« たいした話ではないはず | トップページ | 実家アレルギー »

2024年5月 5日 (日)

不安の強いひと 傷ついたひと

彼女のように

不安が強く ヒステリックな

ひとは

 

何か 困っているなら

話し合い 手伝い

助けるべき だけれど

 

こうなるに違いない

という

起こってもいない 不安から

なっても いないことで

騒ぎたてる ときには

 

なったら なったときに

一緒に 考えよう

 

そうかも しれないけれど

そうじゃないかも しれないよね

 

という 思いぐせを

日々 自然に 

話していく 必要がある

 

彼女のような

そうに違いない

という 視野の狭さ

 

こうじゃなくては いけない

という 完璧主義を

 

やわらげることが できる

 

まわりの ひとは

不安の強いひとに

惑わされず

振り回されない ように

気をつけて いかなければ

奴隷みたいに なる

我慢ばかりの 人生になるかも

 

彼女のように

他人なら

距離を置く 離れるべし

 

話し合いの時間 を

何々をしてから

また 話そうと 区切る

 

視野の狭さは

選択肢が多くあることを

示す

 

選択肢に 正解はない

ということを

 

どちらも

よい方向の 選択肢を

選ばせてみて

知らせていく

 

こうじゃなくては

いけないという 完璧主義には

こうじゃなくても

いいよね と

声をかけていく

 

ということも

必要になってくる

 

傷ついたひとが

長男のように

大切なひとなら

 

これが 精進あるのみ

なのだけれど

 

全面受容

肯定のみ

否定せず 評価せず

意見を言わず

時間をかけて

というやり方が

よいのだと 思う

 

相手が

こころから 罪悪感なく

安心して

自宅で 休めるように なれば

 

力がわいてくる

 

次に

楽しいことを 見つけたらいい

 

愛と光が

目の前にあることに

気づいてもらえるまで

根気よく

受け入れる

 

否定して 評価して

意見を言い

騒いだ方が それは楽 だけれど

 

大切なひとを

大切にしたい

受け入れると決心したら

 

相手の

居場所になれるよう

感情コントロールで

乗り切ろう

 

全面受容といっても

すべて 許すわけではなく

 

次男に

注意されたのだけれど

 

親という 立場からの

愛情ある 厳しさ は

忘れないように したい 

« たいした話ではないはず | トップページ | 実家アレルギー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« たいした話ではないはず | トップページ | 実家アレルギー »

無料ブログはココログ

momo

  • momo