2019年9月20日 (金)

病院が近くにない旅行

文章がふたつ続けて長いので

苦手なひとは

スルーしてください

*****

この冬に

次男の卒業をかけた旅行3回のうち

2回目が

あるのだけれど

わたしも付き添いで

行くことになっている

行き先では

よくありそうな観光ではなくて

勉強と運動がメインで

単位をばりばり取得して

帰ってくるようになっている

先生は本当に人格者ばかりで

常に平常心で

強く優しい

そもそもゆるゆるな学校なのだけれど

単位だけは

お国のあれこれで

一番真面目にやってきた学校なのに

やたらに

風当たりが厳しいみたい

いい加減に

子供を卒業させている学校

さほど勉強もしないで

卒業している子供は

多く存在しているというのにね

旅行先では

拠点となる大きな施設があり

みなさんは

そこで寝泊まりなのだけれど

年々内容が

厳しくなっている

わたしたち親子は

近くのホテルに泊まる

そこから毎日

タクシーで移動

とにかく病院が近くにない

しかも外はマイナス30℃にまで

なるらしく

何メートルも雪が積もっていて

室内は半袖でも良いくらいに

あたたかいそうで

この気温差と雪が

未経験だから

親子で危険すぎるのではが

一番の悩み

次男のドクターが

診断書 

外出禁止の意見書を書いてくださるそうだけれど

最近の次男の体調の悪さでは

中止になるかもしれない

単位より命が大事

まずは飛行機に

乗れるのかというところから始まり

食事は残しても大丈夫なのか

運動は

外出禁止で単位をもらえるのか

病院が近くにない 特にこれ

ということを

どのようにしたらよいものかと

考えている

次男だけでなく

わたしも

病院が近くにないとなると

非常に困る

本当に何もないところ

なんだよね

いったいどうしたらよいものか

学校へは

食事は食べられなくても

大丈夫ですか?

心臓疾患があるお子さんは

体育はどうされているのですか?と

質問してみた

食事については

朝食はホテルだから

特に問題はない

昼食はだいたいお弁当か

家庭科で作った食事なので

こっそり持ち帰ればいいかな

夕食は

みんなで給食みたいな

スタイルなのだけれど

別室で食べたり

食べていなかったり

コンビニで買って食べたり

カロリー☆イトしか食べていない

お子さんもいるから

大丈夫かなと

思う

そうそう入浴なのだけれど

息子は男性だから

温泉となると

当たり前だけれど

旦那も長男もいないと

別々に入らなくてはいけなくて

倒れてもわからない

嫌がるから前回の夏は

部屋のお風呂に

したのだけれど

今回泊まる場所が違うみたいだから

部屋のお風呂がないかも

部屋のお風呂があっても

わたしだけ温泉に行くと

部屋の電気が消えてしまうから

帰ってきたらトントン

お母さんですよ

オオカミじゃないよを

やらなくてはいけなかったんだよね

その点

他の女の子のお母さんたちは

一緒に温泉に入っていて

問題なかった

ご両親で近くに泊まっているひとも

いたけれど

後半子供の人数が減っていて

わたしが知るかぎりでは

食事が耐えられなかったひとや

旅行が耐えられなくて

体調が悪くなったひと

途中でご両親と帰ったひと

他の旅行客に

ひどいことを言われたひと

なんかもいたみたい

見た目が普通で

どちらかというと賢いから

しっかりしているように見えて

実はいっぱいいっぱいで

一生懸命頑張っていることを

学校以外のひとは

理解しないんだよね

運動については

想像以上のハードな運動をしていて

心臓疾患があるひとも

単位がとれないと

これは違う問題になってくるので

学校が確認してくださるそう

お勉強は楽しくしてあるけれど

難しい問題も多くあるから

教えるわたしもげっそり

でも毎回考えさせられる授業で

感動する

前回は先輩ママさん達と

何もしていないのに顔がパンパン

蕁麻疹も出たと

お互い労い大笑いしたのだけれど

今回は先輩ママさん達が卒業したので

心細い

旅行は好きだけれどね

楽しいところに行きたいな

次男が旅行は無理になれば

キャンセルして

体調がよくなってから

高認に変更しようかとも考えている

となるとなかなか

わたしが教えただけでは

合格が難しいかな

体が弱くても

次男が希望するように

大学に行かせてあげたい

そのためには

何が必要かなといつも考える

長男は

弟ばかりが愛されていると

思うでしょうね

そんなことないのだけれどね

それにわたし

子供のことばかり最近書いているだけで

子供のことばかり

考えているわけではないの








割れた心

卒業式帰宅から

何か誰かに言われでもしたのか

様子がおかしい長男

この一年で

人相も変わってしまった

長男がいつものように

わたしを毛嫌いした様子で

部屋を歩いていたのだけれど

時折

バンと勢いよく

自分の部屋のドアを閉めて

怒りを表現するものだから

危ないなと

思っていた

長男が

夜中に帰宅して

食べるものを探していたので

わたしが

寝ぼけまなこで

夕食を用意しようとしたら

起こしてわるいなと思ったのか

怒った様子で

逃げるように走って行った

いつもなら

用意だけして

キッチンに置いておくのだけれど

部屋まで持って行き

あたたかい夕食を置いた

しばらくして

バンという音と

その後

がっしゃんと

ひどく大きな音がしたので

誰か倒れたのではないかと

見に行ったら

廊下で

食器やガラスコップが

無惨に砕けちり

ごはんやおかずが

べったりと散乱していた

廊下だけでなく

お手洗いや

閉めてあった長男の部屋まで

小さく粉々になった食器やガラスの

破片や

飲み物が流れ

飛び散っていて

衝撃の大きさがわかるほど

だった

おそらく長男は

夕食がいらないからと

廊下の高いところに

置いて

怒りに任せてドアを閉めた勢いで

夕食が落ちたのだろうと思う

危ないから近寄らないようにと

言って

床を雑巾でふきながら

破片をひとつひとつ

つまんで

片付けたのだけれど

きりがないほどに

広範囲に散乱していて

掃除機で仕上げをするまで

一時間くらい

かかった

大きな音から片付けまで

旦那はわざと

一度も顔も見せず

来ることも手伝うこともなかった

いつもの無視&放置

さて

長男を諭すとするかな

かわりに割れてくれた

お気に入りの食器たちのためにもと

気を取り直す

まずは

まだ破片が残っているかも

しれないから

気を付けるように

伝えた

腹が立ったり

気に入らなかったりしても

家族を傷つけるようなことを

してはいけない

家族がケガをして

後悔しても遅い

わたしに対して

腹立たしかったり

気に入らなかったりしたなら

わたしに

言葉で静かに伝えなさいと

伝えた

長男は何も言わなかった

まさに

次男が

いけないことはいけないと

びじっと叱らなければ

ママがケガをしてからでは

遅いよと

言ったとおりになった

これは時に正面から

言い訳しないで

悪かったことは謝り

手紙を書くなりして

良い関係になりたいと

話すべきなのか

あれ?

これ全部やっているよね?

その辺のマットにも

破片があったので

片付けをして

足の裏の破片を洗いたいので

お風呂に入ってから

わたしも長男と同じ頃

食器を割ったことを思い出していた

あの時母が

わたしが食事中に口うるさく

言ってくるので

もういいと言って

お茶碗を置いたら

真っ二つに割れたんだよね

わたしはあの時

どうしてもらいたかったかなと

考えてみたのだけれど

わからなくなった

そしてお風呂でひとり

情けなくなった

わたしはやはり

長男が怖くて

逃げているのかな

信頼していることが

伝わってないのかな

しばらくそっとしていたけれど

本当は

叱って欲しかったのかな

考えてみたけれど

本人に聞いてみないと

わからなくて

わたしを嫌がっているからと

距離をおきすぎたのかなとも

思った

どちらにしても

わたしに足りないものがあって

このような結果に

なっていると思う

息子が生きていてくれたら

それで十分なのだけれどね








2019年9月19日 (木)

季節と喘息

急に涼しくなりましたが

みなさまいかがお過ごしでしょうか

喘息のかたにとっては

負担の大きい季節になりましたね

台風の接近はもちろんのこと

気圧の変化

気温の変化で

あっという間に

ぜーぜーひゅーひゅーと

息苦しい発作がやってきます

この季節

物悲しいうえに

度々の発作で

急に楽になったと思えば

苦しくて涙が出たり

いつもならできそうなことが

できなくなったりと

さまざまな変化があります

無理をしたり

うっかりしたりで

悪化することもしばしば

眠れない夜は

季節と

一緒に呼吸しているような

わたしも自然の一部のような

奇妙な感覚になります

大きな発作を経験すると

呼吸ができなくなる恐怖で

怖くなるのですが

しばらくすると

怖さを忘れて

吸入をサボるようになりますよね 汗

まだこれくらい大丈夫と

息苦しさのまま眠っていて

ひどい状態で目が覚めても

吸入しているから

このままよくなるでしょうと

案外放置して

しまいがちですよね

なんだかだるいようなと

思って 

パルスオキシメーターを見ると

なんだこの数字は

なんだかだるいようなじゃななくて

息苦しい じゃないのと

気づいたりします

普段知らないうちに

低酸素に慣れてしまい

苦しさに気がつかなくなるのです

息子なんて

90きっても

おしゃべりしていましたから

本当は

早めに救急車を

呼びたいところ

ひどくなるのはだいたい夜中

夜中となると

これくらいなら大丈夫かなと

悩むところです

息子ならね

すぐに連れて行くのですが

迷っているうちに

発作どめに手が届かなくて

亡くなるひとが

多いみたいですので

枕の横あたりに

発作どめを置いておきましょう

わたしみたいに

寝相が悪くて

あれ?発作どめどこいった?に

ならないように

ベッドに小物入れを置いておき

夜中にひゅうひゅうひゃ!と座った時

どうしても苦しくて座りますよね

その時

すぐに発作どめが見つかるように

工夫が必要です

洗面台まで行っていたら

歩けなくて

間に合わないことがあるので

枕の横

いつものバッグ

洗面台の

3ヶ所にあれば安心です

あまり我慢しない

というのが

喘息とうまく付き合うコツ

なのかもしれませんけれど

悩むところです






2019年9月18日 (水)

自分に

卒業式に参加したら

オーケストラは

ミスタッチが一度くらいで

かなり優秀

ブラボーだったのだけれど

周りが英語だらけで

もこもこしてきた

わたしも英語がペラペラになりたい

というもこもこ 笑

留学生が多くいたということもあり

お母さん達がペラペラ

なんだよね

時々日本語もまじり

壇上で話しているひとより

お母さん達の方が

流暢な英語だった

すごいなー

息子が

お母さんバカでしょ

と言って

わたしが

生きるには

生きる力が必要なのと

答えたことがあったわ

なるほどこういう環境なら

両親が

語学力も経済力も

最優秀じゃないからと

息子が自信を失うきっかけに

なっても

仕方がないかと

思った

ごめん息子よ

わたしは芸術家タイプで

見た目だけ癒し系

だいたい

ひとは自分にないものを夢みて

自分がもしそうだったらと

思うもので

そのひとの反対立場のひともまた

自分にないものを夢みて

自分がもしそうだったらと思う

そして人生を振り返り

他のやり方はなかったのか

違う人生はなかったのか

なんて

みんな思うものなんだよね

わたしも

Googleにない英語ができたら

息子を助けられたのにって

思うもの

だけれども

自分の戦うべき相手は

弱い自分

自分自身なんだよ

誰かに勝つなど

いくらでも欲が出て来て

終わりはない

満足感もない

誰かをバカにするのも

意味がないことで

志を決めたら

努力 精進するだけ

弱い自分と戦いながら

自分に勝ち

狸のしっぽみたいにさ

大きく最後は心を大成する

息子の言う

バカでも貧乏でも

そんなことなど どうでもいいこと

なのだけれどねと

思いながら

わたしもペラペラになりたい

よし

今日から眠っていた英語教材スタートだ!と

思った

三日坊主な気が

十分にするけれども





服装は体調にあわせましょう

そんなわけで

スーツはあきらめて

冬よりなスーツを着ることにした

靴を探したらなくて

靴だけは

慌ててリサイクルショップで

購入したのだけれど

サイズが大きくて

100均でジェルタイプの詰め物を

つめてOKなはずが

試着した時に

かなり足がむくんでいたらしく

卒業式当日

スリッパみたいになってしまった

電車や階段がキツくて

足が痛くて

咳も止まらなくなり

スーツがとにかく暑くて

気分が悪くなり

汗が

びっくりするほどに出た

会場に到着してから

ふらふらとお手洗いに行って

鏡を見たら

顔が赤いまだら模様になっていて

見たこともない丸い汗がびっしり

ポタポタと落ちた

足がびりびりとしびれていて

髪が汗でぬれ

ひとり

滝にうたれたような姿になっている

なにこの姿は

大丈夫なの?自分?と

焦った

あげく急にお腹が痛くなり

おなかをこわして

さらに

プールにスーツのままダイブでもしたような

姿になっていった

笑顔 笑顔

おめでたい日だよ

体調が悪くなって倒れたら

せっかくのお式が

台無しになるからねと

思った

次男の卒業式は

ラフな服装で移動も楽だから

大丈夫かな

それにしても

そのおめでたい日の東京は暑かった


お金のことがうまくいかない

海外と同じ時期に

卒業になるとは思わず

どちらかというと冬よりの

卒業式スーツしか

持っていなかったわたし

息子に卒業祝いを渡したい

リサイクルショップで

スーツを買いたいと

旦那に話しても

いつもながら無視されるだけで

びた一文出す様子がない

今までは

そうなると

父が出してくれていたのだけれど

高齢で

頼るわけにはいかない

という変化に

旦那が対応できていないのか

無視していれば

誰かがやるとでも思っているのか

卒業前の

大事な時に

旦那にキレられると

やっかいなことになる

どうしよう

とにかく

お金が必要であることを

伝えなければ

一万円貸して!

これで

いいよと笑顔で出してもらった経験がある

なぜ貸してで

出してくれて

必要なもので

出してくれないのか

意外すぎてわからない

左手を出して

右手をお金マークにして

オチャメな笑顔で

マネープリーズは

どうかな

成功率が低かった

わたしが普通に

お祝いしたいからいくら出して

とか

スーツが買いたいからいくらちょうだい

などと

言えていないのかな

いや

言っている

断られるのが怖くなっている

一回断られたら

出さないからねと

考えていると

卒業祝いは

ママが用意して払えばいいよと

言われた

もしもし?

わたし

収入が

ほぼないに近いのですけれど

生活費も医療費も足りないのに 涙

旦那がびた一文出さないとは

そうだろうとは思ったけれども 涙

まいどのことながら

つらくなる

結婚してからずっと

いつもお金のことがうまくいかない

一年ぶりに笑った

長男が

成績で代表に選ばれて

自信になったということも

あったと思うのだけれど

一年ぶりに

卒業式で

長男の嬉しそうな顔が

見られて

おめでとうと言いながら

わたしは嬉しくて

嬉しくて嬉しくて

長男の一年ぶりの笑顔に

舞い上がってしまい

ほぼ一年ぶりに

お酒を飲み  乾杯

すべてのひとに感謝

結果だけではなく

劣悪な家庭環境のなか

長男はよく頑張ったと思う

毎日毎日良い環境を

与えてあげたいと

悩むばかりでうまくいかずに

ごめんね

卒業おめでとう

しばらくのんびりして

得意な分野で

やりたいことを見つけて欲しい

応援しています

苦しみは

乗り越えれば喜びになる

乗り越えなければ

苦しみのままだわと

改めて実感した日だった

遠回りしたことで

見えた景色に感謝



2019年9月17日 (火)

卒業とみなさんのご苦労

卒業は

こんなに喜ばしいことなのだと

知った

卒業が難しい

というハイレベルな立場に

なったことがなかったものだから

うちだけではなく

全体がかなり盛り上がっていて

みなさん

紆余曲折があり

この喜びの日を

迎えているのだわ

みなさん

それぞれ

ここまでくるには

ご苦労があって

簡単にこられたわけではないと

知った

みなさん

おめでとう

そして

社会で活躍してくださいね

ご家族のかた

お疲れ様でした


ご心配をおかけしましたが

死にたいくらいに辛いと

思いつめていた長男の

部屋のものが

すっかりなくなって

まさか死を考えているのでは?と

心配した

という記事を書きましたが

片付けをしていたら

すべて

リサイクルショップに

売りに行ったと

わかりました

合格が取り消しになり

なんとかティーチャーも

やめることになった

ということもあるのか

バイト代が減ったので

微々たるお金に変えたようです

わたしが高く売るのにと

心のなかで

思いましたが

ひとりでやりたかったのだろうと

思いそっとしています

この一年

長男が

死にたい死にたいと言って

様子がおかしかったので

本当に心配しました

わたしにできることは

すべてやったと思います

以前

長男がわたしに腹をたてて

出ていけ 帰ってくるな 死ねと

叫んだこともありました

その時

目の前で知らん顔をする旦那を見て

上等だと

ぷち家出を

わたしは考えたのですが

病気療養中の次男を

見捨てることになるので

買い物に行ってくるねと

家を出て

気持ちを整理してから

帰ったこともありました

ここに書いていないことも

多くありましたが

思わず書いてしまった記事については

読書のかたに

ご心配をおかけしたと思います

ひとまず

部屋の件は

解決しました

ご心配をおかけして

すみませんでした

そして

ありがとうございました






知らずに

大事なことを聞きたくても

長男が返事をしてくれないので

わたしが操作しながら

嫌々の旦那に質問させてみたら

長男が驚いたのかあっさりと返事をした

その後旦那は

自信を持ったようで

わたしが長男に先に話してみて

無視されたことを

わたしに操作されながら

部屋に行って聞いてくるようになった

わたしから旦那には

聞いてくるだけで

その後のややこしいことは

すべてわたしが責任を持って

やるから

長男の返事に対しては

はいだけで

良いも悪いも言わないでくれ

長男は苦しんでいるのだからねと

きつく話しておいたので

はい

だけにして

聞いてくる

それでなぜか

旦那と長男が

良い感じになって

切腹覚悟で

すべての責任をおい

時に悪役にもなり

愛をもって頑張ってきたわたしが

疎外

旦那がいいとこどりと

なった

どちらにも

返事をしないよりは

まぁ

良かったけれど

このままでは

離婚したら長男が旦那の方に

行ってしまう可能性が大きい

わたしがいない状態では

旦那が何もできないことを

次男は知っていて

長男は知らず

次男は99%

わたしについてくるでしょうけれど

(旦那にとられなければね)

急にわたしを

毛嫌いするようになった長男は

旦那に

ひどい虐待をされたことも忘れて

旦那のところへ行ってしまうだろうと

想像できて

怖くなった

せめて長男と

普通に話せるように

なりたいな 涙





より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

無料ブログはココログ

momo

  • momo