« 夢の建物 | トップページ | 間違えるということ »

2019年4月21日 (日)

ついてきたもの

今度は夢と念のはなし

よかったらおつきあいください


ひとの念は物にもやどる

だから

古い物 いただき物 には注意が必要で

わたしは

ひとの念 思いというものは

怖いものだと思う


先日

夢のなかの父が

知らない女の子をだきかかえている

夢をみた


その日

母から電話があり

父がキッチンでひどく転んだ

その時鍋が

2メートルくらい飛んでいて

どれくらいひどい転びかたをしたかと

思ったけれど

無傷だった

という内容だった


夢のことは話さなかった

しばらくして叔母にもらったという

着物を

キッチンの敷物にしたと

電話があった


それが 

夢の女の子の服の色と

同じだった


父が優しいから

女の子が父に

影響を与えたのではないかと

思った


代々霊感がある家系だからといって

供養したり

成仏させる力は

わたしにはまるでなくて


力のあるところへ行ってください

すみません

なのだけれど


叔母からの

いただきものは

叔父がいわゆる みえるひと

だったからなのか


念が入っているものが

うちにも届いたことがあって


洗ったり

お香をたいたら

多少は違うと思うけれど


もし女の子が

小さな神様だったら

たたりをもらうから

やたらに

はらうわけにもいかないな


いやそれは考えすぎで

転んだ父を

女の子が

守ってくださったと

考えた方がいいのかもしれない

« 夢の建物 | トップページ | 間違えるということ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夢の建物 | トップページ | 間違えるということ »

無料ブログはココログ

momo

  • momo