« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月に作成された記事

2018年6月30日 (土)

虫の知らせのようなもの

以前初夢で

叔母が

子供においしいもの

食べさせてあげてと言う

夢を見たのだけれど

その後次男が食べられず病気になり

少し前

実家が血だらけの夢を見て

しばらくしたら

わたしに

血尿と血便が出た

夢の血だらけの実家で父が

家を処分しないといけないなと

話していた

父の入院が決まった

歩けないひとの

夢を見た後に

義理の父が歩けない病気になった

何か

虫の知らせのようなものが

いつもあるような気がする

だから気になった夢や

はっきりとした夢を見たら

気をつけようと思う

青空の彼の夢も

最近とても具体的で

細かいところまで覚えている

恐竜

彼と関係があるのかな

2018年6月29日 (金)

父の手術

父の入院を前に

大学病院の担当のドクターから

兄に手紙が届く予定だったのだけれども

いまどき手紙??

その辺は詳しくはわからない

手紙が届かないので確認したら

ドクターが忘れていたらしい…

ドクターから

兄の病院に入院しますか?

というはなしがあったらしいのだけれど

父の希望が

以前手術をしてくれた先生に

お願いしたい

だったので前回と同じ

大学病院でお世話になることに

なった

それで手紙を書くということになり

兄が手紙を見て

今回は専門ではないので

専門のドクターに確認してくれる

というわけで

忘れていた?どういうことよと

わたしが怒っていると

次男が

先生は忙しい

たくさんの患者さんがいるからさ

忘れることもあるよと

言った

もう手術の日が近いのに

まったく

などと私たち大人は話していた

そんなこんなで

いろいろあったけれども

遠くに住む姉が

付き添いをしてくれて

無事に手術が終わった

病院が遠く

バスも少なくて

父も姉も大変だっただろうと

想像する

わたしが実家に帰れたら

車を出せたのだけれども

あとは順調に回復するのを

待つだけとなった

良かった

2018年6月27日 (水)

願い下げだわ

通信教育を始めたいから

パソコンが必要になってきた

父が長男には

パソコンを買ってくれたのだけれど

父のおさがりの

わたしのパソコンは

壊れている

パソコンを買ったら

作品を作りたい

勉強じゃないのね

そんなことを考えながら

口を開けてテレビを見ていたら

婚カツの番組をやっていた

興味津々に見るわたし

暇なのか

男性の年収は一千万は欲しいですと

女性

どのつらさげて

言ってんのよ

自分で一千万稼げばいいじゃないと

むかむかしてきた

では自分に息子が生まれたら

一千万稼げるように育てるのか

育てられるのか

もっと大事なことがあるでしょう

むかむかしてきた

婚カツってそんななの?

相手のこと

見てないじゃない

お見合いは

お互い釣り合いそうな相手を

仲人さんが

見つけるけれど

婚カツって下品

さらに

子供が生まれたらなどと

女性はお金の計算をしていた

まず好きなひとがいて

心から安心して

このひとの子供が欲しいと思う

ものかと思っていたわたしは

さらにむかむかしてきた

長男なんて

イケメンで学歴もいいけれど

だらしなくて ずぼらだよ

優しいけれど

外面よし男だよ

それもひっくるめて

愛してくれるひとが

お嫁さんになってくれたらいいな

などと母は思うのに

婚カツでそんな女性たちに

品定めされるかと思うと

願い下げだわと

腹が立った

2018年6月25日 (月)

七夕ばったり

今年の七夕に願うなら

七夕ばったり

そう青空の彼に

ばったり会う

どうかあのかたと

ばったり会えますように

短冊に書いてと

ばったり会えたら

多分わたしは鼻血が出る

そうだ

おばかなわたしに

図書館とかで

勉強を教えてくれないかな

もくもく

もくもく想像

もくもくもくもく

ふふふふ

ふふふふふふふふ

何書いてんだかー

誰かのために

姉がもつ会社の仕事を

いずれ手伝って欲しい

ということになって

わたしに

登録販売者の資格が必要になった

姉は商売は苦手で

ひたすら勉強をしてきた

真面目なひと

植物すべてが趣味なので

将来ほそぼそ

薬草を育てたいという

夢がある

普段はしっかりした姉だけれど

弱いところもあり

わたしの度胸や

朗らかさ 愛嬌

行動力を

認めてくれている

私なら無理

できないとよく言う

普段は

くだらないことを話しては

ふたりで笑っている

父の入院も

任せてと今回言ってくれた

わたしは接客や販売が

ショールームで働いていたこともあり

得意なので

ここははったりで詐欺まがい

ふっかけて

貪欲に稼ぐと

いきたいところだけれど(笑)

地道が一番

まずは免許が欲しい

だけれどわたしはどうやら

アンティークや

アクセサリー販売

ちまちまブランド販売が

向いているようで

何時間でも勉強できる

アンティーク商品に話しかけるほどの

思い入れがある

それに

細菌て…とこんがらがっているこのごろ

けれどアクセサリーより

お薬の方が

誰かのためになりそうな気がする

だからどうかしら

息子にやらせてみたらと

考えた

わたしはサポート役ということでね

やって欲しいと姉

病気療養中の次男に

希望が見えてきた

税理士にも相談したらしく

法律上のことは

問題なくできるとのこと

さてこの免許

通信教育を始めるとしたら

何がいいかしら

情報をお持ちのかたがいらっしゃったら

ぜひ教えてください

ふたりで勉強しようと思っています


2018年6月24日 (日)

これは抗生物質なの?

また

抗菌剤を服用しているわたし

苦しかった色のあるたんが

なくなった

となると咳も楽になってきたわ

ということはやはり

わたしのどこかに細菌がいる

ということなのかな

細菌てどんな細菌?などと考えても

よくわからない

そういえば

息子が蚊にさされて

じくじくしてきた時

わたしは

ステロイドだったかしら

抗生物質だったかしらと

わからなくなり

ステロイドをぬってしまったことがある

ステロイドは

細菌を餌にすると

聞いたような…違ったかしら…と

思った時にはもう遅くて

息子の皮膚が

つぶれたトマトのようになってしまう

その後抗生物質できれいに治った

ということは

ステロイドを吸入しているわたしは

感染症に弱いということなのかな

また

抗生剤とステロイド

細菌とウイルスが

こんがらがって

こんがらがってわからなくなった

何が何に効いて

何が何にいけないの?

キャベツとレタスみたいなもの?

なにそれ

病気を見ている

小さな個人病院で

お世話になっていると

ドクターははなしを聞いてくれるひと

となりやすい

だからわたしはドクターを

お医者さんねという

なんていうか そう

ひととして

見ているわけだけれども

義理の父の病気を

あれこれ考えていたら

ドクターからしてみれば

科学現象として

この現象を

どんな化学反応で

治せるか

という具合に

ひとではなくて

病気を見ているのかなと

思った

表現は間違っているのかも

しれないけれどね

ぐじゃぐじゃの内蔵や血を

見ているのかなとね

思ったの

わたしたち主婦は

誰々さんが病気だってさ

などと聞いた時

気の毒になどとそのひとを

思うけれど

これがドクターなら

あらま気の毒にでは

すまされないストイックな

世界なのでしょう

ドクターがどれだけ勉強して

どれだけ頭を使って考えているのかも

つゆ知らず

あのドクターは優しい 怖い

好き 嫌い

待たせたのだから謝ってよ

いつまで待たせるんだよ

受け付けがうるさい

などと言っている

患者のわたしたち

そう考えてみると

なんだかおかしい ふふ

2018年6月22日 (金)

病気への誤解

どのような病気でも

病気を理解できず

誤解しているひとが多い世の中

偏見もある

自分ではない誰かが

病気になった時

すぐに訓練しようとしたり

冷たくしたり

厳しくしたりと

厳しい方に考えるひと

見捨てるひとが案外多い

奇妙な治療にすがるひともいる

病気のひとには基本

やさしくするべきなのに

根性が悪いなどと誤解して

やさしくもしない

安心してゆっくりできれば

治りやすいのに

時間をかけて

安心できるように寄り添えないひと

親でもそんなひとがいる

身内にはいないけれども

病気について

正しく学ぶチャンスや

根気よく導いてくれるひとがいても

キャッチしなければ

何も知らないということになる

そんな

病気を理解できないひとが

たくさんいる

理解できないなら

少しずつでも理解できるように

努力すればいいのに

誰かに治してもらおうとしたり

医者に治してもらおうとしたり

している

本当に治って欲しい

治らなくても

うまく付き合いながら生きて欲しいと

願うなら

自分がまず

変わらなくてはいけないのにね

なぜやらないの?

親の価値観

参観日に行ってみればね

書道は金賞

絵画は金賞

学校代表で張り出されているわけ

母は親戚に話していた

5教科は

それほどでもないけれどねと

母は笑っていた

作文のことは

何も言っていなかった

算数が得意だったけれど

数学で学年トップになった時も

何も言っていなかった

5教科がいまいちでも

可愛らしくて美人だから

などと言われることを

母は嬉しく思っていたようで

わたしは5教科に

自信をなくした

わたしの金賞は

価値がないのだと思った

子供の好きなこと

得意なことを

親はしっかり見ていないと

将来へのアドバイスができない

なにせ

誰にも言われずに

日曜日にやっていることが

好きで得意なこと

なのだから

着物と作文

45人5クラスだった小学生の時

参観日にはいつも

着物姿で立っていた母

わたしはきれいな着物姿の母を

教室で振り返りながら

自慢に思っていた

ひとりだけ着物だったから

目立っていて

すぐに母がわかった

着物のひと

ももちゃんのお母さん?と

お友達に聞かれて

そうと

嬉しそうに答えていた

授業が始まり

クラス代表の作文を読む

となると

わたしの作文が

いつも選ばれていて

みんなやはりなと

わたしに注目していた

わたしのお母さん

わたしのお父さん

そんな作文が得意で

先生はたくさんの丸を

作文の上に書いてくれていた

特に緑を守ろう

という作文は

力が入りすぎていた

わたしは作文が得意な

子供だった

床屋で聞いてみた

あれから一年

病院に寄付をしようと

髪をのばしてきたけれど

と思いながら

床屋に行く

どうして美容室ではないの?

トリートメントをしたりさ

ネイルだって

やればいいじゃない

なんて思うけれど

いつも貧乏な気持ちになり

トリートメントもネイルも

自分でしかしたことがない

内職が成功したら

やってみたいな

などと胸膨らませる

これって

とらぬ狸の皮算用

ていうやつかも

くわばらくわばら

なぜわたしが

床屋さんに行っているかというと

パートナーに

美容室に行くなと

言われたからなのだけれども

息子の床屋ついでに

わたしも散髪するようになって

すっかり常連

フェイスマッサージつきで

お顔がつやつやなわたし

それはさておき

床屋さんに聞いてみた

髪の寄付をしたい

それでしばらくのばしていたのですねと

床屋さん

はい

長さは同じで32㎝の束で切りたいと

相談したところ

同じ長さは難しくて

急な白髪がある

とのこと

確かにここにも書いたけれども

急に白髪がとは思っていた

腎臓のせいかな…

どうやっても長さが足りない

寄付は無理だという話しになって

白髪染めを

していただいた


いやらしさ

わたしの文章や絵は

お金にならない

宝石のひとつやふたつ

パッと売った方が

お金になると知っている

ならば

どちらが心豊かでいられるかと

考えたら

芸術なのかしらと

思う

それは

お金より大切なものがあると

わたしがやたらに

常々思ってきたからで

それはわたしの

美徳みたいなもの

商売をしていると

どうしても

お金へのいやらしさが出てくるけれども

すぐに挑戦

すぐに新しいことに

挑戦してみるわたしは

今度は絵を応募した

久しぶりに絵を描いていると

とんでもない色彩になり

殴り書きのような

個性的な絵が完成した

どうしてこんな風になったかな

などと思いながら

応募したら

入選しましたと連絡があり

賞状をもらった

賞状をもらいに行くと

美大の誰かさんに

さまざまな画材を

使えば

優秀賞でしたよと

言われる

確かにわたしは

マジックペンしか使っていなかった

推薦するから

美大に入りませんかと

誘われた

わたしはしばらく悩んだのだけれど

お金にならない

だってさ

ゴ☆ホだって ピカ☆だってさ

売れているのは

死んでからじゃないと

思って(笑)

断った

文章を書いてみる

以前書いたけれども

二十歳すぎくらいに

人生の節目ともなる

悲惨な出来事があり

その後わたしは

自分の書いた文や

絵を

どこかに応募したらどうだろうと

思った

まず文章を書いて応募してみた

独創的すぎたらしく

落選した

だけれど主催者側から

丁寧な手紙と

本が送られてきた

今回の主旨には合わなかっただけ

などと書いてあった

確かに

ありきたりな文が

入選して本になっていた

わたしの文章は

急にのめり込んで

奇妙な具合に

文学的になるようなところがあると

なんとなくわかった

ありきたりな文章なら

書けたと思うのに

書きたいとも思わなかった

絵かきさんになる

絵かきさんになる

というのがわたしの

小学生からの夢で

父は幼稚園の時から

ももは絵が上手だな

アトリエを作ってやるぞと

言っていた

美術の成績はいつも良くて

絵で賞をもらうことも多かった

だけれど美術では

食べていけないということを知り(笑)

夢中になれたことなど

忘れていった

いつかまた

描きたいなら

チャンスはやってくる

くらいに思っていた

2018年6月17日 (日)

会っていないのに

もう10年くらい

彼に会っていないのに

わたしの気持ちは

変わらずに

いつまでも彼を思っている

それに

彼の夢を見た

彼が

夢のなか

そこにいただけで

悩みがすべて

吹き飛んだみたいに

夢のなかで消えていった

夢の彼と

いろいろなはなしをした

犬は嫌い?

とかなんとかわたしが言うと

彼は犬は嫌いで

猫はそうでもないかなと

言っていた

ああ

話しているととても安心して

温かい気持ちになった

いつまでも彼を思う

こんなわたしを

彼は笑うでしょうか

2018年6月14日 (木)

いかり

助けてと言われも

助けられなかった命について

考える機会があった

原爆の絵と詩

戦争を経験したかたの

絵と言葉は

決して絵が

上手なわけではないけれど

言葉が

しゃれているわけでは

ないけれど

心に届く

父の手術

父が手術をすることになった

元気でしっかりとしている

父だけれど

高齢なのでなにかと心配

手術は3度目になる

わたしは次男が

病気療養中であることと

実家が遠い

ということで

今回は実家に帰らない

帰れない

田舎だから

車がないとなにごとも不便

病院も遠くて

母は車の運転ができないので

大変

もう何年実家に帰っていないかしら

何年両親の顔を見ていないかしら

500円

久しぶりにぽかんと

テレビを見ていたら

医療費のために

夫にもらったアクセサリーを

売る

というシーンがあった

誕生日や記念日に

もらったと話している

いくらで買い取るか

素材は?と

わたしは気にしていたのだけれど

みんな

大なり小なり

夫からプレゼントをもらっている

ということに

途中気がついた

夫から

アクセサリーや旅行の

プレゼントをもらっている妻

わたしは

もらっていない

自分から欲しいと言い

自分で買う

ということはある

自分から旅行に行きたいと言い

行く

どこどこに行きたいと言い

行く

ということはある

だけれどプレゼントはないわね

そういえばパートナーから

欲しいものある?

どこか行きたい?と

質問されたことは

いまだかって一度もない

もちろん

実家に帰る?と

言われたこともない

みんな

アクセサリーや旅行を

プレゼントされているのねと

わたしがぶつぶつ言っていたら

次男が

この前の記念日は500円くらいの

コーヒーだったもんねと

言った

確かに…

自分の価値が500円みたいに

思えてきて

小学生じゃないんだからさと

わたしは爆笑した


その後

長男がまた

白衣を持って帰って来た

あれ

バイト用の白衣と

違う

生地がいい

白衣もいろいろあるのね

家になかなか帰れない

長男だけれど

母はかげながら応援している

研究への不安や悩みは

どうなったかな

あれからうまく話せていない

ラインでも話せていない

母親にはあれこれ話さないでしょう

距離感も大事でしょうと

少しそっとしている

大学を変えるなら

試験もまた受けないといけない

勇気がいるよね

わたしにはよくわからないけれども

2018年6月11日 (月)

たまにはね

すっぴんボサボサ頭が

トレードマーク?のわたし

だったけれども

落武者系はやめて

少しきれいにする日も

あっていいかなと

思うようになった

女性からの嫉妬のトラウマが

やわらいできたこのごろ

せっかく

お姫様 姫様

守ってあげたい系などと

言ってくれるひと達がいるのだから

たまにはね

という気持ちになる

若さという女の武器も

すっかりなくなり

内面磨きにせっせと

力を尽くしてきたのだから

たまにはね

女性らしいおしゃれもしよう

という気持ちになる

本気を出すほどではないけれども

夢でぶチュー

チューをした夢を見た

チューをしたいと

日々思っているのかと思うと

なんだか恥ずかしい

それとも

生々しいチューだっだから

チューをする予定なのかしら

予知夢みたいなね

それは

夢占いでもわからないことだけれど

チューしたい ぶ(^3^)

アハハ

男性を誘惑するなんて

もう忘れていたことだけれど

スイッチをオンにすれば

まだまだ魅惑のくちびるかも

そうかも?


2018年6月 9日 (土)

虫に出ていってもらおう

わたしはゴキチャンに

殺虫剤や毒のエサなどを

使わない

蚊やダニにも

殺虫剤を使わない

体のために

わんこや赤ちゃんにも安心の

有機栽培アロマや

ハーブのスプレー

お香などを

使っている

やはりラベンダーの精油は

虫に効果がある

精油をミックスした虫よけは

ゴキチャンがふらふらになり

玄関から出ようとしていたほど

ハーブの芳香剤とお香は

さほど効果を感じられない

ハーブのスプレーは

ゴキチャンめがけてかけるものの

台所用洗剤の方が効果があった

いっそのこと生態系を利用して

蜘蛛を飼ったらどうかと

考えたの

けれどゴキブリを食べる蜘蛛は

巨大蜘蛛らしくて

やはり精油がいいわと思った


ゴキチャンがやってきた

最近悩みが

だっだかだっだかと

押し寄せてきていたのだけれど

それぞれ

状況が変化してきて

まだまだ悩みはつきないものの

一息

そんな我が家にゴキチャンが現れた

マンションはゴキチャンが

住めないようになっているはず

きっと

エビフライを揚げたせいだわ

ぶるぶると

わたしは考える

以前はゴキチャンなんて

スリッパで叩き潰していた

なにしろ

パートナーがまるでダメで

新聞紙を持つものの

動作が遅すぎるの

わたしが パチコン☆という

具合だった

だけれど

ゴキブリのアレルギーとわかってから

パチコン☆はできなくなり

わたしは

ギャーギャーと叫ぶようになった

スプレー持ってきて

はやくはやく逃げちゃう

誰も持ってきてくれない

ゴキチャンがいなくなる

ゴキチャンがいたら

静かにスプレーを取りに行き

気配を消しながら静かに近づき

一気にスプレーを使いませう


2018年6月 7日 (木)

2回目のひんやり

2回目のひんやりは

こんなおはなし

男の子の友人の車で

橋の上をドライブで走っていた時

すぐ横を歩いている

女のひとがいて

遊歩道があるんだと

わたしは思い

ぼんやり眺めていた

わたしはなんとなく

遊歩道があるんだね

歩いてみたいな

けれど

なんだか危ないよね

夜遅くあんなところをさ

女のひとがひとりでと

友人に言った

遊歩道なんかないよと

友人が言う

本当にひとがいた?と

言うので

白いブラウスを着た女のひとが

歩いていたよとわたしが言うと

遊歩道はないんだよな

あそこで

みなげがあって

女性が亡くなったと聞いたと

友人が言った

しばらくふたりで無言になった

その後

またまた冗談をと

お互い言ってひきつり

わたしの気のせいということに

しておいた

昼間に確認したら

遊歩道などなかった

1回目のひんやり

1回目は

わたしが公園で

デートをしていた時のこと

赤い大きな車が

とまっている

いつもは暗くなると誰もいない

静かな公園だから

彼氏とよく来ていたのだけれど

今日は珍しいねと

わたしは思った

あの赤い車さ 珍しいねと

わたしは彼に言った

赤い車?

彼が言った

うんそこの…

さっきまでとまっていたのに

大きな車がない

彼が怯えた様子で

赤い車なんてないよ

冗談言うなよと

言った

なぜ怯えているのかしらと

わたしが不思議に思っていると

彼は

車のなかで自殺があったと

聞いた

赤い○○だったと聞いたよと

言った

あはは

気のせいだったみたい

わたしは笑って

さっき普通に車がとまっていて

どこかに行ったのかもしれないねと

彼には言っておいた

ひんやりするおはなし

神隠しの次は

わたしが見てしまった

ひんやりするおはなし

わたしは

霊感があるわけではないので

あるひとと比べると

平穏な日々を

送っている

霊感のあるひとに

ももちゃんにとても強い力を感じる

などと言われるけれど

封印している

究極の怖がりだからね

そんなわたしだけれど

ひんやりすることが

2回ほどあった

無事帰る

彼は泣きながら

隊長を探し回ったのだけれど

とにかく

誰もいなかった

泣きながら下山している途中に

軽トラのオジサンが

通りかかる

ぼくどうしたと

オジサンが声をかけ

彼が事情を話すと

この山は

ボーイスカウトで登山していた

山ではなく

かなり離れた○○山だそど

オジサンが言った

何かの間違いだろう

とりあえず

オジサンの軽トラで

彼がボーイスカウトで登山していた

山まで送ってもらうことに

なった

20分から30分くらいで

到着すると

隊長が彼に怒った

心配したんだぞ

どこまで遊びに行っていたんだ

勝手な行動をするな

オジサンが隊長に

事情を話した

子供の足で歩ける距離ではないと

オジサンは言った


神隠しのように

ちょっと早いですが

暑いので怖いおはなし

これは

友人の男性の経験談

なのだけれども

彼はボーイスカウトで

登山をしていた

山頂あたりで

子供ふたりである場所に

印をつけ

逆方向に歩いていく

というゲームが始まった

彼はまっすぐ歩いて

しげみのようなところに

入っていったらしい

振り返ると

もうひとりの子も

ボーイスカウトのひと達も

誰もいなかった

急いで印のところまでもどるけれど

印などなかった

その間

ボーイスカウトのみんなは

いなくなった彼を

必死でさがしていたらしく

まるで神隠しのように

みんなの方からも彼が

見えなかった

2018年6月 5日 (火)

あじさいの咲く頃

紫陽花を

ご覧になれない

ゆっくりと

眺めることができない

そんなかたに

ひとつひとつ手の平で

包むような気持ちで

お届けしたい

そんなことを考えながら

作った過去の作品です

デジブック『 時季に添う 』
http://www.digibook.net/d/3a85a99b805f08217fc8a714d8490789/?m

BGM 輝ける船出

やさしいいろ

よかったらまた ご覧ください
Collage465

どこか惨めな気持ちになる

わたしは突然

醜い気持ちになった

パートナーが

妹に怒られて

父親の病院のことで

悩み始めたのだ

どうしたらいいのだろう

わからないなと

パートナーは言った

わたしは驚いて

知っているかぎりのことを答えた

だけれど

わたしの診察結果など

それが

といった様子で

息子の病気のはなしも

無視をする

なのにパートナーは

会社を休んで

父親を病院に連れて行くと

言い出した

息子が立ち上がれなくても

無視で

突然死の可能性があると

言われても

知らん顔だったのに

なんなのよ

わたしはパートナーが

通院で会社を休みがちだから

気を遣ってきたのにと

いいようのない

憎しみのような

悲しみのようなものが

込み上げてきた

わたしが

顔だけでも見に行くべきだ

みんな悩んでいるから

相談しに行った方がいいと話しても

お父さんのことを

今まで無視をしていたくせに

急になんなのよ

醜い気持ちのまま眠り

朝起きたら

もうどうでもよくなっていた

さっ

わたしも病院に行こう

2018年6月 4日 (月)

不思議なネジ

以前

不思議なネジのはなしを

書いたことがあるのだけれど

どうやら

あちらこちらに

落ちているネジは

長男の合格の知らせのようで

今年もたくさんのネジが

部屋に現れた

頭のネジ

ネジをしめて

ネジ ネジと

わたしは考えながら

転がって落ちていたり

テーブルやカウンターに

ころりとあったり

バッグから出てきたりする

大 小のネジを

眺めている

いったいどこから

特にプラスチックの大きなネジは

どう考えても

部屋にあったものではないわ

家族も

ネジを使う仕事や勉強を

していない

わたしもさすがに

ネジや釘などは

収納場所にきちんと入れている

これらのネジをDIYで

使った覚えもない

それに

昨日お掃除した床やテーブルには

昨日まで

何もなかったはずなのに

そして

合格するとぴたりとネジが

出てこなくなる

おめでたいネジだわ

だけれど毎回

わたしはネジを見つけると

わたしの頭のネジが

ゆるんでポロリ と

思ってしまう


ラストパーツ

どうせ自分なんてさ

なるべくして

この結果になったのだと

あきらめ

卑下する

前を向いて

歩くことができる力が

あるのにね

はりつめた空気は

そのうち過ぎ去り

なるほどはりつめた…と

独り言を言う

どんなことがあっても

静かでいようと目を閉じると

そこには新たな扉が見える

ラストパーツは

負の心とどう向き合うか

だったのだ

振り返れば

つらかった過去も

感謝できるものになっている

ありがとう みんな

ありがとう わたし

逃げているみたいで嫌だな

さまざまなことが

わたしを悩ませるこのごろ

まず自分

腎臓に問題が出てきた

息子ふたり

そんなこんなで大変な状況にいる

実の両親

父にガンが見つかる

義理の両親

義理の父が倒れる

パートナーは通院中

どうしてまた

次から次へと

重なるものかしらといつも思う

わたしの実家があまりに遠い

次男は病気

わたしは病気

手伝いに行こうにもいけないよ

逃げているみたいで

嫌だな

手伝いに行きたい

義理の家族の良いところ

そんな義理の家族だけれど

尊敬すべき点がある

それは

決して誰かと誰かを比べたり

差別をしないこと

真面目で

働き者であること

基本みんな

優しいひとであること

わけがわからなくなるものだ

義理の家族はピンチに弱い

わたしのピンチにも手をさしのべない

断ることさえある

誰でも病気になれば

本人も家族も

慌てるものだし

取り乱して

わけがわからなくなるものだと

思う

それはびっくりもする

パートナーが倒れた時もだけれど

わたしが

冷静すぎるのだと思う

ありがたい

今回のことで

どれだけわたしや

父母が

恵まれているか

ということに気づかされた

知識がないと

大変なことになる

協力がないと

悲しいことになる

実はわたしの父に

ガンが見つかり

3回目なのだけれども

今大変な状況

病気の詳しい内容は

兄にドクターから手紙がくるそうで

姉が

ファックスで診断した内容などを

しっかりと私に伝えてくれる

前回は私が病院に行ったのだけれど

今は

姉が仕事を休んで

病院に父と行ってくれる

わたしは何もできなくて

姉に申し訳ないのだけれど

いつも助けてくれる

父母に何かあれば

これまでもずっと

兄や姉や

わたしで

最善の方法を考えてきたので

相談すると

すぐに返事をくれる

どうするべきかを

ともに悩める

わたしは本当に恵まれている

ありがたい


妹にしみじみ話してみる

こんなに追い詰められて

かわいそうにと

妹のことを思った

しっかりと話を聞きながら

わたしは妹に

何も知らなくてごめんなさいね

何もできなくてごめんなさいねと

謝った

その後

調べられることは調べ

身内に聞けることは聞いてみた

パートナーが

かけつけなかったいきさつ

いつも家族を無視をしたり

怒ったり

息子の病気の時も知らん顔で

助けてはくれなかった

わたしは

ひとりでやっている

というようなことを妹に話したら

とんでもなく怒っていて

ああ

こんなに怒ることなんだなと

わたしは思った

わたしは怒ることさえ忘れていた

兄がすみません

怒っておきますのでと

妹は言った

わたしも

実のお兄さんのことを

悪くいって

ごめんなさいねと言った

わたしだけではなかった

義理の父の体調が悪いのは

以前書いたことだけれど

少し落ち着いたと聞いて

わたしは安心していた

その後

まわりが対応できていないことと

知識のなさから

何度も悪化していたと知った

義理の母は

よくわからないと

娘に任せている

娘は早くに結婚したのだけれど

母親に全面的に頼りきりで

生活してきたような

ベッタリ母子

その義理の妹は

パートナーに経過報告や相談を

していたらしい

けれど

報告にならず

相談にならず

会いにもこないので

腹が立ち報告をするのをやめた

とのこと

追い詰められて電話をしてきた

義父が倒れた時

行くよね?と言って

すぐにかけつけようとしたわたしに

パートナーは

だまれ うるさい

命令するなと言った

わたしが驚いていると

きれいごとばかり

おまえは行かないから

そんなことが言えるのだ

などと

行こうとしているわたしに

わけのわからないことを

言い出し

結局キレて

父親のところにかけつけなかったから


おかしな世界

男はT大かK大

女は学歴の必要なし

という考えの地域がある

男の子が

名門に合格すると

大変な喜びで

女の子が名門に合格すると

反応がない

結婚は

女性が妊娠してから籍を入れる

そんな

超男尊女卑的な考えかたが

実際にある

というので驚いた

お見合いも

女医は生意気だからいらない

などと平気で言っているらしい

おかしな世界

2018年6月 2日 (土)

悩む

今のままでいいのかと

悩むことは

いいことだと思う

けれど

弱いものや

苦しんでいるひとへの

配慮は

忘れないで欲しいな

それに

ひとを許すことは

自分を許すことだと思うから

許せるといいな

才能があるひと

才能があるひとがいれば

蹴落とそうとするひとが現れる

ドリームキラーと

わたしは呼んでいる

自分をしっかりもっていないと

嫉妬されたり

妬まれたりして

よからぬ噂を信じてしまい

せっかくの才能が

つぶれてしまう

わたしの少ない知識のなかでは

わたしの少ない知識のなかでは

研究は

先の見えない暗闇みたいなものだと

思う

何十年も信じて研究してきたものが

だめになってしまうこともあるのでしょうと

想像する

完璧な

自分の望む環境なんて

存在しないと思うから

幸運なことに

家族や

さまざまなひとの支えがあって

好きなことができたら

それでいいのではないかな

結果はあとからついてくるからさ

どうにかなるさ

人生にはいろいろな道がある

だからどうにかなるもので

ひとつだけと

考えると

やめるか進むか

などという極端な発想になる

いろいろな道があり

いろいろなやりかたがあるのだと

思えば

なんだたいしたことではないと

思える

一緒に考えてくれるひとを

見つけて

見つかれば

恵まれた環境に感謝して

考えてくれたひとに感謝して

自分をみつめ

休んだら

少し前に足をだせばいいかな

誰かに伝えてみたらどうかな

軽々しく死にたいと言うのは

表現方法を変えた方がいいけれど

辛くて苦しいことがあり

死にたいよというのは

死にたいくらいにつらい

ということ

だから

辛い 苦しい

何が辛くて 何が苦しい

ということを

伝えてみたらどうかな

ひとは案外

助けてくれる

元気そうにして

我慢していると

大丈夫なのかなと思われて

余計に厳しくなる

ということもあるからね

いろいろな選択がある

すべてやめる

という選択もある

死ぬくらいならやめればいいと

私は思う

いくらでもやり方はある

けれど

すべてやめることで

よくなるひとと

それが負担になるひとがいる

何もない

というのも味気ない人生

もう何もかもだめだと思うなら

目標を持った方がいいし

心から休めて楽になるなら

やめてしまえばいい

やめるのにも勇気がいる

長男が合格して

長男がとある大きな試験に合格して

わたしはよく頑張ったねと

本当に嬉しくて

喜んでいたのだけれど

長男は

お金のこと

今後の環境のことなどで

かなり迷いが出てきたらしく

辞退を考えているらしい

わたしはどんな時も

受け皿になるし

ひとりの立派な大人の男性として

尊重している

よく考えて

よりよい答えを出して欲しいと

伝えたものの

悩みがつきない

ラインでしか話せないので

ずっとラインで話している

父親の意見を聞こうとしても

まるでだめで

嫌なことを言うくらい

わたしがもっと

知識があってしっかりとしていたら

と思う

ひとりですべてやるのは

つらい


ペーパーテストをこなす

次男の場合

塾などを利用して

ペーパーテストをこなしていく

ということは

かなり厳しい

まずは

ごはんをおいしく食べること

それから

心と体

パンケーキを焼いたり

楽しみを増やしたり

その方が大事に思う

いずれ

おじいちゃんがほそぼそ

やっているような

小さな店でバイト

社会に出る練習をして

勉強は

何歳からでもできるから

勉強するとなれば

わたしが教えていけたらと

考えている

無理して行ってもいいことがない

そもそも次男は

家を出ることが大変なのだから

いきなり旅行はない

例えば

おじいちゃんちに行ったり

ジ☆リ美術館に行ったり

ディ☆ニーや

ユ☆バーサルに行ったり

あっこれは

わたしの希望でした

家族旅行に行けたり

していないのに

いきなり学校の旅行は無理よね

体が心配

心は無理な状態

行ってもいいかな

くらいにならないと

無理して行っても

いいことが見つからない

けれど

将来の大事なことだから

ここは親が責任を持って

判断すべきよね

居場所があるといいな

次男に

学校という

受け入れてくれる場所があるのは

とてもいいことで

続けて欲しいとおっしゃるドクター

とはいえ

学校というものは

いろいろな制度がある

なぜ?というおかしな

決めごとやルールがある

もっと自由に

楽に過ごせないのかしらと思う

学校でも家庭でも

自分の居場所があると

いいな

居場所は必要だわ

病気だよ

食べたくない

やせたままでいい

体調が悪くなってもいい

などと考えているのは病気だよと

ドクターに言われた次男

入院してもらっていいけれどと

言われている

まだまだ先が長いわ

診断書があれば

次男の学校は

旅行が単位のしめくくりなので

旅行に行かないと

留年になる

ドクターの診断書があれば

旅行参加について

代替えする

などの制度があればいいのにと

思う

体が悪いひとは

運動はどうしても見学になる

喘息や心臓病は

普通

診断書を出せば運動制限してもらえる

けれどそれが

いじめにつながることもある

長期旅行の場合も

心や体の診断書があれば

代替えしてもらえるといいのに

どうしても行けないひとは

卒業がのびるばかりになるから

モチベが下がる

時間をかけて

が大事なことでしょうけれど

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

無料ブログはココログ

momo

  • momo