« 怖くて仕方がない | トップページ | はて »

2019年4月10日 (水)

彼のなかにつまっているもの

片思いを10年ほど

続けてみたけれど

長いからって

痛くもかゆくもなく

それがどうしたもこうしたもない 

今年は桜を愛でていなくて

寒いところへ

ところへと行けば

まだ咲いているかも

などと考えながら

昨日夕方窓から外を見ると

青空のまま

夕方になっていて

奇妙な空だわと思っていたら

今日は雪

空や草木の様子で

何かを知ったり

おなかあたりで

予感を感じるなんて

どこか

動物的なところがあるよねわたしと

いつも思う

ところで話は

片思いにもどるけれど

どんな不安定な時も

楽しい時も

青空の彼の存在は

わたしにとっていつまでも大きくて

いつかきっと

彼からの手紙が

わたしに届くと

信じている

だけれどたまに

わたしの大切な気持ち

などは

どうでもよくなって

なにごとも執着したくない

いらないものはいらない

余分なものは捨てたい

ただ

大事なものだけをみて

生きていきたいと

思うことがある

まぁ

片思いが余分かどうかはわからないけれど

詩を描く心が

人生を豊かにしてくれるのは

間違いないのかな

それにわたし

まだ知らなくてはいけないことが

彼のなかに

たくさんつまっているような

気がするの

 

 

 

 

« 怖くて仕方がない | トップページ | はて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 怖くて仕方がない | トップページ | はて »

無料ブログはココログ

momo

  • momo