2020年7月14日 (火)

苦痛を感じながら電話してみると

病院には

わたしが電話する

ことになって

旦那から

まるでいじめのような態度を

されたことと

病院の評判が悪い

あくまでクチコミ

ということがあり

電話で説明するのが

苦痛で

心臓がドキドキバクバクしていた

でも

息子の命に関係することなので

よしと電話してみる

ん?

なんだか思っていたかんじと

違う

また

あしながおじさんが

お手伝いしてくださったかしら

スーパーのアルコールも

使い方や中身が変わっていたからねと

一瞬思いながら

息子の

IgE値やアレルゲン

病歴をお話ししたら

小児喘息やアレルギーなら

造影剤は中止ですと

すぐにご返事があった

やはり禁忌なのね

危ないところだった 汗

それに

病院側としては

病気でもうろうとした息子

付き添いとはいえ

何もしていない旦那

ということは

前2回の診察で

理解してくださっていたようで?

看護師さんに

3回目のことを

お母様がいらっしゃって

入り口あたりで

待たれているのは

知っていました

診察室に

お母様に入ってもらおうかと

思ったのですが

大きな息子さんなので

ひとりで大丈夫だろうと

判断してしまい

申し訳ありませんでしたと

謝罪されたので

わたしも

一緒に行っていたのに

きちんと病歴をご説明しないで

申し訳なかったです

すみませんと

お答えした

まさか

多くの患者さんが

いらっしゃるなか

看護師さんが

わたしを覚えてくださっているとは

思わなくて

息子が大きいのに

両親がそろって

来ているには

何か事情があるのだろう

くらいには

目立っていたかなと

思った

病気で

もうろうとした息子

付き添いで何もしない旦那

そして

入り口あたりで待つわたし

喘息のことを聞かれて

受け付けに言おうとしたわたしを

阻止した旦那

わたしは気にしていないけれど

さぞ

奇妙な光景だったでしょうねと思う

旦那に

息子に喘息はありません

アレルギーもありませんと

言われたまま

だったら

息子は最悪

アレルギーで亡くなっていた

かもしれない

真面目に怖くて

ぞっとした

ちなみに

わたしの知識で

確か…と思い 

シュウ酸のことは?

減塩については?

食事で気を付けることを

何か言われたかな?と

旦那に聞いたのだけれど

食べ物で気を付けなくてはいけないことは

何もない!と

毎回言っている

旦那が入ると

とても苦しくなるので

長男とふたりでやっていけるよう

今後は努力しようと思う

旦那は

何年お願いしても

長男の就活の相談にも

いっさいのらないつもりのよう

体調が悪いのに就活は

大変だと思う

長男は頑張っているみたいだけれど

今年は就職を見送ってもいいと

わたしは思う

長男はまだわたしと

しゃべらないけれど

お薬で

体調は少し落ち着いたようなので

次回の診察と就活は

以前と同じ

コロナ前のように

なんとかふたりで乗り越えていきたい
















報告なしで強行しようとした怖さ

次回予約で

長男が

造影検査をすることになった

のだけれど

初めて病院に行く日

初診で必要になるからと

わたしが旦那に渡した

アレルギー表と

アレルギーや病歴について書いたものを

なぜか

付き添いの旦那は

使用していなくて

旦那は

問診票も

アレルギーの質問も

受け付けでのアレルギー表のコピーも

なかった

薬局でも同じで

アレルギーを聞かれていないと

話していた

病院が

コロナ予防をしていないと

話していたくらいだから

(実際はしっかりしていた)

また

旦那の勘違いか嘘?と

思っていたのだけれど

今日の診察で

長男は

ドクターに造影検査のはなしをされた時

喘息と小児喘息の確認をされ

よくわからなかった

アレルギーのはなしはされなかった

とのことだったので

いまどき

患者さんが亡くなると

病院も困るから

アレルギーのことは

必ず質問すると思うのに

そんなことってある?

前回

アレルギーはありませんと

旦那が伝えた

としか考えられないと思った

長男は

次男と違い

吸入薬を持ち歩くほどではないけれど

小児喘息というのか

ぜーぜーするお子さんと

病院で言われていた

それに

ひどいアレルギー体質

これは

話さなければと

受け付けで伝えようとしていたら

わたしの説明を聞いた旦那が

なぜか

小児喘息はないということだねと

話している

訂正してわたしが

受け付けに行こうとしたら

旦那が

受け付けでは聞いてくれない

絶対に聞いてくれない

後で電話する!

後で電話する!と繰り返し言って

阻止してきた

帰宅してから旦那に

これから電話するの?と聞いたら

は?

したいひとが電話すれば!

俺はしないよもちろん!と

キレられた

これはいじめではないか…

さらに

前回

付き添いをした時の記憶はいっさいない

問診票なんて知らない

薬局で何を話されたか

もちろん一度も聞いていない

後でわたしの文句もいらないからと

堂々キレている

そんな旦那に

腹を立てたり

軽蔑したりするだけ損だわと思いながら

このまま造影剤を使用して

長男が危険なことにならないかしらと

わたしは心配になった

長男の

喘息やアレルギーのことを

ドクターにお知らせしないで

旦那が検査を強行しようとしているだなんて

危険なことではないか

禁忌は喘息みたいだし?

喘息やアレルギーのことを

一度も話していないなら

ドクターに話して

相談した方がいいと

わたしは思ったのだけれど

長男の体を心配している

ということが旦那には全く伝わらず

息子を大事にも考えられず

わたしが何か気に入らないから

文句を言っている

ばかり思っている様子

ここで

どれほど危険かを説いてみても

散々な結果になるので

わたしから

じゃ 

このまま何もしないで受けさせるで

いいのねと

言ったら

旦那は

ぶつぶつぶつぶつ言っていた

アレルギーや喘息がどれだけ怖いか

わたしで経験済みなのに

少しも

わかっていない



















病院で

病院に行く時

わたしがひとりで

長男を連れていこうとしたら

長男が

まともに歩けない状態だとわかる

病院には駐車場がないので

運転手が必要になり

前回と同じようにしたいのか

旦那が病院に行く

準備をしている

結局3人で

病院に到着してから

前回のことがあるので

わたしが付き添いをしようとしたら

なぜか

前回同様

旦那が付き添いをすると言う

変えられないのかな

それとも旦那には

話しかける→責められた!

お願い→命令だ!

心配→バカにされた!

と思うところがあるので

お願いしなかったから

命令されていないと感じて

俺がやるになったのかな

よくわからないけれど

わたしは唖然としてしまった

旦那は

わたしや次男の急な体調不良で

病院に付き添った時に

いなくなったり

舌打ちしたり

お金を払わなかったりした過去があるので

わたしは

長男が心配になって

検温や消毒をしたあと

付き添いがふたりもいると

病院内が密になるので

入り口あたりで

待っていた

旦那は

長男にすべてやらせていて

付き添いの役目は

何もしていなかった

そうかなとは思っていたけれど

実際目にして

悲しくなる

旦那の

前回の病院の報告 伝達の

間違い 嘘?も

見つかった

やはり大事な時に

旦那の勘違いか嘘?

のようなものが存在している

今まで息子たちの病院のことは

たまに旦那が

ついてくることはあっても

すべてわたしがやってきたから

大事に至らなかったのだけれど

旦那の勘違いか嘘?のせいで

次男ははやく産まれたわけだから

注意していなければ

大変なことになる

病院では

いつから体調が悪くなりましたか?と

聞かれる

長男が間違えることはないのだけれど

旦那はなぜか今日からと言っている

一週間前くらいからだよと

わたしが言ったものの

いや今日からだと旦那は言いはった

病気の症状が

どのようなもので

いつからなのか

熱は何度で何日くらい続いているか

などのはなしは

ドクターが診断するのに必要なはなし

だと思うのだけれど

前回も

旦那の話が二転三転していて

わたしが間違えて長男の病状を

病院に報告してしまう

ということがあった

本当に怖い

診察が終わり

長男は内臓が腫れていて

さらに検査が必要とわかった




自分自身が許せなかった

長男の体調不良について

前回長々と

記事にして

これからどうしていけばよいか

気持ちの整理をしましたが

今回も

始まりから現在までを

書きます

*****

長男の体調がまた

悪くなり

体調が悪いのでは?と

声をかけたけれど

返事がなかった

自分でおかゆを作っていたので

食事を

おかゆやおうどんに

してみたものの

食べていない

水分も足りていないかな

長男は

わたしに甘えているのか

返事をしないで

弟への嫉妬を隠している状態 おそらく

なのだけれど

旦那に

虐待されてきたせいで

旦那には返事をする

前回のように

旦那にまた

長男の体調を聞いて欲しいと

お願いしようかと

ちらり考えたのだけれど

少し前

長男の体調のはなしをしただけで

旦那が

挙動不審になっていたのと

前回の

長男を放置しろ

旦那キレキレ事件を思い出すだけで

苦しさが倍増するのとで

やめた

結局

前回のキレキレ事件から

何も解決していないじゃない

という気がして

不安になったけれど

喜びならまだしも

同じ苦しみのなかで

同じことをして

わたしが変わらないでいる

という

自分自身が

とてもじゃないけれど

許せなかったので

父親なら息子に愛情があって

という

普通の感覚はすっかり切り捨てて

旦那は信用しない

旦那にお願いしない

子供たちを不安にさせないと

決心した

すると今日

長男の体調がかなり悪くなり

病院に行くことになった

***続きます***








2020年7月11日 (土)

助けて欲しいということ

神様

助けてくださいと

お願いすれば

神様は助けてくださると

話すかたがいたのだけれど

神様が

直接助けてくださるわけではなく

ひとを使って

助けてくださるそうで

ならば

わたしたちは

ひとりで頑張るばかりではなく

ひとに助けてもらう

弱音をはいて

時に甘えて

助けてくださいと素直になる

ということが必要に

なってくるよね

旦那以外は

助けてくださいと叫べば

全員が全員

助けてくださるわけではない

かもしれないけれど

必ず

ひとりくらいは

助けてくださるというもの

もっとひとりで

努力しなくては

もっとひとりで

頑張らなくてはと

自分を責めて

助けてくださいを

言えないでいると

神様が助けてくださろうとしても

あれま

ということになるよね

さしのべられた手や

優しさ

幸運を

受けとる資格がないのではないかと

見て見ぬふりをしないで

頑張ってきた自分に

ふさわしいギフトだと

受けとることも必要なのかもしれない

わたしは

甘え上手

SOSもすぐに出す

依存しているくらいだわと

思うかたも

いらっしゃるかと思うのだけれど

助けてくださいが

上手にできなくて

プライドもあり

素直になれず

心が悲鳴をあげているかたも

いらっしゃるかと思う

ともあれ

結局わたしは

助けてくださいが

下手なのね







アイスコーヒーだけアレルギー?

前記事のように悩んでいるなか

ちょっと違うはなしに

なってしまうのですけれど

わたしのこと

*****

蒸し暑い日が続くと

アイスコーヒーが飲みたくなりますよね

いつもはホットのわたしも

たまに

アイスコーヒーを飲みます

それで

アイスコーヒーを飲んだ後

貧血のような

低血糖のような

低血圧のような

なんと表現したらよいのか

わらないのですけれど

めまいのような

冷や汗のような

気が遠くなるような

吐き気のような

酸素が足りないような

状態になったことが何回かあって

普段ホットを飲んだ時は

そんなことはないので

一緒に食べた

他の食べ物のアレルギーかな

それとも熱中症かな

急に食べたから?と

今までは思っていたのですが

ひどい時は

その後喘息発作で

救急車で運ばれたこともあり

病院で

何か変わったことをしたり

食べたりしましたか?と

聞かれても

特にないですと

答えていました

よくよく考えてみると

アイスコーヒーが原因のような

気がして

というのも

先日カフェで

アイスコーヒーの

焙煎いれたてのものを

いただいた時は

おいしい💓幸せ

くらいしか思わなかったのですが

その後

違うカフェで

お食事をしていた時

コロナ対策で

外のテーブルにしたので

暑くて

アイスコーヒーを

いただいたのですが

椅子に座り

おしゃべりしながら

気が遠くなり

気分が悪くて

血の気がひいた

ということがあったからです

思えば

救急車で運ばれた時は

フードコートのアイスコーヒーを

飲んだ後で

フードコートなので

パックのアイスコーヒーと

氷を入れているのが

見えました

それからは

なんとなく気持ち悪いので

フードコートでは

アイスではなく

他のお店のホットをいただいていました

だからなのか

フードコートで気が遠くなることは

なくなりましたが

よくよく考えてみると

パックのアイスコーヒーには

いれたてとは違い

添加物や保存料が

入っていますよね

だからわたしは

アイスコーヒーだけに

入っている

添加物や保存料のなかの何かの

アレルギーなのではないかと

思うのですが…

そんなこと

あるのでしょうかね

ドクターにおききした時は

熱中症ぽかったのかな

それって喘息発作ではないかな

などと言われたのですが

自分で

何がいけなかったのか

発作なのか

よくわからないままでいました

何かの記事で

安いアイスコーヒーだけに入っている

何かのアレルギー

というのを読んだ気がしたので

探してみましたが

見つかりませんでした

普段

コーヒーを飲んで

喉がイガイガしたり

湿疹が出たりはないので

アイスコーヒーだけに入っているものが

関係しているように

思えます

コーヒーで喘息が楽になるので

よく飲むのですが

病気の息子たちの看病のためには

わたしの体調も

気を付けなくては

ついつい

自分のことは

後回しにしてしまいますが

注意しなくてはと

思いました

アイスコーヒーだけアレルギー?

夏草アレルギー?

いったい何なのでしょう?

















2020年7月10日 (金)

どれくらい危険なのでしょうか?

少し喘息と

かなりのアレルギー持ちで

ドクターにそれらを報告せず

個人病院で

造影剤を使用するのは

どれくらい危険でしょうか

喘息は

禁忌と聞いたのですが…

実は

息子の体調が悪化して

内臓が腫れてしまい

近々

造影剤検査を

受けることになりました

なのに

また旦那とトラブルになり

喘息やアレルギーのことを

ドクターに一度も?伝えず

息子が

造影剤使用のサインをしてしまった

ようで

造影剤のご経験がある

喘息やアレルギーがある

というかたが

いらっしゃいましたら

お忙しいところ恐縮ですが

造影剤はどんなかんじなのか

喘息やアレルギーがあると

どれほど危険なのか

わかることがあれば

教えていただけると幸いです

わたしが今後

行動していくさいに

参考にさせていただけたらと

思っています

どうぞ

よろしくお願いいたします







2020年7月 8日 (水)

無傷がよいわけではない

世の中は

昼夜逆転が話題になっているけれど

生きていれば

昼夜逆転してもいい

いざとなれば起きる

というのも

受け入れるに

入る

もうすぐ朝がくる

体や心のために

早寝早起きしなくては

などと罪悪感たっぷりに眠れないでいると

自分はだめな人間だと

落ち込まなくては

いけなくなるでしょう

そんなことをしていると

ますます休めない

休めないから心も元気にならない

まわりのひとが

すべてを受け入れる

というのは

本当にすべてで

悪いことや

犯罪は受け入れてはいけないけれど

すべて

そして

まわりのひとには

ずっとこのままでもいいかな

いろいろな方法があるしね

時がくれば

なんとかなるでしょう

という

どんとしたのんきさも必要で

苦労したかたなら

遠回りしたからこそ見えた景色が

あった

急いでもいいことはなかったよ

坂道を一気に登ると

転んでしまう

行きつ戻りつ

小さな階段を一段一段登ると

坂道を転んだひとより

着実に進んでいる

心から休むことが

遠回りに見えて

目標までの最短ルートだった

というご経験が

あると思うの

無傷で生きているひとなんて

いない

しかも

無傷がよいわけではない


ならどうすればよいか 2

ところで

トラウマってね

みんな冷凍庫で凍らせている

いつも話し合いが

できているふたりなら

トラウマとも知らずに

話し合い

忘れていることもあるのだけれど

話し合いが

できないふたりなら

相手が

トラウマを一部解凍して

話してみることが

ある

話された方は

責められた気持ちになったり

何かしてあげたくなったり

立場により

いろいろだと

思うのだけれど

それはつらかったねと

答えるだけでいい

そうすると

相手はまた

トラウマを冷凍するのだけれど

時々解凍することが

できるようになる

では

落ち込みはどうするかというと

眠っていたければ

眠っているまま

気晴らしがしたければ

気晴らしに付き合う

話したければ話して

話したくなければ静かにしておく

という単純なもの

休みたいひとは

自分のせいで

まわりの誰かが

悩み苦しんでいる姿など

見たくないはず

さらに

嫌だ

面倒くさい

やる気ない

疲れた

など

話しやすい環境にするためには

まわりが

何もしないで

口を開けてポカンと 笑

日頃からリラックスして

好きなことを話している様子を

見せることも

いい加減で失敗して

気にせず笑っている様子を

見せることも必要かも

完璧な人間など

いない

受け入れないから悩むだけで

受け入れれば

きっとうまくいく

***続きます***

ならどうすればよいか 1

では

続きに戻ります

休んでいる本人が

しばらくして

やりたいことをポツリ ポツリ

話す

つまり自分のなかから

放つようになったら

まわりのひとは

ふーんそうなんだ

などと言いながら

実はしっかり気にとめておいて

チャンスがあれば

必要なものを購入したり

希望どおり外出したりを始める

外出は

絶対

ではなくて

また今度にしてもいい

中止してもいいよ

というざっくりとしたもので

直前に

やっぱり無理もOKで

つらかったらやめればいい

わたしは平気  笑

というまわりのひとのスタンスが必要

出発時間も

例えば

10時から12時の間というような

2時間くらい

だいたいな方がいい

休みたいひとが楽しいと思う

希望の場所に

外出するのが基本で

楽しいことを共有しているうちに

まわりのひととの信頼関係が

芽生えてくる

時間はかかるけれど

このひとは

自分を苦しめるひとではなかったと

休みたいひとが

気づいてくれたらOK

信頼してもらえるなんて

素敵

ホント嬉しいよね

休みたいひとの問題は

まわりのひとの

努力なくしては

解決できない

ひとまかせにしても

残念ながら何も変わらないの

***まだ続きます***


より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

無料ブログはココログ

momo

  • momo