« 話してくれない悲しみ | トップページ | 正しいばかりがよいとはかぎらない »

2020年6月 1日 (月)

話せない日々

コメントの返信が

うまくまとまらず長くなったので

記事にしました

よかったらお付き合いください

*****

次男のドクターが

長男くんは

(虐待のために)遅れてきた思春期だから

ねーねーとか

お母さんから言わない方がいいよと

おっしゃっていたので

3年前から

長男にやたら話しかけたりせず

とにかく

そっとしておくようにした

次男からみると

長男は

わたしのことをひどく嫌っている

うまくいかないことを

全部わたしのせいにして恨んでいる

という状態で

わたしも

同じように感じていた

長男は

最初はうるさいだの うざいだの

しゃべっていたのだけれど

以前記事にも書いたように

わたしがどれだけクズか

というはなしをしてきて

暴言を吐き続けていた

それがひとしきり終わると

わたしのことを最低の人間だと言って

その後

ひとことも話さなくなった

まだうるさいだの うざいだの

言っていた時の方が

よかったと思う

言わなくなるというのは

SOSを出さなくなるということ

だと思うからね

その後

完全にわたしを拒絶した

以前は鬼の形相で

わたしに殺意を感じていると

話していたけれど

最近はずっと無表情

無言で歩いている

わたしのことを

女神様?のように

思っていたところから

フードプロセッサーのもめごとがあり

長男はわたしに

殺意を感じたそう

次男の拒食症も3年なので

長男がまだ多少話していた時

これも記事に書いたことなのだけれど

わたしは次男の拒食で大変だから

おれはいい

わたしに迷惑をかけたくない

だから返事をしないと

言っていたこともあった

姉は

恨む相手が違う

本当は旦那を嫌っているのに

わたしが言いやすいから甘えて

旦那に言いたいことを

わたしにぶつけているんじゃない?と

言っていたけれど

長男が

ひとことも話さなくなってからは

一緒に生活するための

最低限の伝達もできないので

旦那のこと 長男のことと

いやほんとに大変だねと

話している

わたしは最後に

長男が理解してもらえる

話したいひとに話したらいいよと

伝えたので

それからは特に

無理には話しかけていない

途中アカ☆ラのことが

あったので

今ほどではないけれど

返事をしてもらえなくて

困った

無視している様子が旦那と似ているので

わたしを無視してもいいんだと

なっているところも

あるのかもしれない

今回の病気のことは

熱があるの?に始まり

どれも返事をしなかったので

ほとほと困り心配した

次男は

いつかママが

どれほど大変だったか

頑張っていたか

お兄ちゃんを大事に思っていたかを

知らせて

お兄ちゃんを叱っておく

お兄ちゃんみたいに

自分が損をすることは

わざわざしないと

話している

わたしとしては

日常会話ができない不便さも

あるけれど

長男に運んだ食事が

部屋で腐っていることが

今のところはショックなことかな

« 話してくれない悲しみ | トップページ | 正しいばかりがよいとはかぎらない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 話してくれない悲しみ | トップページ | 正しいばかりがよいとはかぎらない »

無料ブログはココログ

momo

  • momo