« その後のわたし | トップページ | 実習に行った時 »

2019年7月 6日 (土)

お願いをしなかった できなかった

今回

自分の体調不良で

病院に連れて行ってもらいたいと

思った時

パートナーに

お願いしなかった

できなかったが正しいのかな


すると

時間がかかったけれど

救急車にのることができた


病院に到着してからは

パートナーの姿を

一度も見かけなかった

声も聞こえなかった


入院した時と同じで

病院に到着するまで

心配している様子もなかった


帰宅前

パートナーに

コーヒーの香りがしたから

今回も

わたしが点滴中に

どこかへは

行っていたのだろうと思う


いやいや  いまでしょ 

がないひとだからね


数日して

かかりつけに話したいから

簡単に治療内容が書いてある用紙を

持っていないかなと

パートナーに聞いてみたら

ないと言う


前回わたしが

ショッピングモールから

救急車で運ばれた時は

もらったので


わたしの処置中

ドクターや看護師さんから

質問や説明があった?と

聞いてみるのだけれど


一度も

誰にも会っていないよと

パートナーが答えた


パートナーが

救急車で運ばれた時

わたしは

ドクターや看護師さんに

長く質問されたし


帰宅前には

ドクターから丁寧に

治療の説明や

帰宅させることの確認があったけれども


何も言われていないなんて

ぽかん


わたしが帰宅する時

歩いてすぐそこ

パートナーは座っていたけれど

偶然だったということなのか


入院したとき

本当にご主人?と言われたことを

思うと

何が真実なのか

わからない


そうかもしれない

そうじゃないかもしれないと

思うしかない


わたしの帰宅が決まってからは

パートナーが救急車で

運ばれた時に

わたしがやった

コピーみたいなことなのだけれど

会計も

薬局も

パートナーが積極的に行っていた


荷物も持ち

タクシーも呼んだ

パートナーからわたしに

話しかけることはなかったので

わたしが

無理してひとことふたこと

病状を報告すると

うんと答えたくらい

何も

知らなかったとは思わなかった


帰宅すると

パートナーはいつものように

息子達を気にかけず

会社にも行かず

自分の部屋で寝ていたようだった


わたしが

しばらく休んでから起きて

何も食べられないので

わたし以外の食事の用意だけしていると

出かけていたのか

パートナーが突然帰ってきて

家族全員分には

足りないのだけれど

最近すぐ近くに

また新しくコンビニができたので

そこで

おかゆやパンなどを

買ってきた


何が食べられる?

何か買ってきて欲しい?

体調は?

などと一度も聞かれていないものだから

ドサッときた食べ物に

驚いた


こんな風に

わたしが帰宅するまで

パートナーにお願いをしなかった

できなかった


一点

喘息とアレルギーがあることを

話せないわたしのかわりに

救急隊員のかたに伝えてほしいと

お願いしただけで


結局それは

わたしが伝えたので

パートナーは伝えていないのだけれども

他は一度も

お願いしなかったら


次々とパートナーが行動していて

長男がわたしを毛嫌いしていて

次男が病気ななか

誰も頼るひとがいなかったから

助かった


わたしは

会社は大丈夫?と

言ったくらいで

パートナーがいつもながら

お願いするとやらない 断る

お願いしないとやる

ということに

頭がこんがらがってきたけれど


次回わたしに

同じようなことがあれば

もっとそれぞれが

安心していられるように

考えていかなければいけないと

思った


これは

余計な苦労

というものでしょうね


普段 命令されたり

指示されるのが嫌だったとしても

大事な時は違うでしょうと

思うけれど


大事な時ほど

パートナーはひどくて


いざというときは必ず

守ってくれない

ひとだから


わたしと息子は

不安でいなければいけない

« その後のわたし | トップページ | 実習に行った時 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« その後のわたし | トップページ | 実習に行った時 »

無料ブログはココログ

momo

  • momo