« 内科と歯医者さん | トップページ | 誤解 »

2019年4月 5日 (金)

歯医者さんで治療中に

近所の歯医者さんの

麻酔で

気分が悪くなっている途中に

熱してある器具が

じゅじゅっと強く

わたしのくちびるにあたり

熱いっと

なった

奥歯の治療をしていたので

わたしはしゃべれずに

今のなに?と

アワアワしていたのだけれど

治療後

先生は

そそくさと

次の患者さんのところに

行ったから

何も言えず

帰宅してから

鏡を見たら

くちびるを火傷していて

水ぶくれになっていた

そのような

熱い器具で治療をするとは

今まで知らなかったから

調べてみたら

火傷して裁判になった

ということもよくあるようで

歯医者さんで

ミスとはいえ

火傷をする可能性があるのなら

軟膏を用意したり

冷やしたりと

対応できるように

準備があっても

よいのにと思った

くちびるがはれる

というのは

火傷だけではなく

薬品の影響だったり

アレルギーも考えないといけないのに

放置するなんて

なんといい加減な

先生なのだろう

火傷なら

顔に傷が残る場合もある

皮膚科で治療もしなくてはいけない

アレルギーなら

その段階で

治療をストップして

まさかのアナフィラキシーへの

対応を考えなくてはいけない

というのに

どれだけいい加減な

先生なのだろう

そんないい加減なひとだから

逆に

わたしを治療したのだろうけれど

また何も言えなかった

このまま

治療していて大丈夫なのかな

 

 

 

 

« 内科と歯医者さん | トップページ | 誤解 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 内科と歯医者さん | トップページ | 誤解 »

無料ブログはココログ

momo

  • momo