« 胃カメラって どんなだろう | トップページ | 虫や鳥は »

2022年9月16日 (金)

喘息と風邪

喘息と診断されてから

喘息と風邪の違いが

わからなくなった

 

台風や気圧の変化

気温差

アレルゲン ほこりで

喘息が悪化しているのは

わかるようになった

 

今の時期は特に

コントロールが難しいことは

わかるけれど


どれくらいで病院に行くべきかは

いまだ わからない

 

かかりつけに

お薬をもらいにいく時は

比較的元気なとき

歩けるときになる

 

息苦しさがあり

ひゅーひゅー聞こえるときは

発作止めを

使えば楽になるから

夜中

息苦しくなっても

いつも低空飛行なので

大丈夫だろうと思っているうちに

ひどくなっていく

 

世の中では

だるさ

が話題になっているけれど

だるさ なんて

わたしは

ずっとだから

世の中の健康なひとは

だるさ が普段はないのかと

驚いてしまった

 

咳がとまらないと

もしかして

また肺炎?

風邪をひいているのでは?と

思うことがあって

 

喘息の治療前よりは

はるかに

治療後の方が

風邪らしきものは

治るのがはやい

 

息子のドクターに

言われたことがあるので

吸入薬で

風邪が

治りにくいのではないかと

半分にしてみたら

吸入薬を

全量使用するより

治りがよいような気がする

 

だけれど

わたしのドクターは

風邪ぎみだからと

減らさないように

関係ないから

と言う

やはり

吸入薬を減らすのは

やめておいた方が

いいのかも

 

そもそも

喘息って誰が判断するのかな

という

素朴な疑問がわいてきた

 

喘息で入院した過去がある

病院での診察時 

喘息と診断された

検査の結果

喘息 ということになるのかな

 

息子が

久々に

歩いたときに

息苦しいと話しているのだけれど

 

原因が

喘息なのか

心臓なのか

わからない

« 胃カメラって どんなだろう | トップページ | 虫や鳥は »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 胃カメラって どんなだろう | トップページ | 虫や鳥は »

無料ブログはココログ

momo

  • momo