« 茶杓が届いてから | トップページ | お茶をのみましょう »

2018年7月17日 (火)

すっかり忘れていた頃

そんなことは

すっかり忘れていた頃

夢を見た

白い足袋に

古い時代の着物の老人

少し目が不自由そうで

石の段から

降りようとしている

思わず手をさしのべると

つまづくように

老人は石の段をおりた

それから

ゆるやかな坂道を

急いでのぼろうとしている

背の高い老人だった

« 茶杓が届いてから | トップページ | お茶をのみましょう »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すっかり忘れていた頃:

« 茶杓が届いてから | トップページ | お茶をのみましょう »

無料ブログはココログ

momo

  • momo