« ひどい状況 | トップページ | 相槌が ひどすぎる »

2024年4月24日 (水)

辻褄があう

知らなかったことが

次々に わかっていく

 

長男は

付き合い初めから

結婚を前提の 付き合いで

彼女に

プロポーズを 迫られていた

 

2年 付き合うなかで

長男が 彼女以外の

女性から告白されることは

あったが

彼女一途

 

長男は

結婚したいと 思っていて

気持ちも あったものの

プロポーズを

したくなかったそう

 

最後の3ヶ月は

焦った彼女から

プロポーズを 強要され

彼女希望の形の

プロポーズをした

 

指輪は

彼女希望のものがあり

一緒に買いに行くので

花束をプレゼント

 

フラワー加工後

郵送で届く

これが 婚約になるのかは

わからない

 

プロポーズしてから

私たちに 彼女を紹介するまで

 

長男は 動かなかった

彼女は 不安になった

 

わたしは

なぜ 動かないのか

はやく してあげなければ

彼女と

彼女の両親が 不安になる

こちらから声をかけたら と

記事に書いてきたように

旦那に

話してきたけれど

 

旦那は

キレる 無視 放置だった

 

彼女の両親に

失礼になるから連絡して と

わたし

しない と旦那

長男と

結婚の話し合いをしよう と

わたし

しない と旦那

 

都度 長男は

彼女に 責められていた

 

次男に会う日も

長男は

次男は?と質問しただけ

という

記事に書いたとおりだった

 

ニュアンスは?と

質問した次男とわたしに

旦那が キレたので

わからなかったのだけれど

 

絶対こい など

長男は言っていない

 

なにもかも

旦那の 伝達間違い

 

だいたい

わたしが想像していた

状況だった

 

そんなわけで

私たちが 彼女に会う日まで

時間が かかりすぎていた

 

長男は

昔ながらの結婚ではなく

ふたりだけで 結婚して

親には 報告だけする

式はしたくない

という希望だった そうで

 

彼女は

昔ながらの結婚で

親に祝福してもらい

式はしたい という考えだったそう

 

長男は 彼女に誘導され

家出のように

うちを でていたのと

5年の空白で

わたしは 何も知らなかった

 

長男は

式をしたくない

式をしても

私たち両親を 呼ばないと

彼女に話していた

 

彼女が 彼女の両親に

そのことを伝えたところ

私たちが出席しないなら

彼女の両親も

出席できないと 言われた

そりゃそうよね

 

彼女は 彼女の両親に

結婚を

祝福してもらいたいので

両親に祝福してもらえない

結婚はしたくない 

反対されたままでは

結婚できないと 言った

 

長男の

仕事の時間が遅い

収入が低い

家事負担が 彼女になる

子供が産まれたら

誰が世話をするのか

転職しろ

という話も

彼女から あったそう

 

私たちから

今後のことは

彼女と彼女の両親の希望を

優先して

私たちは従い 寄り添うと

彼女に 話していた

 

女性は

ウェディングドレスを

着たい

女性親は

ウェディングドレス姿を

みたい など

希望があると思う

 

長男が

式をしたくない

式をしても 私たちを呼ばない

と話してきたことは

初耳で 知らなかった

 

辻褄があわない理由が

わかってきた

« ひどい状況 | トップページ | 相槌が ひどすぎる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ひどい状況 | トップページ | 相槌が ひどすぎる »

無料ブログはココログ

momo

  • momo