« 突破口を探る 3 | トップページ | 踏み台にして捨ててくれていい »

2020年7月30日 (木)

突破口を探る 4

さらに

今我が家の問題で

わたしがほとほと疲れはてたことを

話す

姉とは相談できているけれど

両親はいまだ

DVや虐待を

認めたくない気持ちでいる

解決方法が見つからず

父が

生活費を援助してくれて

やってきた

これは

両親が甘い 

わたしが両親に依存

自立できていない

というものではなく

(多少それはあるのかもしれないけれど)

他に方法が見つからなかった

けれど

両親が亡くなった時に

私たちがどうなるか

両親が心配している

という内容と

旦那の

放置しろ キレキレ事件

付き添いの役目をしていなかったこと

提出していない書類

喘息ではないキレキレ事件

帰って電話するからの

しないけれどキレキレ事件

息を吐くように

嘘をつくつく

何もなかった 触るな事件

毎日キレキレ事件

さっき言ったよね事件

などなどについて話してみた

事件と書くのは

どうかなとも思うけれど

(まとめる意味合いで)

すると先生から

親権の心配があるなら

9月始めまで待って

それからDV相談に行き

生活費の補助や

住むところ

いざという時に

逃げるための

安心材料を聞いてみたらどうでしょうか

今まで

いざという時が

何回も来ているけれども

いざという時の

というお話があった

ドクターには

まだご相談できていないので

わからないのだけれど

ドクターからは

なるべく離れて生活しながら

旦那に

巻き込まれないようにする

外を見る

家庭をこわすのは大変なこと

だから

旦那は

そんなひとだと思って

気にしないのがいいのかな

というアドバイスは

いただいていて

おそらくドクターは

次男に負荷がかからないよう

次男を守るわたしにも

負荷がかからないよう

次男が安心して食べられるように

アドバイスされていると思う

今回ご相談した先生は

また

立ち位置が違うので

このようなアドバイスだった

でね

わたしとしては

どうにか突破口を見つけて

今の状況から

脱け出したいので

さまざまなアドバイスのなかから

自分なりにチョイスして

動かないことが

子供たちのためになるなら

動かない

また

動くべき時は

動いていきたいなと

思っている





« 突破口を探る 3 | トップページ | 踏み台にして捨ててくれていい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 突破口を探る 3 | トップページ | 踏み台にして捨ててくれていい »

無料ブログはココログ

momo

  • momo