« まだ片思いをしている | トップページ | 残留 »

2018年8月20日 (月)

病人が病人を

起きていることには意味があり

必ず良い結果になる

信じていよう

というようなことを

もごもご考えていたら


長男が外食でとある

食中毒菌に感染してしまい


病人がひとり

病人ふたりを看病している

というありさま


ふたりともまだまだ子供

変な汗がわたしの顔から出る


長男は

お盆休みで病院が休みだったものだから

経口補水液と

ビオ☆リーで

様子を見ていたものの


これはただならぬかんじだわと思い

診察している初めての病院に

連れて行った


先手を打つ

というかんじの

スピーディーなドクター


あの…

はいこれね


あの…

はいこれねと

診察前に渡すものを用意している


説明も正確で

はやい


受け付けも看護師さんも

とても優しい


とにかく気が利く


かかりつけとは

全く違う


薬局も優しくて

説明上手

しっかりチェックする


はなまる💮


水槽のかめは苦しくないのかなと

考える余裕もあったくらいで


薬局変えようかな…


少し遠くなるから悩むわ


なにより長男が心配

次男に感染したらと思うと

ゾッとする

« まだ片思いをしている | トップページ | 残留 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 病人が病人を:

« まだ片思いをしている | トップページ | 残留 »

無料ブログはココログ

momo

  • momo