« 話せない日々 | トップページ | ふたりのことを相談してきた »

2020年6月 1日 (月)

正しいばかりがよいとはかぎらない

わたしは

自分の気持ちの整理と

同じ悩みのかたのヒントになるといいな

という気持ちで

あれこれここに書いているけれど

たいして何も

できていないと思う

旦那は

長男には

大きくなるまで身体的虐待

次男にはネグレクトということを

してきた

虐待を目撃した次男は

2歳くらいから

外に出られなくなった

息子たちはふたりとも

わたしを守ろう

助けようとしてくれていて

わたしを助けられないことの

辛さ

虐待も

わたしが我慢していることも

自分たちのせいではないか

という思い

あるのでしょうねと思う

長男は今

自立しようと

頑張っている

次男は

尊敬できる担任や

信頼できるドクターに

恵まれた

できれば長男も

カウンセリングを受けた方が

よいと思うけれど

なかなか難しい

わたしや家庭の改善は

ささっとやりながら

息子たちのことは

ゆっくりとやっていきたいと

思っている

わたしの

今までのやり方が間違っていた

のかもしれないけれど

気づいたら改善してきたので

それは

間違っていたら

間違っていたなと思うくらいで

さほど気にならない

もっと丁寧に

子育てをしたらよかったわと

後悔することは度々ある

離婚したらしたで

離婚してほしくなかったと

子供たちは思うかもしれない

離婚しなかったらしなかったで

離婚して欲しかったと

子供たちは思うかもしれない

不登校の子をもつ親のかたがたと

話していた時に

学校に行きたくないと

子供が言った時

わかったと言ったひとと

取り乱したひとがいて

わかったと理解したひとの方が

一見よいように

思えたのだけれど

後に

取り乱して無理に連れて行って

欲しかったと

子供に責められたそうで

かたや

取り乱したひとのなかには

やりすぎて

親子の信頼関係が

なくなってしまった

と嘆くひともいた

どちらがよい

なんてことは

本当にわからないことだわと思う

家族が全員仲良く

家族が全員うまくやらなくてはと

考えていると

みんなつぶれてしまう

誰が悪い

誰が悪くない

というわけではなく

それなりに

生きていければいいかな

良くなれば

やり方がよかったということで

悪くなれば

何かやり方が違っているから

他のやりかたを考える

という具合にね








« 話せない日々 | トップページ | ふたりのことを相談してきた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 話せない日々 | トップページ | ふたりのことを相談してきた »

無料ブログはココログ

momo

  • momo