« 修行の場所 | トップページ | 無視して通りすぎる »

2019年1月17日 (木)

もてるがきっかけで

中学生の時

告白されたり

ラブレターが靴に入っていたりが

続いて

ファンクラブの男子が

25人くらいかな

突然家に遊びに来た

ということがあった

休み時間に

妙なハチマキをして

ファンクラブの歌を歌っていた集団の

代表みたいなひとたちで

わたしは部屋の奥の方に

怖くて隠れた

ももちゃん

ファンクラブのひと とやらが

いらっしゃったよ

たくさんと

母に呼ばれて

さらにガクガクして隠れていた

祖母は

究極もてもてな究極のお嬢様

だったので

父は

もも姫はおばあちゃんに似て

かわいいからな

それにしてもすごいな

などと話していたものの

姉と母は

もてる

ということがあまりなかったので

家族には免疫がなく

初めての経験に

両親は騒ぎたてた

母は

汚らわしいと言いながらも

親戚に自慢していた

それから

もも姫に

悪い虫がつくかもしれないと

まわりから

散々言われ始めるようになる

小さなころから

お花が咲いたみたい

姫様

女優さんみたい

男好きする

などと好き勝手言われてきたのが

ややお年頃になり

グレードアップしてきた

というかんじで

同級生との交際を申し込む

同級生の叔父さんが

現れたり

男子に自転車で追いかけられたり

体育館の裏で

男子におなかを殴られたり

女子からの嫉妬やいじめ

かわいいと思ってんじゃないよブスが

始まったりと

わたしはわたしで

嬉しくもなく

ただ大変だった

母は心配のあまり

記事にも書いたように

男性が 男性がと

あらぬ疑いをわたしに

かけるようになった

母の友人の旦那さんが

ホテルでわたしを見た(嘘)

妊娠しているのではと

言い出したことがあって

ありもしないことで

母にひどく怒られたり

泣かれたり

生まなきゃ良かった

遊び人

もも家の恥さらしとまで言われ

わたしは

男性とおつきあいも

したことがなかったのに

いったい

何を見ているの?と

思った

わたしも母が嫌いだった

はやく自立したかった

とにかくブスになろうと

思った

それしか

自分を守る方法が思いつかなかったから

今なら

ファンクラブのみなさまに

窓からおもちでも

投げているかもしれないけれども

« 修行の場所 | トップページ | 無視して通りすぎる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もてるがきっかけで:

« 修行の場所 | トップページ | 無視して通りすぎる »

無料ブログはココログ

momo

  • momo