« 比べてはいけないのだろうけれど | トップページ | 何か用事があったのかな »

2019年2月23日 (土)

比べては悲しくなる 放置もどうだろう

わたしの父は

ガンで手術をした時も

ひとりでバスにのり

二時間もかけて

病院にいき

ひとりで退院しようとして

足止めされた

ひとりでできるとばかり言って

わたしたちに

負担をかけまいとしている

わたしだって

父母が病気の時

実家にいきたい 手伝いたい

比べては悲しくなる

今回また

義理父が入院することになった時

わたしは

症状の

動かない

なんだかおかしい

を電話で義理母から聞いてすぐに

救急車を呼んでくださいと

伝えたのだけれど

10時間放置されてしまった

救急車で運ばれてすぐに

入院になった

パートナーは後で

なんだかおかしいは

わからないと話していて

いや

動かない

なんだかおかしいで十分

救急車はくるからと話した

放置もどうだろうと思った

放置されたら

運命と諦めるしかないのかな

わたしが

喘息やアレルギーで

パートナーに放置されたら

運命と諦めるしかないのかなと

思った

子供たちには

わたししかいない


« 比べてはいけないのだろうけれど | トップページ | 何か用事があったのかな »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 比べては悲しくなる 放置もどうだろう:

« 比べてはいけないのだろうけれど | トップページ | 何か用事があったのかな »

無料ブログはココログ

momo

  • momo