« 未来日記 | トップページ | えらいの? »

2023年4月16日 (日)

否定しない難しさ

次男と

何かを決めようとして

決まらないとき

時間をあけてみる

優先順位を考える

ということは してきたのだけれど

 

次男が

意固地になっていて

譲れないとき

どうしたらいいか

ということについては

わからなくなっていた

 

極端になりやすいというのか

放っておく

または意見を言う

くらいしか 思いつかなかった

 

そこは

二個ほど代替え案のようなものを

提示して

あたかも

本人が決めたように

導くのがいいと

リハビリの先生から聞いた

 

二個ほどのうち

本人が選んだら

知らず知らず

最初の意固地になっていた

譲れないことを譲っている

というわけ

 

わたしは

困っているひと

悩んでいるひとをみたら

なんとかしてあげたいと

思いすぎる

 

悩んでいるひとには

否定しない 

意見を言わない

共感して 受け入れる

ということが

カウンセリングでは鉄則みたい

メディアで

誰かが言っていた

 

だから

何かしてあげよう

よくしてあげよう

という聞き手の言動はよくないと

されている

 

次男は

そのように受け入れてくださる

学校にいたので

否定しない

というのは聞き手の器が

必要で

なかなか難しいことだわと

思っていた

 

わたしは

悩みが多くあるとき

話して欲しい

少しでも解決してあげたいと

思う

 

悩みが多くあるんだね

そうなるよね

でいいのだと

ドクターから学んだ

 

共感だけ

というのも

悪化したらどうしよう

という不安がでてきて

なかなか勇気がいる

 

とはいえ

次男もおとしごろ

母親には話さない

 

なんとかしようと

ぶつかれば

ぶつかるほど

傷つけたり 悪化したりする

 

極端なやりかたは

かしこくないな~っと思った

« 未来日記 | トップページ | えらいの? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 未来日記 | トップページ | えらいの? »

無料ブログはココログ

momo

  • momo