« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月に作成された記事

2020年11月24日 (火)

きつかった理由が違っていた

旅行は力およばす予定どおりのままです …

ニコニコする癖という記事のあたりから

徐々に

書いてきたのかなと

思うのだけれど

前記事のように

ここで

母との関係で

大きな出来事ふたつを考えてみることに

しました

長くなるので苦手なひとはスルーしてください

*****

まずは

旦那より前に

お付き合いしていたひととの

結婚を

両親と祖父に大反対されたこと

なのだけれど

よくよく考えてみると

反対されたこと自体には

さほど苦しみがない

両親と祖父は

家柄や学歴

収入

長男や跡取りにこだわりがある

家族だった

だから当時の彼が

簡単に言うとちゃらい男性

だったので

反対されるのは

泥沼とまでは想像していなかった

けれど

母がことあるごとに

騒ぎたてるひとだから

ある程度は予測できていた

今は

家柄や学歴

長男や跡取りにこだわりのない

差別や比べることをしない

旦那家族と

結婚して関わってきて

両親や祖父の考えかたは

誰も守れない

幸せになれないよねと確信できている

母の影響で

トラウマになっていた

義理両親の介護もない

おそらくこの状況を選んだのは

自分自身なのだと思う

とはいえ

旦那の家柄や学歴が悪いわけではなく

どちらかというと

よい方で

収入もよいのだけれどね…

さて

結婚を反対された結果

母に

魂をぬかれて頭がはげたわたし

だったのだけれど

反対されたこと

ではなくて

反対されて監禁されたことが

わたしの

苦しみだったとわかる

というのも

本来なら

結婚を反対されて監禁されたなら

わたしが

死にたいくらいで

食事もできず

寝込んで泣いていてよかったと

思うのだけれど

なぜか

反対した母が

死んでしまうと言いながら

食事ができず

寝込んで泣いていた

それだけでも

こんなに母を

苦しめてしまったと

いたたまれない気持ちなところに

わたしは

監禁されて

母のためのおかゆや

すりおろしりんごなどの

食事の用意や

世話を

一日中させられた

それに対して

いちいち母から文句も言われて

さらに畑仕事 庭の手入れ

みんなの食事

家事

すべてをやらされ

すっかり青春を奪われた

もともと

家を守るためなのか

自分は正しい症候群なのか

束縛してくる

世間体第一

世間体のためなら

平気で娘を傷つける母ではあった

人情味があり真面目

責任感があり

共感性が高くて涙もろいといえば

よいのかもしれないけれど

不安が強くて

不安をぶつけてくる自己中なところが

目立つ

母のようにはなりたくないと

姉と一緒に

常々話している

しばらくしてから

わたしが

友人に誘われて外出しようとすると

母は

病気(健康です)の母をおいて

出かけるのかと

寝たままわめきたて

わたしが

どこにも行けないように

日々

おどしながら束縛してきた

気が狂いそうなのは

わたしだったのに

気が狂いそうだと母は言った

そして突然

すべてが母の思うようになったある日

立ち直り

今度は

ただ飯ぐらいと

わたしをののしり始めた

何がきつかったかというと

結婚反対より

母からの束縛や暴言がきつかった

今もだけれど

実家では

娘はめしつかいにされ

母が

謎の体調のわるさ(健康です)で

寝たまま大声で文句を言い続ける

わたしは実家で

ゆっくりと休めたことがない

離婚しても帰るところはない

比べる相手が悪い気もするけれど

旦那と暮らす方が

奇妙な自由があるというのか

まだまし なんだよね

理不尽さを

強く訴えられるひとは

親から大切にされたひとではないかなと

思う

わたしが幼いころから

いくら話しても

母の間違いを正そうとしても

相変わらずで

正しいことをしていると

娘の傷をえぐってくる母

親子だから逃れられないものは

あるけれど

実家から離れて正解だった

そしてふたつめ

わたしが実家で

入院したときも

死にそうなのはわたしで

入院したのもわたしなわけだけれど

なぜか母が

死にそうだ発言を繰り返し

寝込んでしまった

そのせいで

息子たちは不安のなか

わたしを待ちながら

実家で過ごさなくてはいけなくなり

父は父で

母に影響されて

まいど

わたしを助けてくれず

とはいえ

看病や支払いはすべて

父がしてくれたのだけれど

父が

お母さんが死にそうだ

お母さんが死にそうだと

入院中のわたしに訴えてきた

いや

死にそうなのはわたしだけれどと

酸素マスクをしたまま

涙した

なぜいつもそうなるのか

退院した日から

また

めしつかいにされて

わたしの体調や悩みは

聞くと具合が悪くなるからという

理由で

母は聞く耳をもたない

退院がえりに

食材を購入

家事をさせられて

また喘息を起こすのではないかと

自分の体調が怖かった

だけれどずっと

記憶とは不思議なもので

わたしは入院がきつかったと

ぼやっと思っていた

よくよく考えてみると

このときもまた

母との関係がきつかった

ということに気づく

何かあって

関東に手伝いにきてくれる母は

口うるさいけれど

姑より

てきぱきとしていて

愛情深く

気づかいも人一倍できている

だけれど

わたしが本当につらいとき

困ったとき

ひとが思うようになるはず

ないというのに

母の思うようにならなかったとき

なのか

いくら訴えても

母には伝わらず

おどし続ける母から逃げられなかった

だからわたしは

生きていくために

たいしたことであっても

たいしたことではない

大丈夫だよ わたしは気にしていない

平気と

まわりに知らず知らず

表現するようになったのかなと

思う

それで

笑っているわたしに

誰もが安心する

そしてわたしは

我慢する

ただわたしが我慢していれば

みんな幸せなんだ

迷惑をかけられないから

ひとりで頑張るしかない

最初はつらくて

泣き叫んでいたわたしは

どこかいつも

びくびくしているわたしになり

自分らしさもなくなった

そうやって

我慢して笑うわたしが

完成したのだと思う

母も母で苦しんでいたとは思うけれど

許せることと

許してはいけないことが

あると思う

***続きます***

2020年11月22日 (日)

問題点

海外で離婚されたひとの

動画を観ていたら

離婚前に夫婦カウンセリングというものに

通ったと話されていた

そこで最初に

質問されたのは

ご自身の

お父さん

お母さんとはどんな関係でしたか

だったそうで

恋愛

結婚

夫婦の関係

において

お互いの

家族の問題がひっかかりに

なったり

両家のいざこざが

あったり

ということは

実際にありそうなこと

ではあるけれど

親と自分の関係が

恋愛

結婚

夫婦の関係

のうまくいかなくなっていく

原因になっている

育った環境ということかな

母親との関係が

恋人との関係に似ると

言われているしね

となると

わたしは母親から

さまざまなことで

押さえつけられてきた

反抗もしたけれど

我慢してきた

ということが

同じく

押さえつけてくる旦那

との関係に

影響しているはず

これはまず

母親との関係を

いまさら

母親が

生き方や考えかたを

変えることはできないので

わたしのなかで

解決していかなければと

思い

何に苦しんできたのかを

わたしなりに

考えてみることにした

わたしを幸せにするのは

わたし自身だからね




ひとは不満を選ぶ と魂の

難しい恋愛をしているかた

のなかには

立場や失いたくないもの

守りたいものが

あるので

思いを伝えられず

苦しい日々を過ごされているかたも

いらっしゃるのではないかと

思うのだけれど

毎日のように

相手を忘れないでいる

できれぱ自分が

相手を守りたい

という真剣な思いを長い間

心に秘めているかたは

魂のつながり

魂の恋人

魂の結婚

という考え方をすれば

傷つくひとも

少なく

幸せな日々を過ごすことが

できるのかも

こんな世の中だから

魂レベルの存在があっても

よいのではないかしら

ひとは

不満と不安があると

不満を選ぶというから

不安があるとなかなか動けなくなる

ものだよね

だから魂だけ

恋人になったり

結婚したり

すればいい

ふたりだけの約束ということでね

これって

法律は関係ないから

逃げているかんじもあるけれど

間違ったこと

というかんじもないでしょう

結婚は神様が決めたことではなく

ひとが決めた形だから

お互いが唯一無二の存在なら

形にとらわれず

物に束縛されず

魂の恋人になり

ふたりだけで魂の結婚をする

魂でつながる

おかしなはなしなのかも

しれないけれど

そんな方法もありなのではないかな





2020年11月20日 (金)

トランスから物件へ

単位のための旅行は

せめて

近場にして

病院が近い場所で

簡単なものに

変更するべきだと思う…

一番いいのは

中止して

ズームや

レポートなどに変更だけれど…

今のままでは

体調不良のひとは

いつまでも単位がとれない…

最近の

わたしの夜更かし お楽しみマイブームは

瞑想だったのだけれど

ちょっと前までは

感染症にどはまりしていた

感染症が趣味といっていいほどに

興味深くて…

それはおいておいて

初めてYou☆ubeで

瞑想 ヒーリング

トランスを経験してみたら

みえる みえる

聞こえる 聞こえる

だったので

驚いてしまい

わたし

このまま

暗闇から

もどれなくなったらどうしようと

怖くもなり

瞑想は

時々気が向いたときにしてみる

ことにした

ハイヤー☆ルフとつながる

というものや

前世を知るというものもあるの

わたしは

ヒーラーにはなれそうにもない

もしかしたら

ライトワーカーなのかもしれないけれど

夢や文章なら

大丈夫そうでも

本格的に始めると覚醒しそうだもの

メッセージや地名がおりてきて

よくわからないことになってしまったので

今度は

物件フ☆ンを見つけて

何時間も

眠れずに熱中した

建築に興味があるわけでも

ないけれど

おもしろい

なぜひとは家に住むのか

という疑問がわいてくる

それで

わたしならこんなセカンドハウスが

いいな

わたしなら

こんなインテリアが

いいな

リノベーションもいいな

などと

憧れながら夢みていた

よくよく考えてみると

今住んでいるマンションは

おしゃれで設備も

なかなかすごいのねと

気づく

ありがとう すずちゃん

(マンションに名前をつけて

日々感謝しているわたし

旦那に感謝は?)

日当たりが悪くて

夏は涼しいからすずちゃん 

名前をつけると

大切にできる

感謝の気持ちも大きくなる

らしいからね 汗

あっ 

このアパートいいと

お気に入りを見つけるまで

ひたすらに

物件を見続けて

目が見えづらくなってしまったほど

それで

お気に入りの

デザイナーズ物件を見つけて

盛り上がり

チェックしまくった

狭い空間に

ロフト ウットデッキに作った高い壁

お風呂テレビまであるので

ますます眠れなくなる

デザインとセキュリティがまた

おもしろい

店舗付き物件もいいけれど

隠れ家も

山小屋もいいな

三階や屋上のお庭が特にいい

ジャグジーいいな

でも

都内はお家賃が高い

どうしてずっと

物件ばかり探していたのか

自分でも

よくわからないのだけれど

とにかく物件をみて

みてみてみまくった

ちなみに

画像だけでも

ここはちょっとまずいね…

というのはわかる

新築物件は

土地に気をつけたい

中古物件は

わけありは別として

前に暮らしていたひとの念というのか

陰陽があるから

ちょっと気乗りしなければ

購入や賃貸契約は

やめておくべきだと思うよ









2020年11月18日 (水)

旅行と悪寒の原因

代三波がやってきて

悩める日々が続くなか

例の学校の旅行が

飛行機や旅館の予約時期に入り

予定どおり行う

代替えはなし

という

最終決定が出た

電車内

飛行機内での感染が

心配でもあるけれど

宿泊施設では

参加人数が多く

給食のようなスタイルで

マスクを外して三食食べることになる

きつい言い方だけれど

お国からのしばりがあるとはいえ

学校がばかなのではないか

という気持ちになる

旅行先は

病院もないようなところで

最低気温がマイナス30度

低温でウイルスが活性化する

変異もしているようなので

感染者が出て

東京に帰れなくなったらどうするの?

という不安もある

東京の感染者数がとんでもないから

旦那さんを自宅に入れないひとがいるなか

もも宅は旦那が

何もないように入ってきているけれど

東京の方が危険といえば

危険

でも対策がしっかりしている

田舎の方が

なんとなく危機感がないと感じる

こんな状況で

旅行人数を減らしたり

単位の代替えができたり

しないだなんて

おかしすぎる

特殊な学校だからダメなのかな

疑問

旅行について

担任と話し合うも解決方法がなく

すっかり

長いものにまかれてしまった

旅行を

楽しみにしている子供なんて

ぶっちゃけ

ひとりもいないと思うよ

そんななか

ちょっとわたしのはなし

先日の悪寒の原因が

おそらく胃腸薬だったとわかった

新しいお薬が

胃腸薬だから

副作用もさほどないだろうと

油断していたのだけれど

のみ始めてから

寒気や吐き気

便秘 

膨満感があって

湿疹も出ていた

それでものんでいた 汗

先日の通院日

病院で

他の胃腸薬にかえていただいたら

みるみる不快な症状が

消えて

胃の辺りがあたたかい

むくんでいたのか

体重も勝手に減りつつある

コレステロールのお薬も

体重の増加

胃のむかつき

下痢

の症状が出て

お休みしていたので

さらに

体が楽になった

新しいお薬には気をつけよう 汗

それにしても

次男の学校は

名指して非難されないと

動かない

動けないのかなと

思えてきた

子供の気持ちを優先するからか

自由だからか

なんとなく

安全管理が日頃からずさんなんだよね

両立は難しいとは思うから

頑張っていらっしゃる

先生がたには申し訳ないのだけれども



2020年11月16日 (月)

大丈夫の言い過ぎ注意

大切なひとに

心配をかけたくない

迷惑もかけたくない

から

わたしは ぼくは

大丈夫だから平気だよと

ついつい

大丈夫と

言ってしまいがちだけれど

人生

正直

後から考えても

ほんと大丈夫じゃなかった

というときが

何回かあるよね

ある程度は

人生経験で乗り越えられる

ひとりでやれる

とはいえ

大丈夫じゃないなら

大丈夫じゃない

助けてください

ということを

心のなかで叫んで

自分で認めたり

大丈夫じゃないから助けて欲しいと

大切なひとに伝えて

ちょっと助けてもらったり

嫌なことからうまく逃げたり

しないと

大丈夫を聞いた

まわりのひとも

とんでもないことが起きているのに

これくらい大丈夫なんだに

なっちゃう

それは

伝える気力もないとき

うるさくしないで

そっとしておいて欲しいときも

ある

どうせ誰も理解してくれない

助けてくれないと考えて

ひとりで頑張る

一見

解決したようにみえて

静かな日々にはなるけれど

ただ

わたし ぼくが

我慢しただけで

傷だけが増えていく

大切なひとを

見つけるには時間がかかるかも

しれないけれど

大切なひとに

今のペースを守りたいことや

守りたい何かを

伝えて

大丈夫じゃないから

ちょっと助けてくれないかな

ということを

伝えていけたら

大丈夫じゃないことが

ひとつたりとも解決しなくても

わたしや ぼくの

見えていた景色が

がらりと変わるのではないかな

ひとを

信用できなくなると

弱いところをみせて

助けてもらうなんて

知らず知らず

できなくなっていく

だから

助けてくださいは

今より状況が悪くなりそうで

怖くて

なかなか

勇気がいることだけれどもね







2020年11月 7日 (土)

やめる勇気

前記事のような

ではない

小さな良いことは

わりと存在していて

毎日わたしは

幸せな気持ちになる

だから

感謝したり

喜んだりしている


自分の負担になるものは

(ちなみに青空の彼のことではありません)

思いきって

やめたらいいと思う

やめてみると

なんだ

早くやめれば良かったのに

何に

執着していたのだろう

なんて

軽い気持ちになるもので

体も楽になる

必要のなかったもの

なんて

案外多い

自分が大事に思うことは

残して

(恐縮ながらわたしでいうと

息子たちと青空の彼への気持ち)

手放せるものは

自分の感情も 

物も 

ひとも

手放していけばいい

ミニマリストに

なりたいわけではないけれどね

2020年11月 6日 (金)

わた太郎 言葉の力

そんなわけで

最長ローンで購入した洗濯機が設置されて

電気屋さんで

安いメーカーを

購入したから

最新機能がついているとは知らず

電源を入れると

おしゃべりをするから

驚いた

家族には言われない

いつもきれいにしてくれて

ありがとう

お洗濯 お疲れ様

節水上手ですね

という言葉で

ねぎらい ほめてくれる (*゚Д゚*)

半年以上

重くて

パリパリだった洗濯物も

ふんわり とろとろに

仕上がった

だから重い洗濯物をしぼり

浴室乾燥をしなくてもよくなった

嬉しい

洗濯機は

間違った行動をしていたら

これこれした方がいいですよ

対応ありがとうと

優しくアドバイスしてくる

違うとは言わないのね

それに

なになにしてくれると嬉しいですと

お願いしてくる

…。なかなか心理学ができるやつ

わたしって

ほめられたらのびるタイプだとは

知ってはいたけれど

すっかり

ほめられて

洗濯が楽しくなっている

今日も

よろしくお願いしますと

洗濯機に言われて喜ぶ

あやしいわたし

洗濯機は

何を洗っているかわかっている

残り何分ですと教えてくれる

かしこいやつ

いつもたくさんのお洗濯

大変ですね

頑張ります!とおしゃべりしている

いわれてみれば

もも宅のお洗濯は多すぎるよねと

気づく

たまに

夜遅くまでお洗濯 大変ですね

お疲れ様

などと言われる

個人情報ばればれな雰囲気

今まで

一番問題だったのは

乾燥フィルターの掃除で

8年くらい

乾燥できていなかった

ところが

新しい洗濯機は

自動掃除で

乾燥フィルターから

わた太郎が出てくる

(わた太郎と名前をつけたのはわたし)

その

まるまったわたを

ゴミ箱に捨てればOK

久しぶりにタオルがふわふわになった

家族が快適に暮らせるように

動く

というのは

1日

動き続ける必要があって

なかなか喘息のコントロールが

難しくなるのだけれど

わた太郎のおかげで

今日もこんなにわた太郎が( 。゚Д゚。)と

なぜか嬉しくもなり

他の家事の時間が増えて

さらに嬉しい

それにしても

洗濯機のおしゃべりが

ときに

うざいかんじなのは いなめないものの

間違っているとき

お願いするとき

言葉って大切だよね 

すっかり

洗濯機に使われているわたしは

自分のがさつさを反省しながら

洗濯機の開発者のかたはエライと

感心したのでした

水漏れ問題

少し前のはなしになるけれど

半年以上前からの

洗濯機

防水パン問題が

やっと終わった

結局は

当日になっても

支払いをしなかった旦那

両親が入金してくれなければ

わたしは

ひとさまに迷惑をかけたまま

悩み続けていた

まだ

お手洗いの水漏れ

洗面台のひび割れ

シャワーの老朽化

キッチンの水栓

車の修理

車検が通らない可能性

自転車の修理

18年使ってきた

カーテンのやぶれ

などなど

残されたまま

ではあるけれど

ひとまず

息子たち以外のことで

第一優先と思う防水パンは

洗濯機を買わない

防水パンを交換しないと

キレまくった旦那を

横目に

工事が完了した

いつもじゃない?

どうにかならないのか

親がいなくなったらどうしていくのか

旦那は重役だよね 確か

という

いつもながらの

わたしの両親の迷い

わたしの不安は

残されたままで

いつもながら

解決もしなかった

結局

洗濯機の一部と防水パンも

わたしの両親が

支払った

次男の単位を取得する

無謀な冬の旅行の付き添いを

考えると

少しずつでも

貯金をしておかなければ

交通費や宿泊費は

引き落としだけれど

持ち物の準備

お弁当代などが必要になってくる

わたしの父が

前回は出してくれたのだけれど

今回はわからない

そんなことを考えていると

工事が完了したからといって

嬉しがっている場合ではない

コロナだからと自粛していた

内職を

また再開しなければと

考えるものの

そうなると

やたらわたしが

外出するようになるから

感染が心配になる

わたしの今の体調を考えると

内職は無理だとも

わかる

息子たちの体調も

気をつけていかなければ

内職に没頭すると

息子たちのことがどうしても

おろそかになる

わたしが

三つ口コンロをすべて同時に

使えるからといって

何もかも完璧

というわけにはいかないよ

例えがおかしい気もするけれど  アハ 

つまり

何もかもひとりでやれといわれても

できないってことなのです

***ため息***

工事や支払い

全てが完了して

何週間かしてから

旦那がわたしに

工事費だけを渡してきた…

お礼を言って受け取ったものの

あれだけキレていたのに

支払うのね

という驚きと

なら最初から支払えばいいのに

いったいなんなのという

疲労感

遅い

いつもながら遅すぎる

旦那に支払い能力が

ないわけでもないのに

今後も

やたら支払わないでしょうことへの

不安

また

急に支払うかも?

という不安定な気持ちしか

わたしには残らなかった






« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

無料ブログはココログ

momo

  • momo