« ふたりで入ってみたら | トップページ | 怒鳴り散らされる »

2020年7月26日 (日)

間に合わない怖さと都合

長男の体調が悪いのに

やけに

検査までの日数が長いことを

疑問に思っていた

姉にも指摘された

旦那が

知らない

予約できなかったからだ

最短だ

などと返事をしてきたから

そうなの?と

思っていたけれど

検査予約の紙を

よく見ると

診察日当日の予約が書かれていて

それが消してあり

5日後に変更されていた

普通は

体調が悪い時

病院に行くと

そのまま検査をして

その後結果を聞くと思う

紹介状をもらい

その日のうちに

別の病院に行くこともあるよね

旦那は

長男に

病院に何時に行く

などと言われると

都合が悪くても

何も言えず

そのまま

変更できないひと

なのだけれど

日程が決まっていない場合は

長男の都合にあわせる!と

偉そうにわたしに向かって

言いながら

長男の予定など

ひとつも聞かずに

自分の都合にあわせていた

だからこんなに

検査が一週間二週間先に

なっているのだわ

前回

これを隠していたのねと

わかった

早期発見 早期治療

病気が進行してしまったら

などと考えない

旦那の自己中心的な思考と

相談できないところに

いつもながらだけれど

ショックを受けた

わたしや

息子の病気が悪化した時

いま動く

がない旦那が

病気の私たちを放置して

手遅れになるのが

これまた

いつもながらだけれど

怖くなる

相手の都合を聞いて

自分のお仕事などの都合を伝えて

どうするか相談する

ということが

旦那は

家族全員と

できていない

わたしと息子たちが

自然にやっている

都合をあわせる

ということが

できないのだと思う

もし喘息なら死んでいたかな…









« ふたりで入ってみたら | トップページ | 怒鳴り散らされる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ふたりで入ってみたら | トップページ | 怒鳴り散らされる »

無料ブログはココログ

momo

  • momo