« 息子達の将来 | トップページ | 君と桜と »

2019年4月14日 (日)

うがは

お茶を飲みながら

ひととして尊敬している

次男の担任の先生みたいな男性が

もしお父さんだったら

どんな幸せが存在しただろうねと

次男と話す

担任の先生は

お仕事だから優しいとはいえ

家庭でも

ある程度は優しいひとなのだろうから

きっと

奥さまもお子さんも幸せよね

ふたりでうなずいた

奥さまやお子さんが

何か悩みを相談したら

君が楽になれるように考えよう

なんて言いそう

ちょっとものまねして

ありそうだとふたりで笑った

きっと幸せなひとは

幸せに気がついていなくて

文句もあるのだろうけれどさ

そうだ

もしお父さんが

次男が信頼しているドクターだったら

どうかな

大型スーパーやカラオケ

いいねーと

笑顔でほめるかな 

普段はお仕事としてやっているとはいえ

ありそうだと

ちょっとものまねして

またふたりで笑った

こんなかんじで

息子が信頼しているひとなら

なんていうかなと

たまにおしゃべりついでに話して

笑っている

その逆もあって

パートナーならどうするバージョンは

あり得ない台詞までが

悪い結果だけれど当たる

わたしたちは

パートナーのひどい状態に慣れてしまって

よくわからなくなっているから

こんな時

普通のひとならなんて答えるかなと

考えるの

それで

それは理想

理想だよねという時と

それは普通

いや普通なのかな

という時とがある

パートナーが

息子が好きなこと楽しいと思うことに

知らん顔なので

息子が

おれ

新しいパンケーキ食べた?と先生に

聞かれて

めちゃくちゃ驚いたよ

嬉しかったと言った

そこには

わたしたちが

生涯味わえない大切ななにかが

存在していて

なのに

何がつらくて何が幸せかが

わからない

パートナーに話しかけ

ムシされたり

逃げられたり

怒られたりした方が

幸せ?よかった?とさえ思えてくる

じゃあ じゃあ

例えば

今日こんなことがあってねと

たわいもないことを

リビングのテーブルで話しました

として

新しいお父さんが

うん それで?と

こっちを見たらどんな気持ちだろうと

わたし

幸せすぎて驚いて

うがはと

椅子からずり落ちるかも

それは慣れるまで

いちいち

うがはと

椅子からずり落ちる

ということになった

理想は理想で

ないものかもしれないけれども

普通って難しい

だけれど普通は幸せなんだ

 

 

 

« 息子達の将来 | トップページ | 君と桜と »

コメント

こんにちは。
息子さんと、もし〇〇だったら?
と話されるって、すごくいいですね!!
パートナーの方みたいな人がいると、
感情が固まってしまうから、
柔らかい頭に戻して、人間らしい感情や、
人間らしい対応ができるようにリハビリしないと
いけないのですよね。
でも、普通ではない、そういうことをするっていうことは、
他の人にはできない、思いつかない、
新しい分野の開拓になるかも。
本でも書かれたら売れるのでは?
なんて思ってしまいます。

ふうちゃん組様 こんにちは
長男は大変な時なので、
話をしてくれず
わたしも距離をおいているのですが。
次男とは、
よくおしゃべりをしているんです。
パートナーが帰って来たら、
さっと隠れます(*_*)
長男は外の世界をみて比較して、
最低の親だと考えているようですが、
次男はまた、
考えかたが違うようです。
ありがとうございます(*^^*)


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 息子達の将来 | トップページ | 君と桜と »

無料ブログはココログ

momo

  • momo