« 映画を観ていると | トップページ | 運動会を空から見たら »

2017年12月 1日 (金)

あちちち

高校生の時

同じ方角の親友と

いつもおしゃべりをしながら

帰っていた


途中寒くて

駄菓子屋さんに立ち寄っていた


親友が

ポテチを選んでいたので

そっちの方がいいんじゃない?

などと言いながら

むき出しになったストーブに

手袋のまま

わたしは手をかざしていたのだけれど


親友が

燃えてる!と叫んだので

ふと手元を見ると

わたしの手袋が燃えていた


あちちち


今むき出しになったストーブなんて

見かけない


床暖房やエアコンを使い

灯油など

買ったことがない


だから火が燃えるということを

忘れがちになる


わたしの手が無事だったのは

普段からマッチやろうそく

焚き火やお線香などで

とっさに消火するすべを

知っていたからで


火が怖いものということを

十分に知っていたからだと思うの


笑い話なのだけれどもね

« 映画を観ていると | トップページ | 運動会を空から見たら »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あちちち:

« 映画を観ていると | トップページ | 運動会を空から見たら »

無料ブログはココログ

momo

  • momo