« 食事について考える | トップページ | 桜と白い息 »

2019年2月25日 (月)

絶対にタクシーに乗らない

義理実家まで車で行き


実家から5分ほどの総合病院に送り


診察券もすべてやり


ドクターのはなしも聞いてくる


ということを


救急車を呼べない 呼ばない


病院から注意されても呼ばない


何ヵ月間かの間


義理妹とパートナーは


へとへとになるまで繰り返していた


わたしはパートナーに怒鳴られて


何も口出しできないので


気の毒だけれどどうしようもなく


申し訳ないと悩んでいた


義理父母は


絶対にタクシーに乗らない 乗れない


だから義理妹とパートナーのふたりは


仕事を休んで


病院に連れて行くを


繰り返すしかないわけで


体調の


ちょっとしたことなら


総合病院が車で5分と近いのだから


タクシーで行ったらいいのにと


わたしは


わたしの両親のこともあり


思った


だけれど義理両親は


何度も何度も


パートナーに仕事を休ませた


パートナーは


息子の病院で


仕事を休んだことなどない


息子を病院に連れていってくれたこともない


すべてわたしがやっている


わたしの病院もない


だから


わたしはひとりでやってきたのにと


なんとも複雑な気持ちになった


本当は嫁のわたしが


車で2時間ほどかけて


次男も連れて義理実家に行けばよいのだけれど


次男の今の体調では


行けないものだから


とにかく申し訳ないと謝るしかなくて


ふたりが


仕事を休むばかりしていたら


生活していくのに


さすがによくないだろうと


もやもや


うじうじと悩んでいた


だけれど息子が大事


役にたたないわたし…と


また謝るしかなくて


なぜ


タクシーで行かないのかな


そんなにふたりを休むばかりさせて


悪いと思わないのかなと


思ってしまう


義理両親はごめんなさいねと


言っていたけれど


堂々と何もできない!は


なんだか怖い


救急車呼んでよ


命が大事でしょう


そこはタクシー乗ってよと


思う


 


 


 


 

« 食事について考える | トップページ | 桜と白い息 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶対にタクシーに乗らない:

« 食事について考える | トップページ | 桜と白い息 »

無料ブログはココログ

momo

  • momo