« なかった? | トップページ | 人質みたいな »

2020年5月29日 (金)

薬が違う

長男の診断名と

処方されている薬が違う

ということが

兄と姉の指摘でわかった

前記事のように

専門の病院まで

わたしは送っただけで

付き添いは

旦那だった

病院ではいつも

なにもしない いなくなる

旦那だから

だいたいのことは

長男がひとりでやったみたいだけれど

報告は旦那から聞いた

そこにいたるまでの

わたしが

かかりつけのドクターから

直接聞いて兄や姉に報告した

はなし

処方は

何もおかしな点はないそうで

ドクターも

わたしも

間違っていないとのこと

旦那の

病院でのはなし

診察の様子が

どうしても

つじつまが合わない

こんな時いつも

旦那は

間違えたり

嘘をついたりする

今までの悲惨な出来事

そのせいで次男がはやく帝王切開になった

ことを考えると

何かまた

旦那が間違っているのかも

というはなしに

わたしたちの間で

なった

長男の体調をよく観察するようにと

兄や姉から言われた

兄は

以前わたしが入院した時も

処方された薬の量が

桁違いで

死んでいてもおかしくないと

教えてくれたのだけれど

今回もまた

これはおかしいと

教えてくれた

長男の体調がよければ

自分でしっかりやれると

思うのだけれど

今回のようなひどい状態では

付き添いがしっかりしていないとね

さまざまな理由があって

そうしたものの

わたしが付き添いで

病院に入ればよかったと

後悔した








« なかった? | トップページ | 人質みたいな »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« なかった? | トップページ | 人質みたいな »

無料ブログはココログ

momo

  • momo