« 入院に必要なもの | トップページ | 治療費の心配 »

2019年12月 6日 (金)

かかりつけで相談

しこりについて

どうしたらよいのかわからなかったので

かかりつけの内科に行った

行ったのが寒い雨の日で

オンライン予約の

病院なのだけれど

診察時間がかなり長い

何番かのひとが

二人くらいはいたみたいで

自分の順番前に来院したはずが

壁に表示されている番号が

ぴくりとも進んでいなかった

待合室には

咳をしているひとが多くて

今回はわたし

喘息治療じゃないから

お天気の良い

他の日でも良かったのに

急ぎ行った方が

良いのだろうと

予約して

きてみたものの

この状況

病院に病気をもらいにきたみたいで

わたしはもちろん

次男にうつしてしまっては

大変だから

嫌だなと思った

もう少し自宅で

順番が来るまで

待機しておけば良かったけれどと

後悔しながら

椅子に座り

マスクをして

背中を丸くしていた

これだけ

熱だの咳だののひとがいると

普段は

自分のたんがらみの咳が原因で

道やスーパーを歩くと

まわりのひとに

ふりかえられたり

パッと離れられて

ぽつんとひとりになったりするのだけれど

病院だと

目立たないなと

突然

仲間意識のようなおかしな感情が

わたしに芽生えてきて

安心して咳をしていたら

結局

待合室でも注目された

やはり

危険な病気の咳に聞こえるのね…

けれど

待合室のひと達は

わたしよりとてもつらそうで

わたしなんて

ほぼ毎日こんなだから

今日みたいな冷たい風の日は

すぐに咳

ほこりなんて

ふわりときただけで

ひどいことになるわけで

それも

何年も何年もだからね

それでわたし

慣れていて

つらいと思わなくなっているかな

これってつらいのかな

などと

考えているうちに

順番がきた

診察室に入ると

ドクターが

どうですか?とおっしゃったので

先生

今日は喘息ではなくて

しこりなんですと

説明した

すぐにドクターが

がしがし がしがしと

触診してくださった

胸にはりと痛みがあったから

痛かった 涙

ドクターから

よくわからなかったから

ガン専門の病院に行ってきてと

言われたので

紹介状と地図をもらって

帰宅した








« 入院に必要なもの | トップページ | 治療費の心配 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 入院に必要なもの | トップページ | 治療費の心配 »

無料ブログはココログ

momo

  • momo