« 長男の部屋を片付けて | トップページ | あほのこみたいに »

2023年12月17日 (日)

存在理由が わからなくなるとき

シにたい

ありのままでいい

自分らしくいよう

自分には価値がない と

 

さまざまな感情に

苛まれるこのごろ

 

みなさんが 強くなりたいと

思うことについて

違和感を感じた

 

強くなりたいと

言っているひとを

よくよく 観察してみると

 

気にしないひとになりたい と

思っているような 気がする

 

普通は 気にするでしょう

傷つくでしょう

というようなことに

 

鈍感になりたい

ということなのかなと思う

 

そもそも人間は

弱いのではないかな

弱いから 助け合いを学んで

 

弱い自分を 見つめ直したり

弱い自分を 許したりすることで

優しく

美しいひとになっていく

 

弱いひとを受けとめて

多くを望まない

ということは

弱いひとを 救うことになる

 

鈍感になれば

自分は傷つかなくなるかも

しれないけれど

ついでに

ひとの痛みも わからなくなり

 

鈍感であることで

みんなが悩み 嫌な思いをすることも

ある

 

だから

弱いな と感じたら

弱いまま

工夫して 生きていけばいい

 

愛されていないと感じて

なにもかも 嫌になったら

本当に 誰からも愛されていない?と

確かめてみたらいい

 

弱いまま

できないことは 断ればいい

 

そして

自分は弱いから

助けて欲しいことを

言葉にしてみればいい

 

だいたい

一回で

うまくいくことなんて ない

 

なじられたり

誤解されたりして

誰にも信じてもらえないこと

ひとに会いたくなくなること

なんて

 

やまほどある

 

ひとを傷つけるのもひと

ひとを救うのもひと

 

でも ひとは苦手

自然や動物の方が

何も言わないから

受け入れてくれるように感じる

 

休んだから

どうなるでも ないんだけど

視野が狭くなっていること

苦痛なことを

やめてみる というのも

選択肢で

 

やめて見えた景色を

知らずに

シんでしまうのは

もったいないんだよね

 

残されたひとに

どれだけの罪悪感や苦痛があるか

考えられないときは

考えられないと 思うけれど

 

医療の力をうまくかりて

やめる または

多くの選択肢が自分にはある

ということを 知って欲しい

 

そこにいてくれるだけでいい

十分なんだ

と思われていることを

忘れないで いてほしい

 

いってきますや おかえり

無くなったとき

 

ひとは失ったものの大きさに

気づく

 

誰かを愛したり

誰かに愛されたり

 

そんな未來を 信じていきたい

« 長男の部屋を片付けて | トップページ | あほのこみたいに »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長男の部屋を片付けて | トップページ | あほのこみたいに »

無料ブログはココログ

momo

  • momo