« まとめてみる | トップページ | 大切な時間を大切なひとのために »

2018年12月 8日 (土)

私立と国立の違い

うちは

息子がふたりとも私立

なのだけれど

吐き出して少しすっきりしたところで

私立と公立 国立の

わたしなりの

感じ方を書いてみたいの

受験は本当に大変で

本人の苦しみや頑張りは

かわってあげることはできないから

母としては

おいしいごはんと

包み込むような愛情が不可欠

情報集めと

健康管理だけを

坦々とやるしかなかった

喉元過ぎれば…

なのだけれど

わたしの印象としては

私立は

お手洗いがきれい

それだけではないけれどもね アハ

先生方も勉強熱心で

公立に比べると

会社員 営業のような

雰囲気があり

手厚さというのか

面倒見の良さがあると思う

公立の自主性と比べると

さらに学力をあげようとする勢いには

圧倒される

T大に入らないやつはクズだ

SKにところてん式に行くのは

許されないと

長男の全体会で言われた日は

笑ってしまった

かたや次男は

卒業まで何年かかっても

大丈夫ですよ

一緒にやっていきましょうと

言われていて

先生と信頼関係を築けている

見習うことも多い

大学もまた

私立の方が

お手洗いがきれい アハ

建物のきれいさが違う

大学説明会でも

私立は

すぐに案内してくれる

国立は

案内がいない

大学によるけれども

教育環境も

お友達も違う

それぞれ個性もある

私立は学費が高いだけ

なにかと立派で

目を見張るものがある

お友達も

国立や公立は

社会の縮図

といったかんじで

それはそれでまた

社会勉強にもなるのだけれども

私立は

おだやかなお子さんが多い

お金持ちすぎて感覚が違う

なんてこともある

お友達とのお付き合いが大変かな

というわたしも

大学は田舎の私立

お手洗いがきれいだった

お手洗いばっかり アハ

けれどここは侮れない

マンションも大学も

お掃除のひとを雇えるか

雇えないかで

大きく違う

雇えないと

魔のPTAがあり

やたらに親が学校で活動しなくてはいけない

役員決めの

ののしりあいは

迫力がありすぎる

ひとって

丸い地球の

一瞬のまばたきのなかで

おかしなことをしていて

なんだか滑稽で

どこかむなしい

« まとめてみる | トップページ | 大切な時間を大切なひとのために »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私立と国立の違い:

« まとめてみる | トップページ | 大切な時間を大切なひとのために »

無料ブログはココログ

momo

  • momo