« 何もなかった&触らないで | トップページ | 間に合わない怖さと都合 »

2020年7月26日 (日)

ふたりで入ってみたら

結局検査も

旦那が

休日ということで

俺が行くと言い張ったので

駐車場が満車だといけないので

という理由をつけて

わたしも行くことにした

病院に向かう途中

ナビでもわかりにくそうな場所

だったので

車のなかで

病院の場所はわかる?と

旦那に聞いたら

あぁん!

わかっているけれど!と

にらまれた

めげずに

駐車場の場所も?地図があったよと

聞いたら

わかっているけれど!と

さらにキレながら

にらんできた

長男が地図を持っているので

旦那と見たのかなと

思っていると

病院が近づいてきた

すると旦那は

病院の場所や

駐車場の場所が

正確にわかっていなくて

道に迷い

ぐるぐるぐるぐるまわっている

時間に遅れそうになったので

わたしが長男と車を降りて

先に行こうとしたのだけれど

旦那が無視して

車を走らせ

あげくに旦那が

長男に

地図を見せろと言い出した

はやめに

家を出ておいて良かったと

わたしは思った

駐車場になんとか入ることができて

旦那に

先に降りてと

言われたので

チャンスと思い

さっさとわたしと息子で病院に入る

目の前の駐車場なのに

やけに時間がかかり

後から

旦那が病院に入ってきたので

検査に時間がかかるから

帰ってもらってもいいよと

言ったら

出ていった

今回やっと

わたしが付き添いできたので

何も問題がなかった

最初からこうしていれば

良かった

コロナのことや

テレワークなど

いつもとは違う環境下で

長男が返事をしてくれない

旦那の方がいいのかな

というわたしの迷いが

いけなかった

長男もわたしも

お互いに

遠慮していたのかもしれない

長男は

病院のことは

ひとりでできるけれども

初めてのことで

体調も悪いのだから

心細いと思う

ふたりになってから

わたしから

わからないことは?と

聞いたら

長男が

別にないと

返事をしてくれた

わたしは

返事をしてくれたことが

めちゃくちゃに嬉しかった

でも

長男が嫌がるだろうから

ごく普通にしていたのだけれど

心の中では

ヨッシャー(’-’*)♪と叫んでいた アハハ

旦那は

長男の

医療費の支払いをしないけれど

わたしの貯金が少しあるので

次回もなんとか

ふたりでやっていきたい




« 何もなかった&触らないで | トップページ | 間に合わない怖さと都合 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 何もなかった&触らないで | トップページ | 間に合わない怖さと都合 »

無料ブログはココログ

momo

  • momo