« 子供は静かに溺れるというはなしと助けないひとのはなし | トップページ | 比べてはいけないのだろうけれど »

2019年2月23日 (土)

わからないことを言うひと

わたしには

病名を聞くと

ペラペラと説明

てきぱきと行動する癖みたいなものがある

義理の父が

悪☆リン☆腫の疑い

と言われた時は

のちに違っていた?とわかったのだけれど

聞いた瞬間

血液のガンだよね と

つぶやき

肺☆と聞くと

マイコプラズマ?

ゴエン?と

すぐに言ってしまうところがある

これは

よく知らないひとにしてみれば

いったい何を言っているのかわからない

というところ

なのかもしれないと

最近になって思う

それに

義理の父母の病歴を

なぜか嫁のわたししか知らない

病院に行けば

すべてわたしがそれらをお知らせすることになり

パートナーは

なにも知らず

わたしのはなしも全く理解できない

という繰り返しになる

それに

わたしが

義理実家にかけつけようとすると

パートナーに

命令するなと怒鳴られる

という不可思議なことが起こり

なんと

かけつけないというパターンになる

今回義理の父が

肺☆で入院になったのだけれど

次男に感染するといけないから

連れては行けないと

瞬時に思う

という冷静さもわたしにはある

義理の両親を

実の両親のように思ってきたけれど

正直

義理の両親だから冷静でいられる

ということもあるのかなと

思ったりもする

パートナーが失神した時も

ここに書いたけれど

頭と意識を確認

すぐに救急車を呼んだという

冷静さがあった

« 子供は静かに溺れるというはなしと助けないひとのはなし | トップページ | 比べてはいけないのだろうけれど »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わからないことを言うひと:

« 子供は静かに溺れるというはなしと助けないひとのはなし | トップページ | 比べてはいけないのだろうけれど »

無料ブログはココログ

momo

  • momo