美しいなんて誰かに聞きましたけれど

幸せなんて

毎日たくさん存在しているのに

たったひとりのわたしを

大切にしてくれないかたを

好きでいるなんて


月はあまりにも大きく

クレーターが浅いですねCollage287

片想い1000日

2013年10月15日 (火)

70回目の告白

スタンダールの恋愛論なんかを眺めていて

ふと思い出した


恋の駆け引きが好きではないわたしと

70回口説いてきた

駆け引きなしの男性のこと


正確に言うと77回

なんだかおめでたい数字

彼は

1番・・・2番・・・と

番号をつけていたので

わたしにもそろそろ70回かしらとわかった


彼の思いを伝えるセリフは

限界を迎えていて

ついにわたしは大笑いしてしまった


だってね

最後の方は

電気がきれいだね・・・いや君の方がきれいだ

なんて言うものだから


大笑いしても

彼は挫ける様子もなく


口説き文句は続いた

この後どうなったのかは

ナイショ


ストレートで憎めない彼との

ちょっとした思い出話

2013年10月13日 (日)

叶わない約束

叶うことのない約束をたくさんして

ちいさな約束がたくさん繋がって

初めは

それで良かったように思えたけれど

知らないうちに

少しずつ苦しくなっていた


それでもピアノの練習を頑張ってみた

頑張っている途中に

なんだかバカみたいに悲しくなった

わたしはどこへ向かっているのだろう・・・

何のためにピアノを?

そんな気持ちになった


約束を叶えてもらえないことが悲しいのか

ピアノを弾いていることが悲しいのか

わからなくなった


そもそも約束なんて

しない方が良かった

Collage269_2

約束をしたがる

買い物袋をくちゃくちゃにする

わたしの悪い癖だ

2013年10月 4日 (金)

薄暗い部屋で

好きな人から頑張れと言われることはつらい

言われなくても

その人のために頑張っているから

とにかく頑張ろうとしているから

だからつらい


部屋は毎日薄暗くて

外の様子もわからない


おひさまがうっすらと見えて

夕日は見えない


雨が降っているのはなんとなくわかる程度で

それもわからない時もある


風はぴたりとやんで

ほこりは多く

化学物質のいやなにおいがする


気温差もあって

雨が降ると湿度が高すぎる


外が暑いのか寒いのかわからない


お昼寝をしたり

デジブックを作ったり

音楽を聴いてみたりしたけれど

発作がつらくて

思うようにいかない


無理は無理で

頑張ることは

つらい


好きな人のために頑張りたい

でも難しい

難しいけれど頑張りたい

でもやっぱり難しい

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

無料ブログはココログ

momo

  • momo