2024年3月27日 (水)

わたしが いらない

最近

わたしが いらない

という

家族の トラブルがあって

前記事を 書いた

 

わたしは

もともと 

自己肯定感が低く

なりやすくて

 

息子のために

息子を悲しませたくないので

生きてきた

 

わたしが いらないと

知ったとき

 

わたしは

必要ないのだろう

いなくなりたい と

思った

 

我慢しすぎることと

いなくなりたいと思うのは

もはや癖

みたいになっている

 

傷つくことばかりが

続いて

これでもかと

いためつけられ

 

昔の傷も ついでに

えぐられた

自分で

えぐったかんじもする

 

わたしは

大切なひとに

問題があれば

理解しようと努力して

解決できるまで

解決できなくても

最後まで

寄り添っていくけれど

 

わたしのことを

理解してくれるひとは

残念ながら

まわりには いない

 

寄り添って

考えてくれるひとも

いない

 

本当に

助けてくれるひとも

いない

 

自分で自分を

助けるしかない

 

依存したいわけでも

頼りすぎるわけでも

ないのだけれど

 

もともと

ありのままを話して

相談をしたり

アドバイスを聞いたりしながら

よりよい選択をしていく

という性格 なので  

 

まわりの 誰かに

相談しようとして

意味がなかった 経験が重なって

 

自分で できることは

自分で

やってきた

 

気づきや

学びを大切に考え

 

愛情を持って

責任も感じて

いつも ひとりで

頑張ってきたけれど

 

気づいたら

孤独で

 

無価値な自分が

ぽつりと いる

 

必要ない 価値のない自分は

いなくなればいいと

いつものように 思い

 

ああ

でも次男が

わたしのことで

後悔する 悲しむことは

できないなと

考えなおす

の繰り返し

 

腹を立てているときは

まだ

感情があって

いいのだけれど

 

謎の体調不良が

続いて

ざわざわ もやもや

 

たまに限界をこえて

感情が

なくなったみたいに

心が しんと静かになる

 

マヒしたような

これしか ないような

怠けているような

おかしな 気持ちになる

 

わたしって

こんなものよね と

 

あたたかさとは

無縁なのが

当たり前のように感じて

 

たいした人間でもないし

こうなるのも

仕方がないか

自分にも悪いところがある

体力もないからね と

 

あきらめる というのか

納得してしまう

2024年3月25日 (月)

何より大切なことは

ひととして生きていくのに

何より大切なことは

なんだろう

 

お互いを尊重しながら

認めあい 許しあい 助けあい

どんなことも

受け入れる心を持つこと

だろうか

 

大切なひとと

共に 生きることだろうか

 

もしも

偏見や差別ばかりの

あなたに

病気や障がいがあったら

どう思うのでしょう?

同じように

思うのでしょうか

 

排他的な考えは

とても 悲しいこと

 

偏見や差別意識は

ひとを

自分 家族を

幸せには しないよね

 

幸せ

と思っていても

表面だけで

いつか

剥がれ落ちるメッキみたい

 

本当に

幸せに生きる道を

ゆっくり 冷静に

話し合う必要が ある

 

お互いを 認めあいながら

心から 分かちあい

幸せに 生きていけるように

 

じっくりと

時間をかけて

話していくことが

大切なのかな

 

ひととして 大切なことを

みんなで考えて

答えを 見つけていけば

 

必ず みんなが

幸せになる道があるはず

 

ひとりじゃないよ

 

今日も お疲れ様

 

今まで

本当によく

頑張ってきたと思う

 

まずは

自分で自分を

ほめてあげよう

2024年3月24日 (日)

学歴と収入について思う 本当の豊かさとは

あたたかい人間関係が

本当の豊かさだと思う

 

何か問題があれば

みんなで協力 みんなで考える

それが 幸せなのだと思う

 

うろ覚えのハナシでは

あるけれど

 

裕福な家の息子が

貧乏な農家に

数日暮らしに行く

というハナシが ある

 

息子が 帰ってから

裕福な家の父親が

どれだけ貧乏か わかっただろうと

声をかけた

 

息子は

うちには プールがあるけれど

農家には川があった

 

うちには 庭があるけれど

農家は 地平線まで

土地が広がっていた

 

うちには

ランプがあるけれど

農家には星空があった

 

なにより

家族に問題があれば

みんなで考えるんだ

 

ありがとう お父さん

うちが どれだけ貧しいか

わかったよと

答えた

 

というようなハナシだったと

思う

 

貧しい心には

なりたくないもので

 

学歴や収入は

生活するために 必要ではあるので

きれいごと を

言うつもりは ないのだけれど

 

小さな幸せや 感謝の気持ちを

日々忘れないようにしたい

 

そして

学歴や収入ではなく

あたたかい人間関係が

本当の豊かさであること

 

何か問題があれば

みんなで協力 みんなで考える

それが

幸せであることも

忘れないようにしたい

 

そうなれたらいいな

 

わたし ぼくが

どう思うか も

大切にしていけたら いいな

2024年3月11日 (月)

恋愛マインドコントロール 結婚

恋愛マインドコントロールに

このような記事があった

 

相手だけが正しいと教えられる

相手だけが正しい と

何度も何度も

反復して教え込む方法がある

 

例えば男性側が女性に対して

あなたの実家は良くないことをしている

と教え込んだり

相手の実家の事を蔑むような

発言をすることで

相手だけが正しく

相手の家系が正しいと判断させるように

マインドコントロールする方法がある

 

特に結婚相手になると

このような傾向が出てくることが

多くみられる

 

マインドコントロールされていると

感じたり

自分の実家のことを

貶されるような状態に

なってしまったら

あなたと

相手の将来を

少し考え直した方が良い時期に

来ていると言える

 

また実家のことを

ないがしろにするような発言が

続くようであれば

今後

婚姻生活を円満に続けることも

難しいと言わざるを得ない

 

早めに相手のことを

清算した方が良い場合もある

 

実家を悪く言う

というのは

彼女もあさはかなひと

だと思うけれど

 

結婚生活を円満に

続けられない

ということにも 気づいていない

幼すぎる

 

さらに

社会的に見て

婿養子に行く男性は

低評価されがち

現実に裕福な家に生まれ育ち

学歴に仕事

と充実しているような男性は

こぞって婿養子にはならないので

結果として

馬鹿にされたり

低く見られることになる

 

という意見もあった

2024年3月 2日 (土)

正しい居場所

正しい場所にいけば

正しく評価される という

 

自分を

正しい場所におく

というのは

なかなか難しい

 

そうでない

場所にいるとき

自分が 無価値な人間に

思えてくるのだけれど

 

自分の価値を

見失わないように

気をつけたい

 

みんなに

好かれたいのだけれど

みんなに

好かれないもので

 

大切にしてくれるひとは

いる

 

そのひとと

一緒に 生きていければ

いいよね

 

そう簡単では

ないかもしれないけれど

 

探してみたら

一緒に生きてくれるひとも

見つかる

 

探してみたら

居場所も 見つかる

 

身近にいたり

身近に あるのに

気づいて いなくて

見落としも あるなら

もったいないから

 

落ち着いたら

頭のなかで

見落としていないかな

って

考えてみたら いいよね

2024年2月21日 (水)

学歴コンプレックス

高学歴なひとほど

学歴コンプレックスがある

ということを

長男のパーティーで知ったあと

すっかり 忘れていたのだけれど

 

彼女から

学歴コンプレックスのはなしがあり

失敗という言葉を

久しぶりに聞いた

 

おそらく

学歴コンプレックスに悩むひとは

親が 学歴主義なのではないかな

 

それに

彼女は 厳しい環境下で

お友達というより

ライバルが多くいたのだと思う

 

わたしは もともと

生きる欲みたいなものが

あまり ないので

 

高学歴のひとを

他人でも 身内でも

すごいな~っと思って

憧れや 自慢のような気持ちに

なっても

嫉妬することは なかった

 

わたしは 高学歴ではない

ただの ずぼらな女だけれど

学歴コンプレックスは ない

 

息子たちも同じ

息子たちは 特に

自慢をしない ひとを悪く思わない

 

学歴 失敗という言葉も

しばらく忘れていたほどに

聞いても 口にしても いなかった

 

おそらく

わたしの みてきた世界は

違う

学びの世界 だったのだと思う

 

彼女の見てきた

厳しい世の中や

普通のひとが持つような感情は

それはそれで

直視すべき現実 なので

みてきた つもりではあるけれど

 

それより

全てを受け入れられるよう

努力したり

 

学ぶべきことは 何か

改善できることは 何か

 

自分らしく 笑っているか

まわりのひとは 幸せか

 

ということを

常々考えてきたので

そこに

失敗という概念は なくなっていた

 

人一倍

苦労してきたひとは

学歴コンプレックスなど

どこかへ 行ってしまい

 

ひととして どうあるべきか

ということだけを

みつめている ように思う

 

女性は

子供を産み 育てるために

好条件の男性を選ぶという

本能がある

 

なので

愛情のない結婚をするひともいる

 

高学歴は

確かに 魅力的だけれど

 

高学歴や失敗という認識を

忘れるくらいに

大事なことを

みつめているひとの方が

 

幸せそうに みえるのは

なぜだろう

2024年2月11日 (日)

嫉妬を乗り越える

わたしは 若い頃

女性から

嫉妬されたり ねたまれたりが

ひどくて

 

どうしたらよいのか

わからなかった

 

肯定しても否定しても

トラブルになる

 

嫉妬を乗り越える

にあたり

 

嫉妬されないくらいの

さらに うえにいく

という考え方は なかった

 

悪口を言われても

回避できる力を

身につけなければ

 

世の中には

嫉妬したり

ねたんだりするひとたちが

わんさかと いるので

 

ひとり 距離をおいた

としてもまた

ドリームキラーや

傷つけてくるひとが

次々に でてくる

 

まわりの女性に

服装や話し方まで 真似され

しまいには

わたしが

服装を変えて 話し方を変える

しかなくなった

 

弱いから つよくならなくては

ではなく

 

わたしの

傷ついた気持ちを

当たり前だよねと

大事にできれば よかったな

 

嫉妬を 乗り越えるためには

 

嫉妬できないくらいの

ひととしての高見を目指すか

 

悪口を回避できる

能力を身に付けるか

 

マイナスの感情を

大事にするか

 

というようなところだと思う

 

若い頃

それを教えてくれるひとは

おらず

 

未熟で

自分で 気づくこともなく

 

嫉妬される

ということは よいことなのに

 

女性からの暴言に

ひたすらに 苦しんでいた

2024年1月29日 (月)

お母さんを喜ばせたい

子供は

お母さんを喜ばせるために

産まれてきたという

 

お母さんが

笑ったり 喜んだりしないで

なになにしなさいと

難しい顔をしていると

 

お母さんに

話しづらくなり

自信がなくなる

 

友達にも

話しづらくなり

自信がなくなる

 

お母さんのやるべきことは

難しいことではなく

笑ったり 喜んだりすること

 

お母さんが

笑ったり喜んだりしなくて

お父さんが

笑ったり喜んだりしていたら

 

子供は

お父さんが喜んでくれることを

するようになる

 

自分はどう思うの?

自分はどうしたいの?

という大事なことを

 

いつの間にか

忘れてしまう

 

マイナスの感情を

いけないことだと思うようになり

 

マイナスの感情は

悪いことではなく

大事にすればよいのに

 

マヒしたり

我慢するようになる

 

気づいたら

自己犠牲が当たり前になって

 

誰かを 守るため

誰かを 大切にしようとして

自分を傷つけたまま

暮らすようになる

 

ひとが嫌いになる

 

誰かの自慢のために

自分が存在しているわけではない

2024年1月14日 (日)

争う

世界から

戦争がなくなればよいと

思う

 

特攻隊の

映像を観ていると

 

みなさん

お母さん と言いながら

若い命を たっている

 

家族を守るために

命をかけた

命の重みは なかった時代

 

今後は

AIが病気を無くしたり

若返りもできるようになったり

 

価値観は

変わってくると思う

 

戦争も

生物兵器やサイバー攻撃

というような

 

以前の戦争とは

違ってくるのでしょう

 

じゃんけんから

なくせばよいのでは

などと

考えてしまう

 

なぜひとは

争うのだろう

はんぶんこ でよくない?

2024年1月12日 (金)

願いを叶えたいとき

願いを叶えたいとき

具体的に 願いを書いてみたら

叶うというので

書いてみたけれど

うまくいかない

 

具体的に

こうじゃないと 進めないと

考えていると

願いは 叶いにくい

 

例えば

デートをしたい という願いの場合

 

相手から連絡があったら

やせたら

お金に余裕ができたら

などなど

願いに 条件をつけていると

 

願いにロックが かかる

 

どんな方法でも

スタートでもよいから

デートしたい

という願いより

条件つきで 複雑なので

願いは 叶いにくくなる

 

どんな方法でも スタートでも

よいから

デートしたい にすれば

願いは 叶いやすくなる

 

こうじゃなくては いけないと

思いすぎは きっと よくないよね

 

それと

願いが 楽しい願いなのに

暗い毎日を 過ごしていたら

 

楽しいと暗いには

距離が ありすぎるから

願いが 近づきにくい

 

だから

小さな感謝や喜びを 見つけて

毎日を過ごせば

楽しい願いに

楽しい毎日が 近づいてきて

願いが 叶いやすくなる

 

自分で自分に

ロックをかけたり

暗い気持ちになったりしていたら

 

キラキラした願いから

遠ざかるばかり なので

 

毎日

眠っていても

ぽかんとしていても いいから

 

キラキラしていたい な

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

momo

  • momo