« デマだった | トップページ | 話してくれない悲しみ »

2020年6月 1日 (月)

信じてもらえない辛さ

わたしが神経質で

旦那はそうではないと

なぜか初め

ドクターや

相談員さんには

思われやすかったのだけれど

実は

旦那がかなりの神経質で

わたしはどちらかというと

ずぼら

というのが事実

それは母親だから

子供に何かあれば

心配はするでしょう

心配しない方がおかしいのでは?

というのが

事実だった

だけれど

前ドクターに

お母さんが心配しすぎなのでは?

事実は違うのでは?と

言われていた時期があって

社会的に信用があり

外面がよい旦那だから

わたしのはなしは

信じてもらえない

子供たちを助けてもらえないという

どうしようもない時間が

長く過ぎていった

現実を認めたくない

世間体を気にする母からも

あなたがワガママなのでは?

旦那は悪くないのでは?と

言われてきたので

DVや虐待が

本当はたいしたことではない

のではないか

世の中に

旦那のようなひとは多くいて

わたしが

我慢すればよいだけなのではないか

わたしのやり方が悪くて

わたしがおおげさで

わたしの不安が強くて

わたしがおかしいのではないかと

思うようになった

夫婦の問題は

片方だけが悪い

ということはないと思う

だけれどどの程度

旦那が間違っているのか

ということが

どんどんわからなくなっていき

子供にさまざまな症状が

現れてくることだけをみて

その部分だけ解決しようとしていた

« デマだった | トップページ | 話してくれない悲しみ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« デマだった | トップページ | 話してくれない悲しみ »

無料ブログはココログ

momo

  • momo