« ちょっと怖いはなし | トップページ | その方法しかなかったと思う »

2019年12月29日 (日)

覚えのない傷

続きます

覚えのない傷があると

かまいたちにやられたと

昔から言いますよね?

言わないのかな

かまいたちにやられたと

言うことで

わたしはなぜか

気持ちが落ち着いたものです

最初

アザは

お薬の影響かな

と考えていました

内科の先生に

ぶつけた記憶がないのでと

診ていただいたら

これ以上どんどん増えるようなら

言ってくださいねと

言われたのですが

アザは

増えては消えていき

という様子でした

それから

なんとなく

生き霊に気づいて

気にしないようにしていたのですが

今度は

コンパスで

書いたような

大きく

丸い半円の

鋭利なもので切りつけられたような

見事な切り口の

傷が

右腕の

自分からは

見えないところにできていることに

入浴前

鏡を見て気づきました

大きな半円は

血がかたまって

赤くくっきりとした線になっていて

かなり目立ちます

この時期

昼間も眠る時も

長袖を着ているので

自分でひっかいたと考えてみても

場所的に難しく

形がきれいすぎます

服に米粒でも入っていて

傷ついたのなら

きれいな半円にならないでしょう

これだけ切れていたら

かなり痛いはずなのに

全く痛みがない

ナイフ

針やカッターのようなものもないから

かまいたちだわと

その時は

納得しました

かまいたちなら

血が出ていないのでは?と

今になって思いますが

それで

半円が薄くなってきたころ

毎日

昼間も眠る時も

長ズボンをはいているのですが

今度は右足の

見えないところ

おしりの下あたりに

10センチ近くの

鋭利で直線の傷ができて

血がかたまって

赤い線になり

今度は

ところどころ盛り上がっていることに

お風呂上がりの着替え中に

気づきました

あっぱれな切り口で

切りつけられたような

これまた

全く身に覚えのない

傷でした

どちらの傷も

血が出て

かたまってはいますが

傷口も深そうなのに

全く痛みがない

気づきもしなかった

というのは不思議で

昼間や眠る時

服を上下とも脱いだことは

一度もないので

直接切りつけることは

できないはず

でも左を下にして

ベッドで眠っていたら

切りつけてつくような

場所に傷はありました

このふたつは

みるみる

治っていくという不思議さも

あり

もちろん2回目も

ナイフ

針やカッター

などないか調べましたが

ありませんでした

また

かまいたちねと

納得したものの

生き霊のことを調べてみると

アザや傷ができる

ということが

書いてありました

ちなみに

かまいたちは妖怪で

3匹いるそうです

一匹目が

ひとを転ばせ

ニ匹目が

かまで傷をつけ

三匹目が

お薬をぬるそうで

だから痛みを感じない

治りがはやい

などと言い伝えられています

なぜ切るのかしら

以前

お正月に

5色の糸が

毎年一本ずつ

わたしに絡まっていたように

何かを知らせているのではないかと

思いましたが

釘が

バッグなどから大量に出てくることも

ありましたよね

さすがに今回は

アザと傷

なので

わたしが

邪気にやられてしまったのか

という気が

しています

このはなしもまた

年末に

頭大丈夫?と

思うかたは

作り話だと思って

笑いながしてください

強力なお祓いなら

一時的に

生き霊が

いなくなるかもしれませんが

わたしのバワーや

相手の気持ちが

よくならないかぎり

おばけさんとそこは同じで

またすぐに

戻ってきてしまうので

自分で解決するしかないと

思っています

わたしって

物にやどる念を

読んでしまう時もですが

あたりやすいというのか

デリケートというのか

こういうの

なんていうのでしょうか

それにしても

はやく傷が治るといいな

ひとの念や思いは

間違えると

怖いということですね

あっこれ

自傷ではありませんので

痛がりのわたしは

そんなことはしませんので

安心してください

世の中に

解明できないもの

というのは

存在しているのでしょうね

いやわたし

こんなにのんきでいいのでしょうか














« ちょっと怖いはなし | トップページ | その方法しかなかったと思う »

コメント

こんにちは。
いろいろと大変そうですね。
私はそういう話は分かりますし、何かあると感じるのですが、
見たくないので見ないのか、見えないのかわかりません。
でも、ももさんは基本的に持っているのですね。
だからいろいろと大変なんだと思うのですが。

こういうとき、一般的には何か宗教的な支えがあるといいのですね。
でも、私はカトリックですが、令和に入って、
やはりというか大昔のカトリックと同じような問題が
今でもあるんだなということが分かるようになりました。
インターネットのせいですね。
いろいろと大変な時代なんだと思います。

2020年には何かが起こるといわれていますが、
何にもないかもしれないと思っています。
でも、起こるポテンシャルはあります。
ピンチはチャンス。
ももさんの負担が改善される機会があるかもしれません。
ボーイスカウトの標語に備えあれば憂いなしというのがありますが、
心の準備だけはして、あとは能天気に暮らしましょう。
嫌な人のためには最低限のことだけして。

ふうちゃん組様 こんにちは
ありがとうございます。
わたしの実家も旦那の実家も
真言宗なので、
仏教の考えかたを
身近に感じます。
おおらかに おおらかに
です(^_^)
生き霊は、
見えないですけれど
毎日
同じ場所で
パン パンという大きな
ラップ音が聞こえまして
何年もこのような状態ですが、
両手をパチンとして
空間を浄化しようとしたら
わたしが気づいたのを察知して
ひどくなりました。
お香やアロマは効果がなく
なぜか蚊取り線香の時だけ
しばらくいなくなりました。
とはいえ
見えないものに惑わされても
仕方がないので、
のんびりいきます。
ありがとうございます。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっと怖いはなし | トップページ | その方法しかなかったと思う »

無料ブログはココログ

momo

  • momo