« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »

2022年5月に作成された記事

2022年5月28日 (土)

バルコニーの手入れで 湿疹

スズメバチが

またくる と

聞いたので


ひとりで

バルコニーの手入れを

しようと

始めたら


腕に湿疹が出て

喘息発作も起こして


わたし

向いていない


と思った


無農薬だから

虫が いっぱいいた

ムカデみたいな虫

蟻の大群

ハサミのある変な虫


忘れな草が

群生して

野原のようにも見えた


廃墟のようにも見えた


日陰も多い


ナチュラルガーデンが

好きなので

わたしが

種をまいてきたけれど


バルコニーを

水で丸洗いすることを

最近していなかった


家のなかを

いつも掃除して

清潔にしていないと病気になる


お庭の手入れをしていないと

虫や蜂がくる


家事は ホント

家族が健康に 気持ちよく暮らしていく

ためのものなのだわ~

2022年5月25日 (水)

駆除完了 5

聞いてみたいことがあったので

駆除屋さんを

質問ぜめにしてみる


大木を切ったことは

バルコニーに巣作りしたことと

関係ある?


ありません


木屑を巣の材料にするから

近くに

よい材料があるな

というのはあったかもしれない


わんこがいなくなったことは?

関係ありません


薔薇は関係ある?


肉食なので 薔薇はさほど関係なく

虫が関係あります


植物をやめるべき?


やめても 日陰や隠れるところ

虫がいる

匂いの強いもの

があればきます

女王蜂が 探して 探して

巣の場所を

ここにと決めるので

なぜバルコニーに決めたのかは謎です


虫が少ない

新芽が多いのは

スズメバチのおかげ?


まだ

働き蜂が出ていないので

あまり 関係ありません


超音波

蜂の巣ころり

蜂の蚊取り線香

木酢 ハッカなど使うべき?


虫は少なくなりますが

スズメバチは気に入ったら

きます


一匹でいたら

女王蜂の可能性があるので

巣を作っています


みつばちは

見えるところに 巣を作りますが

スズメバチは

見えないところ

信じられないところに

巣を作ります


刺されると大変なので

巣を探して

業者を呼んでください


マンションに巣は できるの?


あまり

聞いたことがないですね


蜂の巣が高いところにあると

雨が多い

洪水がくるとは 本当?


災害を予知しているのは本当です

今年は

雨が多い可能性ありです


せっかく巣を作ったのに

かわいそう 気の毒でしたね…


集団で刺してきますから

駆除するしかないです


以上でした


怖かったけれど

蜂の生態や

自然について

興味深いことを

いろいろ学べて よかった


だけれど

女王蜂にも 卵にも

申し訳ないことをしてしまった


もし

もう一度

女王蜂に生まれてきたら

ひとのいないところで 

巣作りをして

コロニーを築いてほしいな

駆除完了 4

入り口横の

低い棚の裏側に 巣がありますと

伝えると


駆除屋さんに

よく見つけましたね

よく刺されませんでしたね とまた

驚かれた


とっくり型の口のところに

薬剤のようなものを入れて

ノコギリで

すぐに巣がとれた


やはり

巨大スズメバチは

女王蜂で

卵を産んでいた


これから 

働き蜂が出てくるところだった


働き蜂が出てきたら

一気に巣が大きくなり

幼虫と巣を守るために

集団で狂暴化する



ギリギリのところだった


だいたいが

働き蜂が出てから

みなさん気づくみたいで


女王蜂だけの

一番いいタイミングで

駆除できたそう


一匹で

一生懸命に作った巣が

われて

卵も放り出され

女王蜂は 死んでいた


一匹でやっと

ここまできて

さらに

卵を産んで

駆除されるなんて 気の毒すぎる


なんとか

違う場所に移動してくれないかと

駆除までの

短い間に

いろいろやってみたけれど


うちに

巣を作ったばかりに

駆除されてしまった


かわいそうで

なんともいえない気持ちになった

駆除完了 3

スズメバチがきたら

じっと

白い布をかぶるなどして

動かないで

なにもしませんよ

アピールするのが一番よいそう


よく

2回も遭遇して

刺されませんでしたねと

みなさんに 何回も言われた


駆除屋さんは

2回とも スズメバチは

わたしを

威嚇していたのだろう


わたしが動かないで

チェックを受けて

敵認定されなかったから

よかった


わたしと巣が近すぎるから

女王蜂の機嫌が悪かったから

何もしなくても

刺されていた とおっしゃっていた


宇宙服のような

白い防護服で

いざ退治

駆除完了 2

朝から

巣の下あたりで

蚊取り線香をたいていたのだけれど

効果がなく

匂いで 蜂を興奮させるので

よくないそう


ハッカ

木酢なども

多少の効果は期待できるけれど


女王蜂が

日陰 

隠れる場所がある

花より虫

空き缶のなかに 残った飲み物

ひとが通らない

などなど

ここいいな と思うと

巣作りを始めてしまうので

予防は

なかなか難しいらしい


なぜうちが選ばれたのかは

毎日いたわたしは

スズメバチに

なんだと 思われていたのか


自分で駆除しようと

スプレーをして

興奮したスズメバチが

でてきたとき


動いたり はたいたりすると

白い服でも

敵認定されるみたいで


最初の一匹が刺したとき

敵だ

という

フェロモンを出すらしく


それにつられて

他のスズメバチが

大量にやってきて

大量に刺される

ということらしい


女王蜂一匹

巣を見つけたら

駆除は 業者にお願いするべし

駆除完了

管理人さんに

巣の存在をお知らせしたら

すぐに その場で

お役所に電話してくださった

旦那が何もしないから

マンションに住んでいてよかったと思う


そこで

巣の場所 バルコニーが

うちのものなのか

共用部なのかで

もめる


一応 

共用部ではあるけれど

うちしか使用していない

という 微妙なところで


費用を支払うのが

管理会社なのか

お役所なのかで

ゴタゴタした


管理人さんが

また助けてくださり

駆除屋さんが

すぐに来てくださることになった


わたしは

慌てて

あちこちしていて

管理人さんが

外のはき掃除をしていたので

喘息発作を起こす


さらに

駆除屋さんが

わたしのせいで

管理人さんに注意されたと

何回も

愚痴ってきて

すみませんと言いながら

もやもやした


だけれど

スズメバチが

マンションのバルコニーに

巣を作る

ということが

まず

ないそうで


やはり

風水でいう

気の流れがよくなった

金運

幸運のお知らせなのではないか と

思った


もともと

金運にはさほど興味がない

けれど

幸運は嬉しいな

何もしてくれなかった

旦那に

スズメバチのはなしをしたら

スマホが持てないくらいに

手をけいれんさせ

駆除しろと言っただけで

何もしてくれなかった


このかんじ

アカハラのときも

そうだったな…


いつものこと

だけれど

スズメバチからも

家族を守らない


スズメバチの方が

戦って

巣を守っている


旦那がバルコニーに出たとき

刺されなくてよかったね

というわたしの言葉には

反応していたけれど


わたしや子供たちの心配

身の安全 

他は

無視だった


みなさんに

ももさん

刺されなくてよかったねと

言われたけれど


旦那からは

一度も言われなかった


旦那は わたしのこと

クマかなんかだと

思っている?

2022年5月24日 (火)

スズメバチの巣

巨大スズメバチから

うまく逃げた記事を書いたけれど

通りすがりの

スズメバチで

喉でも乾いていたのかしら

薔薇にきたの? と

のんきに思って


小さな薔薇に がんばれーと

声をかけながら

水やりをしていた 

 

なぜか最近

バルコニーの植物の

新芽の成長がすごくて

感激しながら

今日もまた

バルコニーで

水やりをしようとしたら

 

正面から

巨大スズメバチが迫ってきて

目があって

わたしが 逃げた


管理人さんに

巣が近くにないか

聞いてみたら

電話のときと同じ

また

スズメバチは

うちだけで

同じマンションの他のかたがたは

スズメバチを

目撃していないとのこと

 

以前

駐車場で

マンションの庭師さんが

怒った蜂に

刺されたことは

あったそう

 

ここ最近は

巣もないとのこと

 

管理人さんから

スズメバチ

一匹だけなら

お役所は駆除に来てくれない

 

一匹なら

巣があると 考えにくい


薔薇を家のなかに入れて

一応

巣を探してみたらどうか と

言われ


薔薇を入れる前に

まず

バルコニーの

棚の裏側をみたら

とっくり型の

スズメバチの巣が

完成していた

危険すぎる


次男が

一匹でいるのは

女王蜂ではないかと

言うので

女王蜂の画像を

調べてみたら

まさに 

大きな女王蜂だった


女王蜂は

一匹で巣作りをするらしい

一匹で

あんな美しい巣を作り上げるなんて

偉い

駆除することになったら

申し訳ないな


これから

卵を産み

働き蜂が

狂暴化していくのでしょうか? 


バルコニーの出入口から

巣まで

30センチもない

毎日使う水道からは

20センチもない

 

マンションで暮らして

20年

スズメバチを見たことがなかった

しかも巣なんて

見たこともなかった

 

マンション前の大木を

お役所が切ったことが

関係しているのかな


なぜ切ったのだろう

風がふくようになり


うちの

虫除けの ホワイトセージが

風で折れてしまった

折れた方がよかったのかも


カマキリの卵

ハチの巣の位置は

災害と関係あるみたいだから

今年は

洪水があるのかもしれない

 

次男が

うちが

廃墟みたいだからではないか と

ひとこと

 

確かに

うちの横や上の階のひとは

うちより

薔薇や花が咲いているので

なぜうちなの?と思ったけれど

 

無農薬で

虫がたくさんいるから

肉食のスズメバチにとっては

管理された庭より

いい環境

 

さらに

いつも静かで ひとの気配もない

廃墟っぽい

 

メジロの次は

シジュウカラの雛も

バルコニーに来ていた

 

スズメバチは

益虫だけに

駆除をお願いするのも

ためらわれる

 

最近新芽が育ったのは

スズメバチのおかげかも

 

だけれど

巣とわたしが近すぎて

刺されても困る

3回目だから

アナフィラキシーも心配

 

どうしたものか

食べちゃうとか?

 

とりあえず今日は

パッと

蚊取り線香を置いてみた


コーヒーが嫌いというので

いれてみた


調べてみたら

スズメバチ用の蚊取り線香

蜂の巣 ころり

嫌がる超音波

木酢なども

販売されている


ハーブや

ミント ハッカ

アロマでためしてみながら

 

管理人さんに

巣を見つけたことを

相談してみよう

 

なぜこんなに

小鳥や蜂がきたのかな

 

小鳥がくる家

蜂が巣を作る家は

気の流れがよくて

縁起がいいらしいけれど

2022年5月23日 (月)

物をさわると

スピよりな内容になっています

苦手なかたは

スルーしてください

*****


予知夢で

いろいろなことを知ったり


物をさわると

使用していた過去のひとの

記憶が

入ってきたり みえたり


夢で映像として みえたり

してきたわたし

だけれど


最初は

生前の形見分けで

親戚の念がみえたくらい

だった


ショップを始めてからは

古いものを 手に取ることが

増えてきて

この記憶 念は誰?

みたいなことも 増えてきた


さらに最近は

信じきれてない部分も

あるのだけれど

青空の彼との

シンクロニシティーも

感じるようになった


ひとさまの役にたつようなことは

未熟なわたしには

無理だと 思ってきた


癒し系だと

まわりから言われることが

多かったけれど

わたしが

ぼんやりしているからだろうと

思ってきた


1日 1日 大切に

息子たちを 第一に考えながら


ひとそれぞれ

向き不向きがあり

使命を持って生まれてきて

やるべきことは 決まっていると

思うので


得意なことで

誰かを癒していけたらいいな


まずは

わたしが癒されて

余ったものでないと

ひとを癒すなんて できないんだけれど

2022年5月22日 (日)

ヒーリングで

となれば

外で働く

も考えたけれど

病気のことを考えると

無理は

できなさそう


だから

ヒーリングで 生きていく

ライトワーカーになる

いつくらいからだったか

考えるようになった


絵はまた

描きたいとき がきたら

美しい

自然の風景画を

描いているでしょうね と思う


以前は

ショップをやりながら

写真に詩をつける

ということが

どちらも 

得意なことで 生き生きとできて

楽しかった

ショップは人気で

少し

収入にも なっていた


でも

ショップを始めてから

子供との時間が

おろそかになった

真面目 丁寧にやりすぎて

ショップのクレーム対応にも追われた


写真に詩をつけることは

5000円のカメラが壊れて

できなくなった

詩も 

浮かばないようになった


わたしは

以前から

スピリチュアルや

ヒーラー

ライトワーカー

占いに

興味があって

実際にも やってきた


ショップは夢だったので

落ち着いたら

細々続けたい


写真と詩は

過去のものをYou☆ubeで

公開しながら


ゆっくりと

ヒーラーの準備を

進めている

そのうち

タロット占いも 公開しようか

(歌もね) と

考えている


今まで

スピリチュアルのスイッチを

切ってきたので

うまくいくかは

わからない


生き霊に 

体を傷だらけにされた

過去もあり

波動が低いと

タロットで

低級霊を呼んでしまう


人気の占い師さんでも

負のオーラで

低級霊に騙されているひともいる


占いは

水先案内

悪いことを話して

依存させるのではなく


相手が

前向きな気持ちになれて

幸運を呼び寄せられるよう

占うべきだと思う


そのあたりを気をつけながら

進めていきたい


ただし

なにもしないも 

選択肢に入れておき

体を休める

病気を優先する

やめる を

忘れないように

決めていきたい

絵を描いてみようとしたら

わんこが

虹の橋をわたる前に

夢の中で

絵を描いて 養いなさい

という

啓示のようなものが

あったので


目が覚めてから

わたしの将来の夢は

絵描きさんで

父に応援されていたのだけれど

姉に

絵描きさんは 死んでからじゃないと

儲からないと

言われて やめたんだよね 笑

と思い出して


絵か…

パステルで描く

天使や薔薇 蝶々みたいな絵は

どうだろうと

姉と話していた


姉は

わたしが

絵で賞をもらっていたのを

よく知っているので

上手だし

すぐに描けるんだから

絵を父にプレゼントしたらどうかと

言った


めんどくさ

真面目にめんどくさい


できない


その後

わんこが虹の橋をわたり

夢のことを思い出して

わんこの元気な姿を

描いてみようか

という気持ちになった


前々から気にしていた

メ☆カリで

犬の絵を販売しているひとの

絵を眺めてみたり


姉が飼っていて

亡くなった犬の

元気な頃の姿を描いて

プレゼントしたいと思ってみたり

して


描いてみようと

犬の絵の描きかた本 を参考に

描いてみたら


それは それは

へたくそすぎて

大爆笑してしまった


よくよく考えてみたら

賞をもらっていたのは

すべて 自然 

緑を描いた風景画だった


あれま

いいお母さん

長男と次男を

同じように愛しているのに

長男には

愛が伝わらず

次男には

伝わっているように感じる


長男に

嫌われるからやめておくけれど

愛を伝えたい はぐしたい アハハ


それに

なぜか

わたしは

長男にとって

いいお母さんでいなければ と

思っている


次男には

いいお母さんじゃなくても

いいよね と

思っている


いいお母さんで

いようとすればするほど

わたしの態度は

ぎこちなくなり

許されないような気がして

緊張して 

おかしな失敗をする

踏み出せなくもなる


不安定な気持ちは

子供に伝わる


いいお母さんとは

いったい なんだろう…


世の中からみて 

いいお母さんなら

たいして いいお母さんではないと

思う


よくみられたいだけの

お母さん

なかみが ない


お母さんだって

最初は子供だった

子育てが得意なひとと

そうでもないひとがいる


子供のためと いいながら

自分のために

動いている

子供を自分の所有物にしてしまう

お母さんもいる


わたしは

わたしの母に

してもらっていないことを

子供にしてあげたいと

なったとき


見本がないので

自然にはできず


好きでしていた

自然と体と心が動いていた

ことも

あったけれど

頑張らなければ できないことが

多かった


それは 

手探りで

結局は

母のような

口うるさいお母さんだったと思う

反省


これはありがちなこと

だけれど

長男からは

次男ばかり かわいがっている

になり

次男からは

お兄ちゃんばかり 甘やかしている

になっていた


わたしは ふたりに

差をつけているつもりはなく

どちらも 同じように

かわいい


ありがたいことに

ふたりとも 大人になった


ふたりが 

いてくれるだけで

わたしにとっては

幸せなこと


わたしはわたし

緊張しないようにしても

緊張するもので 


大切にしようとして

失敗することも

愛があふれすぎて

傷つけてしまうこともある


緊張しても

失敗しても

そうなるよね

くらいにして 


自分で

自分の気持ちを受け入れていたい

解決しないでおく 解決

言い訳をして

問題や自分の気持ちから

逃げるひとは 

そんなひとなんだなと

思うけれど 苦手


なら

寄り添うひとは

というと


何か問題が起きて

それを知ったとき

大切なひとが困っているなら

苦しんでいるなら

なんとか解決してあげたい と

思うはず


だけれど

解決してあげたいは

よからぬ方向に進みやすい


必要とされているかどうか

わからないのに

言葉が多くなり

おせっかいで うざい になったり


相手を

心配していると思いながら

自分の不安をぶつけているだけ

だったりで


結果

何を言っても

相手を傷つけてしまう


ドクターみたいに

つらいね

と共感したいけれど

自分が

つらいや悲しいと言ってしまう と

相手が

どんどん落ち込むのではないか 

という自分の不安から


落ち込んでおいた方が

いいのに

一気にハッピーになれないかと

答えを探したり

他のひとよりまし

もっとつらいひとがいる

頑張らなければいけない と

マイナスの言葉は 悪い言葉と

思いすぎて

声をかけるひともいる


言われた方にしてみれば

自分が悪いのか と

傷ついてしまう


ひとそれぞれ 感じかたが違う

だから つらくていい

という説明くらいは 

いいとして


正直に

どう話していいのか

わからないけれど

力になりたい

くらいにして

自分の思いを伝えておきたい


なにもしないを

選択肢に入れたように


解決しなくてもいい

という考え方も

選択肢に入れたいもので


よくよく考えてみると

急ぎ

解決する必要なんてない

焦る必要もない


解決しようとして

相手を動かす

相手に負荷をかける

結果


信頼関係を失い

嫌われて

下手をしたら恨まれる


ならば

解決しなければいい

解決しないで

認めてあげればいい


例えば

あまりないはなしで 説明すると


パソコンにトラウマがあったとする

パソコンをやろうとすると 

精神症状がでる


思いきって

そのことを 信頼できるひとに

話してみた


そこで

話を聞いたひとが


そうなんだね とだけ共感して

解決しないで 認めるだけなら


悩んでいる本人は

自分は自分のままでいいのだ

パソコンができなくてもいいのだ と

安心でき


しばらくしたら

解放され

パソコンを楽しめるようになる


話を聞いたひとが

それは大変だ

なぜそのようになったのか

将来のためにも 

できるようにしなくてはいけない

少しずつやらせたら

できるようになるはずと

負荷をかけると


話した本人は苦しいだけで

解放されない


つまり

解決しないも

解決の方法だということで


どんなひとでも

そう感じたなら


それがトラウマであろうと

おかしなことであろうと

そのひとが そう感じたのだから

認めてあげれば

いいのではないかな


否定しないで

全部 認めてあげよう 

それもあり これもありなんだ


何かできないと

何かしていないと

自分には価値がない 

そう思うと 心が危険だから


自分も

大切な相手も

いるだけでいい

生きているだけでいい

と思っていたい

2022年5月21日 (土)

不思議なこともあるもの

楽☆ルームを始めて

売り上げが伸びないので

趣味みたいなもの になりつつある

わたし


お気に入りを

思いつくまま

紹介している


普段は

検索をして

ほしいもの 好みのものを

探しまくったり


料理を作りながら

これ

ルームに あげてみようか と

思ったり

しているのだけれど


先日

チャーハンを作りながら

チャーハンを あげてみようかな と

考えていた


そんなとき

いいねの お礼いいねをしていたら

チャーハンを紹介しているかた

がいた


そのかた

前々から

いろいろなものを

紹介されているのだけれど


わたしの好きなものばかり


男性なのに

こんなに

同じような好みのひとが

存在しているなんて 素敵なこと


長い間

SNSをやってきたけれど

初めてで

T☆itterでも 見つからないと思う


驚いたけれど

しばらくしたら 忘れて 笑

最近 あぐら椅子を

ずっと

検索していた


さっき

見に行ったら

そのかた

あぐら椅子を紹介されている


わたしが

紹介していて

それを見て

同じようなものを紹介する

そのかたが紹介していて

わたしも

同じようなものを紹介する

なら

わかるのだけれど


わたしが紹介しようとして

まだ 紹介していないのに

そのかたが 紹介されている


あまりに偶然というのか

リンクしている 

シンクロしているというのか


不思議 


ひょっとして

あしながおじさん かも?

なんて 喜んでいますヽ(*´∀`*)ノ

2022年5月19日 (木)

寂しくなります

義理の両親が亡くなり

わんこが虹の橋をわたり

(どうやら

わんことわたしは

お天気のいい日に

一緒にお散歩しているらしく 

わたし

ひとりで歩いていたのだけれど

知らない わんこ連れのひとに

2回

わんことお散歩していると

うちのわんこが 勘違いして

すみません と

謝られた)

そんな

寂しくなったところに


ついに

長男が家を出ることになった


旦那のことは

パパっと準備だけして

気にしなかったけれど


次男と外出するとき

わたし

ひとりで外出するとき

いつも

わんこと長男の

体調や食事 時間などを

気にしていたので

それもなくなるのね…と

思うと寂しい


もう

わたしが

自宅にいる必要もなくなったので

次男とふたりで

しばらく旅行にでもいこうかと

話している


朝ごはんも 晩ごはんも

土日の昼ごはんも

寂しくなる


わたしの母は違ったけれど

こうやって

世の中のお母さんは

胸を痛くしながら

自立する子供を

見守っているのね


ワイシャツのつけおき洗い

アイロン

ピカピカ靴磨きも

長男だけにしていたことなので

なくなると

そんなこともまた 寂しくなる


わたしの母は

つけおき洗いも靴磨きも

アイロンもしていなかったので

わたしが古風なのか

やりたくてやっていたのか

いまいち わからないけれど


長男がいること

わたしが やっていることが

わたしにとって

嬉しかったのだと思う

だから 

喜んでやっていた 部分も

あったかな


なんだか一気に

いろいろなことが なくなっていく


次男がいるから

まだ

頑張ろうと

元気でいられるけれど


もし

次男がいなかったら

旦那とふたり…

微熱が続いて

心が壊れてしまったかもしれない

次男もいつか

巣立っていく


息子たちが自立して

わたしがいつか

ひとりになるのが楽しみだわ なんて

思っていたけれど


実際にそのときが

近づいてくると

心に穴があいたような

気持ちになる 涙


本当は

赤ちゃんのときのように

長男と

ずっと一緒に

いたい

でも

笑顔で何もいわず

送り出す


母親って そんなものなのかは

よくわからないけれど

長男が

振り返ったとき

笑顔でいたい


長男が

いつでも帰ってこられるように

ごはんが食べられるように

困ったことがあれば

助けられるように

苦しかったら 休めるように


できれば

わたしが

帰れる場所でありたい

2022年5月18日 (水)

激安ショップ 収入について

たまたま

激安ショップ(新品)をメディアで

見て

ブランド品が 驚くほどに安くなっている

というので

行ってみた

平日でお客さんがいない  いいかんじ


1回目は

いまいち 

しま☆らより安いかな

というかんじで

生地がよいものや

好きなブランドやデザインが

なかなか見つからなかった

仕入れ用にも ならなかった


激安ショップで

ハンターの目になります と

言っていたおばさまがた

同じビルの

他のお店に用事があったので

2回目チャレンジ


ひとりで ハンターのように

探してみる


人件費削減のためらしいけれど

量が多すぎて

柄やデザイン

サイズもばらばらだから 

大変

でも楽しい

宝さがしみたい


ん?

わたしの好きな サマ☆サモス☆スに

似たワンピースが

580円

タグをみると 本物

リサイクルショップより安い しかも新品

やった


次男の

タオルケットが 980円

気持ちいい 肌触り 

やった


しっかりして かわいい

レジカゴお買い物バッグ 390円

お買い物袋 やぶれていたのよね

やった


ひとりでガッツポーズ


なんだか

毎日いろいろ

楽しいな

カフェ お買い物 などなど


収入については

わたしの得意なことで

いろいろ準備しているところ


人生無駄なことはないのだけれど

収入にならないことで

大事なことも 多くある


収入になることでは

もともと

わたしの お金や成功に

わたしが 興味ないので


必要なだけの収入を得られるように

細々と

楽しんでいきたい

2022年5月17日 (火)

電柱にぶつかる

病院に行く途中

ぼんやりしながら

運転していたら

ドンと大きな音がして

衝撃があった

一瞬

ひとにぶつかってしまったかと

驚いたのだけれど

電柱に ぶつかっていた


左のサイドミラーが

閉じられている


ああ

サイドミラーが

以前

原因不明で (おそらく旦那が折った)

壊れてしまったとき

何年も

旦那に 

修理してもらえず

危険な思いをしたことを

思い出す 


おそるおそる

サイドミラーを確認

だっ 大丈夫だった


車には

傷ができてしまったけれど

電柱相手なので

さほど目立たない


電柱も

大丈夫そう


考えごとをしていた

眠かった

ということではなく


病気のせいか

時々

ぼんやりすることがあるので

気を付けなくては


帰宅してから

次男に話したら


いつもの

薬をもらいに行く日なら

いいけれど

何か問題が起きて

病院に行くときは

自分で運転しない方がいいんじゃないか 


普通

そんなときは

付き添いとか

いるんじゃないのか と

言われる


確かに


そういえば前に

ひとりで病院に行ったとき

付き添いのかたは?と

聞かれたことがあったと わたし


やっぱりと

次男


タクシーでも

よかったのだろうけれど

わたしは いつも

病院に ひとりで行っている


旦那は

医療費 タクシー代など

いっさい無視で


義理の両親の通院には

義理の両親が何もできない

しないとかで

仕事を休んで付き添っていた

けれど


仕事が休めない日は

無理 とひとことで

断っていた


旦那に

子供のためならまだしも

わたしのために

有休を使わせるのは

ないな と

考えている わたし


旦那が

俺が休んで

わたしを病院に連れていくよ と

言っておきながら

行かない

という嫌がらせのような出来事


わたしの手伝いのために

午後から出社するからと

言っておきながら

昼まで寝て

いってきます と出社する

という 意味不明の出来事が

続いて


わたしは

体調が悪いときほど

家事をやらされる

さらに 

どうでもいい用事を

すぐにやれと追加してくる 旦那


さらに

喘息発作のときは

旦那が

車を出す前に

わざとゆっくり歩いて見せたり

わざと急がなかったり


救急外来で 

名簿に記入して 

駐車券の発行をして

わたしの呼吸困難が

ひどくなっても放置されたり


病院で いなくなったり

舌打ちしたり


ということがあった

そんな

助けてくれない 旦那に

お願いしても

断られるか

手遅れになるか

なので


わたしは

お願いしなくなった

お願いしなければ

旦那は ご機嫌


子供がちいさいころは

旦那の有休と

わたしや子供の通院

用事を

あわせてほしいとお願いしたことが

あったけれど


旦那は

キレまくり

嫌がらせのように

何もない日に有休を

とっていた


長男は仕事

会話がないものの

メールすれば 助けてくれる

次男は 

助けてくれるけれど

目が悪いので

運転免許がとれない


わたしは

息子たちに頼るのは 嫌だな


となると

ひとりでやるようになる

2022年5月15日 (日)

ワクチン 3回目

旦那の

ワクチン3回目が

終了した


2回目 3回目と

痛みがあって

心配したけれど 

特に問題がなさそう


わたしみたいに

ワクチンを接種しないと決めたひとも

仕事都合や 自分の意思で

ワクチンを接種すると決めたひとも


感染リスク

コロナ後遺症

ワクチン副反応

ワクチン後遺症などの

情報から判断したのだから

尊重したい

(旦那は ちょっと違うけれども)


今の世の中のように

お互い

悪くなればいいのに と

思うのではなく


ワクチンを

受けていないひとは

受けたひとにたいして

「ワクチンの副反応がなく

ワクチンの効果があり

コロナに感染しませんように」と

願うだけでいいと

わたしは思う

2022年5月13日 (金)

コミュニケーションと 義理実家の売却

テレワークや出張などの

予定を聞いたらキレる旦那に

なら

カレンダーに書いて?と

話したら

最初は

なぜか キレて書かなかったけれど

急に

書くようになったこのごろ


直前や直後に

✕がしてあり 

予定が変更されていて

旦那が 何も言わないので

ずっこけることがあるけれど


だいたいの

旦那の仕事の予定は

わたしが把握できるようになり


旦那の食事の準備が

事前にできる

わたしの外出予定を

事前に決められる

など

やや

スムーズになってきた


わたしが書く

ということは

頻繁に手段としてもちいている

のだけれど


旦那に書いてもらう

ということは

わたしからの

意味のない命令とでも思うのか 

指示が気に入らないのか

うまくいかなかった


家族の

コミュニケーションが

うまくいかないかた

話すのではなく 書いておく

書いてもらう

ということを試してみるのも

ありかも


そんなわけで

旦那が

実家

とカレンダーに書いていたので


お墓参り?相談?と聞いたら

不機嫌そうに無視している


わたしたちも行くかどうか

知りたい

行かなくても お墓参りなら準備がある と

思ったけれど

やはり 予定を聞いたら

キレる


なぜ

わたしが旦那の予定を聞いているか

意図が

わからないのか

被害的なのか

その辺はよくわからないけれど


常にわたしは

旦那から怒鳴られているようで

嫌な気持ちになる


次男が

カレンダーを見ながら

旦那は

なにをしに行くのか と言うので

言わないんだよね と

わたしが答えると

不安がった

わたしも

なにかあったのではないか と

不安だった


結局 旦那は

実家から帰ってから

予定について話し始めた 

おそっ


固定資産税が

もったいないから

相続した義理実家を売却するそう

そして

お仏壇をうちに持ち帰ると決定したそう…


なぜ

そんな大事な決定を

帰るまで内緒にしていたのかは

謎だけれど


売却 処分 解体 解体はない と

わけのわからないことを

話している


わたしには

関係ないと思っている様子


義理実家には

義理両親の思い出

息子たちの思い出もあるので

了解したあと

それは 寂しいねと

言ったら

旦那に驚かれた

旦那は

寂しいとは思っていなかった


きょうだいは

持ち家がないので

義理実家に住むのかと

思っていたのだけれど

きょうだいは いらないと

旦那は 言っている


甥っ子もいらないの?と聞いたら

キレていたので


息子たちにも わたしにも

聞いてこないくらいだから

義理実家でも

相談になっていないのだろうな


旦那のものだから

旦那が決めたのだろうな


相手の希望や思いを

聞いていないのだろうな と

想像できた


旦那が

義理実家のなかのものは

全部捨てる と言うので

誰が?と思いながら

アルバムも?と質問したら

また驚いていた


旦那は

やけに サバサバしているけれど


なんとなく

会社で

結果だけ報告しろと言われるから

わたしに

結果だけ言えだの

決まってからじゃないと話せない

だの

言っている気がする


部活でコーチに

嫌ならやめろ 帰れと言われてきたから

わたしにも

家事を嫌ならやめろと

言っているような気がする


家族は違うというのに


やりかたがわからなければ

どうしていけばよいか

話し合えたら

よかったのに


家族なら

結果だけ言えではなく

ともに悩み

喜ぶものではないのか


家族なら

嫌ならやめろではなく

手伝おうか?

体調は大丈夫 つらい?

なのではないか


わたしがずっと

そうやってきたから

旦那が場違いな発言をしていると

思える


とりあえず

持ち帰れるかどうか

不安だけれど

なんとか 五月人形だけは

持ち帰り


あとは

いっさい 口出しはしないで

旦那を放置しておくことにした


実家は

お仏壇の取り合いをしていたので

お仏壇は

みなさんいらないの?

お位牌は?

形見分けは?と聞いたら

旦那は

いらない 知らないと言っていた


なんだか

こういう 

人生のふしぶしや

家族が大変なときほど

平常心で冷静に解決へと向かおうと

努力している

わたしとは対照的に


旦那は

気弱なのか

逃げ散らかしている

最終的に 

やらないわけではなく

誰かに言われたことだけは

やるのだろうけれど…


わたしが

気に病んでも しょうがないので

旦那を

逃がしておこう

2022年5月12日 (木)

存在がわからなくなる日々

卒業してから

反応してくれるひとが

わたししかいなくなった 次男は


自宅にいると

自分が

消えてしまったのではないか と

心配になることがあるらしい

 

透明人間になったか

この世のものでは なくなっていて

存在していないのでは?

という気持ちに なるそう


旦那に

触られることもなく

話しかけられることもなく


一日中

無視されていると


わたしも 次男と同じで

自分が

消えてしまったのではないか

本当は亡くなっているのに知らず

旦那に

話しかけているのではないか


よくある

映画のシーンみたいに

旦那を触ろうとしたら

旦那の体を通り抜けるのではないか

わたしは

透明なのではないの? と


子育てが大変だったころは

特に

真剣に考えたことが 何度もあって

病院でも相談していたので

次男の気持ちは よくわかる


わたしと次男は

普通に おしゃべりをして


何か起これば 

旦那の真横で

驚いたり 

一緒に悩んだり

喜んだりお祝いしたり 

悲しんだりしている


お互いに 反応している


旦那とは ないけれど

わたしと次男は

相談したり

話したり

物を 受け渡ししたり

お手伝いをお願いしたり されたり

わたしが次男の

頭をくしゃくしゃするくらいの 

スキンシップもある


でも

それらは なぜか

わたしたちは 存在している

にはならず


旦那が

わたしたちの 出来事に

まるで 反応せず

なにが起きても

助けず

手伝わない

一日中テレビをみて 

お手洗い以外は動かない


そんな

旦那からの影響の方が

大きいときた


だから

連休やテレワークが

始まるころには

わたしと次男

ふたりで 気分がめいり

終わる頃には

ふたりで 気分がよくなる の繰り返しで


連休や休日に 旦那と

外出すると

わたしが

全額支払うことになるので

次男が不安がるように

なった


長男はもう

立派に自立しているので

わたしと次男が

旦那から自立すれば

問題ないことなのだけれど


とりあえず

旦那から休日の

希望を聞かれたり

誘われたりしたことは一度もないので

わたしひとりで外出して

旦那とは

用事がないかぎり

外出しないことにした


連休が終わり

わたしと次男で

わくわくしながら 外出したとき


次男が

外出先で

いらっしゃいませ

ありがとうございました と

言われたら

やっぱり俺

存在しているんだ  と思える

それでしか

存在を確認できないから

やたら平日に

外出するしかない と

言った 


えっ 

そんなことを思うのね…

うんうん とわたし


とはいえ

次男は

毎日忙しそうに

好きなことをしている


存在価値みたいなものも

感じられていないのかもしれない


わたしは

旦那の無視について

考えていたら

解決にならず

わたしが病気になりそうなので


わたしの

どうでもいいことに

旦那の無視を入れて

なんとかしようとしている


それより

暇でやることがないというのに

旦那の

あたりがきつく 

一日中

不機嫌なときが 突然にあって


わたしの

よくある 挨拶程度のひとことに

旦那が

意味不明に ぶちキレる

というストレスで


わたしは

腐ったような気持ちになる


わたしが

無で

無言になると 旦那の気分もよさそう


旦那は

親族への考えかたも

同じで

わたしが話さない 親族が話さない

=何も問題がない と

いつも勘違いしている

話さないから

何も 問題がないのだ と言っている


話さないのは

旦那に 話しても 

無視されたり

怒られたりしてきたから

話す意味がなくなり

傷ついて

話せなくなったのかもしれない


話せないだけで

問題を抱えて苦しんでいるかも

助けて欲しいのかも

ということには

全く 気づいていない

問題がないと 思いたいだけで

家族から 逃げている


旦那は何も

気にしていない


結婚してから一度も

旦那がキレたあとに

謝られたことがない


わたしのストレスを

お日さまにあたり

お散歩したり

買い物したり

おいしいランチを食べて

なんとかしているこのごろ


次男もついてくることが

多くなったので


行きたい場所

居心地のよさそうな場所が

増えてきた

パ☆ラの森や

谷☆銀座に行ってみたい

おもしろそう


外に目をむけているけれど

こんな

苦しい毎日を続けていたら


嫌なことを

嫌だと思わなくなり

苦しいことを

どうでもいいことと思うようになるのでは

もう なっている?

と思うと


なんだか 

わたしの

感情がなくなりそうで

助けて 

という気持ちも なくなってしまったようで

怖い

スズメバチに注意

バルコニーで水やりをしていて

水量を調整しようと

水洗に手を伸ばしたとき

わたしの おしりのあたりに

蜂の気配がした


最近ミツバチが

一匹だけ遊びにきてくれるように

なって

喜んでいたけれど


この気配は…と

目だけ動かしてゆっくり

振り返ると

大きなスズメバチが

わたしの おしりのあたりで 

飛びながら 様子をうかがっている

のが見えた

刺されると思った


動いてはいけないと

微動だにしないで スズメバチの判断を待つ


着ていたワンピースは

濃いめのブルーに

白い花模様


スズメバチは

衣類や頭 目 揺れるものの

黒を 天敵の熊だと思い 攻撃するらしいけれど

現代社会で暮らすスズメバチも

黒い色を熊だと思い

本能で攻撃してくるのか

熊に出会ったことがないのに?


しまった

ちょっとわたし 服が黒っぽいかも

髪を隠す 帽子もない

田舎で

姉が黒いズボンで歩いていて

蜂に刺されたことがあった

わたしは

素足だから大丈夫?などと

思いながら

身構えていると


スズメバチは

わたしをチェックしながら

ゆっくりと

わたしの横を通りすぎて

わたしの前方へ進んだ

大きい

羽音も大きいけれど

体も大きい


わたしは

ジリジリ ジリジリとさがり

ホースを ぱっとはなして

部屋に入った


よかった 刺されなかった

振り返りざまに

スズメバチに あたっていたら

刺されていたかもしれない


田舎で

パジャマに入っていた

みつばちに刺されたことが

一回

母に奴隷のようにこき使われていて

庭の木を

剪定ばさみで

切らされていたときに

足長蜂に一回

刺されたことがある


どちらも

蜂にしてみれば

死を覚悟しての攻撃だから

人間がわるい


だけれどスズメバチは

巣に近いだけで

攻撃してくるイメージ


それに

振り払うと 刺され

仲間を呼ぶ

走っても 追いつかれ

針も大きい


アナフィラキシーショックの

心配もある


バルコニーのお花にくる

イメージより

飲料水 ジュース

柔軟剤 香水に反応するイメージ


ゴミ捨て前の

空き缶などが よくなかったのかも


それにしても

マンションで スズメバチをみたのは

初めて


近くに

巣ができているのかもしれない


しばらくしてから

白いロングカーディガンを

頭からかぶり

水をとめに行った


最近 

バルコニーから見える大木を

お役所が?

切ってしまったから

風や生態系が

変わってしまったように思う

2022年5月 7日 (土)

好きなひとに望むことは ひとつ 藪のなか

わたしが

好きなひとに望むことは

ひとつ

ではないか

と思うこのごろ


わたしが大切に思うものや

ひとを

同じように

大切に考えて 欲しいな

ということ

ただ それだけ


もちろん

わたしは相手が

大切に思うものや

ひとを

わたしも大切に思う

大切にできるよう

努力する


お互い

同じように大切に思う

大切にできる

というのは

難しいと思うので


お互いに

努力する

でいいと思う


その

お互いに

大切にしたいことがら

守りたいことがらや

ひと

について

どのようにしていけばいいのか

ということは


ふたりの

距離が近くないと

気軽には

相談できない


ふたりの間に

障害があるとして


障害にたいして

どのように思っているのか

話し合いができれば

たいしたことではないのかも

しれないのに


話し合いをしないで

悩んでいるだけなら


障害が

ふたりの障害になっていく


エネルギーは 無限


願いを決めたなら

叶えようと 

待っていてくれる力が存在している


真相は藪のなか

みる視点から 驚くほどに違ってくる

2022年5月 4日 (水)

時計をのぞいてみる

次男が

ついに おしゃれに目覚めて

わたしが

もともとお買い物好き 

ウィンドウショッピング好きだった

ということもあり

ふたりで

アウトレットや

モールの

さまざまなブランドに出入りして

楽しめるようになった


次男は倹約家

欲のなかった長男

みたいな

突然の 謎の出費はない

これは

というお買い得品を見つけて

ふたりで 喜んで

たまに 購入している

 

ちなみに 次男は

女性向けのブランドショップも好きで

センスもいい

インテリアや雑貨 キッチン用品も

一緒に みている


私たちが買い物をしていると

 この時期 よくみかける

大学に着ていく服などを買う

ういういしい 母子

または

母の日にプレゼントを選ぶ

親孝行な 息子と母

の図

ではあるけれど  笑

 

ただの 

買い出しついでの 気晴らし母子

 

息子たちが

大きくなってからは

お友達と遊ぶ方が

楽しいので

遊園地や水族館

公園などに行くことが

少なくなって

 

温泉 

川魚が好きなので

旅行先で 川魚定食

酒蔵のある

川沿いのおそばやさん

うどんやさん

などに

行っていたのだけれど

 

この何年かは

コロナが心配だったので

居酒屋さんにも行けていない

 

長男は休日は常に

お友達と

遊ぶばかりしていて いない

 

食料品 買い出しついでの

お買い物 カフェで休憩に

わたしと次男だけで

気軽に

出歩くようになっている

 

以前は

ひとりで行っていた

リサイクルショップも

次男とふたりで行くようになった

 

あーでもない

こーでもないと

ショッピングしていると

ふたりとも体力がないので

休みたくなる

歩く速度も同じ

 

休憩で

カフェに行くのも 楽しくて

パンケーキやサンドイッチ

カフェラテ などを

新しく 開拓している

 

そんななか

次男の

お世話になっていたドクターが

金時計をギラギラさせていたので

わたしも次男も

時計に

詳しくないものの

ロ☆ックスではないのかな?と

はなしていて

 

お手洗いのときは

どうするんだろうねと

ふたりで

おばかなことを言いながら

リサイクルショップで

ロレック☆コーナーをのぞいてみた

 

店員さんが

いかがですか と

とぶようにやってきた 汗 

 

わたしは

よく知らないけれど

ゴールド?のロ☆ックスより

シルバー?のロレック☆の方が

好きかな

 

ロレ☆クスのちかくには

本物 大粒の

ダイヤ サファイア ルビー エメラルド

などが

置いてあるのだけれど

 

大粒の宝石は

高額で

お姫様が所有していたようなもの

目の保養

 

本物を見るって

絵画にしても 宝石にしても

宿るものを感じられて

いい

 

リサイクルショップで

一番小さなルビーを指差して

かわいい 欲しい

叫んでみたけれど

食費にした方がいいよね…しみじみ 

と 

立ち去った アハハ

 

次男が

お兄ちゃんに買ってもらいなよと

ひとこと

 

いやいや

お兄ちゃんには貯金をしてもらいたい

自分の好きなことに

使ってもらいたい


それにしても

ロレ☆クス

どんなものなのか

じっくりと 見たかった

« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »

無料ブログはココログ

momo

  • momo