« 青空の彼のお誕生日と 予言のはなし | トップページ | 海外の真似 救われないひとたち »

2023年11月27日 (月)

患者さんの ドクターへの気持ち

ドクターと結婚したら

お金持ちに なれる

専業主婦で 暮らせる と

誤解しているひとは 別として

 

いけないことと

認識しているかたも

多いのかもしれないけれど

 

体も心も

弱っている患者さんが

ドクターに 優しくされたら

ドクターを 好きになる

というのは 

年齢 性別関係なく 当たり前のこと

恥ずかしがらなくてもよいこと と

言われている

 

お互いに というのか

タイプだったら このひと いいな~と

思うものでしょうし

ドクターからしても

魅力的な患者さんは いるでしょう

 

でも

ドクターには 立場があり

ドクターの家族 仲間がいるので

すべてを捨てるわけには

いかない

 

科によるのかも しれないけれど

患者さんと 恋愛に発展すると

治療ができなくなる

患者さんを 傷つけるので

患者さんを助けることが

できなくなる

という考えも あるみたい

 

ドクターは

患者さんの好意に

気づきやすいので

そんなときは

それ以上 患者さんの気持ちが

盛り上がらないように

誤解されないよう 工夫したり

言葉に気をつけたり

しているのかな と想像する

 

患者さんは

幼い子供のように

心が弱っていて

ドクターに 助けてもらいたいと

思っているので

 

そこに手をだす というのは

幼い子供に手をだす ことになる

という説明を メディアで観て

なるほどと 思った

 

患者さんの好きが 

恋愛の好きに変化して

希望どおり 恋愛が発展すると

 

ドクターも人間なんだ

という生々しさ?に

苦しむことになる という

どうせ

という気持ちになるみたい

 

また患者さんが

ドクターとの恋愛が

ダメだと感じると

一番 迷惑な患者になりたいと

行動することも あるみたい

 

狭い空間で

いろいろなことが

起こっているのね と思った

 

わたしは

内科や心療内科などなど

さまざまなドクターに

お世話になって きたけれど

 

優しくされたから

好きになった

という経験がない

 

わたしが

ひねくれているのか

カウンセラーのかたにも

優しくされて

好意を持ったことが ない

 

わたしは

先生という存在が

もともと苦手で

どこか 信用できないところが

あって 

 

好意を持ち 回復するように

カウンセリングされた

としても

転移を促されたとしても

残念ながら

しれっとしてしまう

 

カウンセリングの

勉強は していないけれど

カウンセラーのひとが

考えていることが

透けて見える

 

日本は

傷ついたひとのために

免許なく活動されているかたがた

の方が

傷ついたひとは

救われるのではないか と

個人的に 感じている

 

お互いに 人間

なのだから

好きになることもあるでしょう

 

いいな と思っても

通院が終われば なんだったのだろうと

目が覚めることも

あるでしょう

 

ということを考えていたら

わたしの心は

たまに

危険な状態になっては

いるけれど

 

自分や家族の問題は

いろいろな意見を 聞きながら

自分なりに 解決して

解決できないものは

解決できないと知ってきて

 

心療内科に通うほどに

弱ってはいない のかもしれないぞっ?

と思った

 

病気が原因で

幼い子供のような弱々しさと

大人の感情を

アンバランスにもっている

患者さん

という状態では ないように思える

 

だから今まで

タイプだから好きになった

ということは あるけれど ウフフ

 

優しくされたから好きになった

ということがなかった

のかもしれない

 

いや

わたしが ただの

ひねくれもの なのかも

しれないけれど

 

優しい男性というのも

お仕事では ということもある

優しいだけが

いいわけでもない

 

にしても

ドクター 患者さんを 好きになる を

理屈っぽく語っている ドクターを

メディアで観ていると

 

いやいや考えすぎでは?と

思った

 

好きになるを

肯定しているようで

否定しておきたいのか

倫理的に悩んで

受け入れられないのか

よくわからなかった

 

好きって

分析しても考えても わからないこと

理屈じゃない と思うので

観ていて なんだか疲れてきた

 

もっと 単純でいい

ひとを 好きになっていいと 思う

我慢する必要もなく

自分の気持ちを

受け入れたら いいのではないかな

 

それに

せっかく恋をしたのだから

理屈っぽく

暗い気持ちで 考えすぎず

 

お互いの

家族や大切に思うひとたちを

守れる

恋の 最善の形を相談して

つくっていけば よいわけで

 

お互いに

輝いていられたらいいのにね と

思った

 

これって 理想すぎるのかな…

« 青空の彼のお誕生日と 予言のはなし | トップページ | 海外の真似 救われないひとたち »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 青空の彼のお誕生日と 予言のはなし | トップページ | 海外の真似 救われないひとたち »

無料ブログはココログ

momo

  • momo