« 死を忘れてしまったかのように | トップページ | 次に告白されたら受ける »

2021年4月29日 (木)

あまりのストレスに言葉が

この家庭でのストレス

根本から改善しないと

どうにもならないことは

わかってはいるけれど


わたしは

誰からも愛されていないでしょうね

不細工だし

性格も悪いし

大事にすることは

わかったようで

大事にされることは

諦めた

忘れてしまったわ

という


わたしの

どこか殺伐とした心のなかにある

思いから

知らず知らず我慢していて

そのままになっている

(自己肯定感 低すぎ)


男性なんて

みんな同じようなもの

女性が思う王子様とは違い

デリケートで弱い

他の男性に癒しを求めるのは

違う

わたしは思っているけれど


青空の彼について

心を

愛や喜びでいっぱいにしたいから

なるべく悪いことは

考えないように

しているものの


時々

むくむくと

こんなことを考えてしまう


結婚しているのに

誰かを好き

なんて言うやつ(わたし)は

信用できないから

彼はわたしと

関わりたくないでしょうね


ややこしいひとより

何もないひとがいいに違いない


わたしが彼なら

連絡はしない

だからもう

彼と茶飲み友達(老人風)

になりたい

だなんて夢は

捨ててしまった方がいい


何年も経過していて

わたしも年老いた

自信も勇気もない


いまさら

どうしたらいいのかわからない

そんなことを

考えてしまうと

幸せは近づいてこない気がする…



春になって

頭にタンポポでも咲いたのか

家庭内での

ストレスが原因か

最近

日本語がうまく理解できなくなった


かといって

日本語以外も理解できないけれどね


わたしは

相手の気持ちを

敏感に察知する

だから小さなことで悩む

びくびくする

わけだけれど


これは

神様からのギフトなのだから

まーよいのではないの?

なんて考える


コロナで

認知力が低下することがあると

聞いたから

思考停止は

それかな?

などと思ってみたけれど


次男も

日本語がうまく理解できなくなったので

あっ

最近の

旦那と長男の関係についての

ストレスか…と

思った


旦那の言動も

長男の苦しみも

わたしと次男

ふたりにとっては

助けてあげたくても

うまくいかないことナンバーワン

なだけに

耐え難いストレスになる


しばらくふたりで

頭がぼんやりするのは

解離しようとしているのかな

脳がさ

自分を守ろうとして

霧がかってくる みないなさと

話していて


お互いに

ん? は?

何言っているかわかんない

などと返事をしていた


返事の速度も

宇宙から中継してる?

というような

タイムラグがありすぎたので

これはもう

ふたりで笑うしかなかった


1ヶ月ほどして

さまざまなことが

急展開してきたころ

ひどいなか

安心できることも

でてきた


すると

急に頭の霧がはれてきて

次男がきれっきれの思考になってきたな

と思っていたら

わたしも

日本語が理解できるように

なってきた


感染していたのかな

それとも

あまりのストレスが原因の

離脱かな 

などと

ふたりで話している


どちらにしても

日常会話が理解できるようになって

たまに襲ってくる

頭の霧のようなものが

今のところ

晴れ 時々曇りなので

よかった


家庭内を改善していきつつ

静かに

できることをやりつつ

彼と茶飲み友達(老人風)

になりたい夢は

ギリギリ

持っておこう

« 死を忘れてしまったかのように | トップページ | 次に告白されたら受ける »

コメント

こんにちは。
よく女優さんは(年配の方でも)
「恋をするようにしています」といいますよね。
歌舞伎役者が「芸の肥やし」なんていうと問題になる時代ですけど、
やはりそういうことは大事なんではないかと思います。
気持ちは解放してあげてくださいね♪
最近は、マスコミも政治家も含めて、
正しい情報が外に出ない時代になったように感じています。
動画サイトやSNSも、自分達に都合の悪い言論は
消去するようになってしまったようですし。
それでも、なんとなくきなくさいです。
世の中が動乱になってくると、
きっと言葉は戻ってきますよ。
日常のことは、大きなことの前では
小さくなってしまいますから^^

ふうちゃん組様 こんにちは
いつもコメントを
ありがとうございます。
長生きされているかたは
恋心を忘れないでいるかたが
多いように思えますね。
わたしはわりと
知らず知らず我慢しているわりに
正直な思いを書いて
正直に生きている方かなと思います。
子供には、
幸せになってもらいたいので、
子供のやりたいことを
さりげなくサポートすることが
わたしの役目だと
思っています。
旦那のように自己中で
子供の邪魔をするようなこと
だけはしたくないです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 死を忘れてしまったかのように | トップページ | 次に告白されたら受ける »

無料ブログはココログ

momo

  • momo