« ぱくりと息をしたわたし | トップページ | 青を添えてくれたひと »

2016年12月10日 (土)

青空の彼と黄金の稲

なぜか わたしは

幼い頃に 聞かされた

父方の祖父の 弟のことが

ひどく 印象に残っていて

 

映像のように 美しく

思い出されることが あった

 

父方の祖父は高齢で

わたしが生まれた時には

もう亡くなっていたので

祖父の弟 といってもまた

会ったこともないひと

なのだけれども

 

親族のおしゃべりでは

こう言われていた

 

身長の低いひとで

稲で見えないのだけれど

稲のなかを颯爽と歩いていて

数学の研究者で

とても頭のよいひとだった と

 

わたしは幼い頃

稲より小さいひとだと

想像して

 

そんな小さいひとが

黄金の稲のなかを

颯爽と歩いている

まるでおとぎ話のようだ と

思っていた

 

その

会ったこともないひとと

青空の彼が

同じひとのように

思えるのだから

不思議

 

彼は稲より小さくは

ないのだけれども

« ぱくりと息をしたわたし | トップページ | 青を添えてくれたひと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青空の彼と黄金の稲:

« ぱくりと息をしたわたし | トップページ | 青を添えてくれたひと »

無料ブログはココログ

momo

  • momo